施⼯管理アプリ「KANNA」をパナソニックの取引先である電気⼯事店に試験導⼊し、業務時間の削減効果を確認

パナソニック エレクトリックワークス社による「Panasonic Accelerator by Electric Works Company」の成果発表会参加にて報告いたしました。

株式会社アルダグラム(本社:東京都港区、代表取締役:長濱 光)は、株式会社ゼロワンブースター(本社:東京都千代⽥区、 代表取締役:鈴⽊規⽂、 以下「01Booster」)とパナソニック株式会社 エレクトリックワークス社(以下「パナソニック エレクトリックワークス社」)が共同で開催しているコーポレートアクセラレータープログラム*1 「Panasonic Accelerator by Electric Works Company」の参加チームとして、2022 年3⽉16⽇に成果発表会(Demo Day)を行いました。

*1 コーポレートアクセラレーターはゼロワンブースターの登録商標です。

【発表概要】
施⼯管理アプリ「KANNA」をパナソニックの取引先である電気⼯事店3社に試験導⼊し、業務時間・移動時間の削減効果を確認

本プログラムは「百年後につながる、安⼼で快適な未来の⽇常を共に創る」をテーマとして、ベンチャー企業と共創するプロセスを通じて、イノベーションを創出し、社会課題を解決するとともに、パナソニックの新規事業を加速させる取り組みです。

その取り組みに当社事業が採択され、2021年12⽉から約3か⽉間にわたってパナソニック エレクトリックワークス社がメンターとして伴⾛しながら、施工管理アプリ「KANNA」をPanasonic電気工事の顧客3社に試験導入させていただき、電気工事業界向けの施工管理アプリを構築いたしました。その結果として、見積スピードの向上、現場往復の移動時間の削減、現場情報の探索時間の削減など、業務時間・移動時間の削減効果を確認いたしました。

成果発表会当日は、「よりよい暮らし」実現のための電気工事業者様の永続的発展に向けたDXソリューション構築に向けて』といったテーマで成果についての発表を行いました。 

当社としましては、この取り組みの結果を活用し、KANNAを通じて引き続き持続可能性のある建設業界を創っていきたいと考えております

【KANNAとは?】
建設業で働くすべての人の生産性向上を目指す「施工管理アプリ」です。
ゼネコン・工務店・リフォーム会社・専門工事会社など建設業に関わる企業さまの業務効率化を目的とした、シンプルで操作しやすいアプリです。
サービスページ:https://lp.kanna4u.com/

【株式会社アルダグラムについて】
当社は、「Unlock Your Value」をミッションに2019年5月に設立したスタートアップです。建設業で働くすべての人の生産性向上を目指す施工管理アプリ「KANNA」を提供しています。
今後も建設・建築業界に関わる方たちが働きやすい環境を整備するサポートができるサービス提供に尽力してまいります。

【会社概要】
社名:株式会社アルダグラム
代表者:代表取締役 長濱 光
所在地:東京都中央区日本橋本町2-7-1 野村不動産日本橋本町ビル 3F
設立:2019年5月8日
事業内容:業務効率システムの開発運営、コンサルティング等
URL:https://aldagram.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルダグラム >
  3. 施⼯管理アプリ「KANNA」をパナソニックの取引先である電気⼯事店に試験導⼊し、業務時間の削減効果を確認