飲食店向けデータ分析のオールインワンサービスを提供へ

~データ前処理✕データ分析✕AIでPOSデータの波形からAI需要予測〜

NTTデータグループである株式会社リアライズ(本社:東京都江東区 代表取締役社長:大西浩史 以下、リアライズ)は、飲食店POSデータを分析し需要予測等を提供するクラウドサービスを2022年夏に提供を開始します。飲食店向け日次損益管理サービス「れすだく」を手掛ける株式会社イー・カムトゥルー(本社:札幌市中央区 代表取締役社長:上田正巳 以下、イーカム)と業務提携し、ビッグデータを活用した飲食店支援ビジネスに参入します。
リアライズが持つAIを駆使した高度のデータ分析力と、3,500店舗以上の店舗管理システム(日次決算等)を運用するイーカムがタッグを組んで、ポストコロナ時代の“飲食経営羅針盤サービス”を目指します。イーカムが持つ膨大な飲食店POSデータをもとに、リアライズがデータ分析を行い「来店者数」「売上」「メニュー出数」などPOSデータの過去実績の推移(波形)を教師データとしAIによる需要予測をはじき出していきます。
 

図1:需要予測サービスイメージ

■背景とサービス内容
従来、飲食店のPOSデータにおいては、メニューマスターの記載が店舗ごとに異なるなど、ビッグデータの活用が叫ばれる中においても、その実現へのハードルは極めて高いものでした。しかし、今回の取り組みでは、リアライズのデータ前処理(データプレパレーション)力、データ品質管理力、データ分析(アナリティクス)力を生かしてPOSデータの各インデックスを効率的に分類し、飲食店の実情に照らし合わせ、経営判断に資するデータ可視化を実現します。今後は地域や業種業態ごとにデータの構造化を推し進め、需要予測を基にしたアクションプラン提案にまでサービス展開を予定しています。

■サービス提供方法と今後の展開
本サービスは、イーカムの店舗管理システム「れすだく」のオプション機能として提供。将来的にはセルフBIツールや、データサイエンティスト向けAIツールの提供も見据えています。現在、プロトタイプの開発が終了しており、2022年夏にβ版サービスの開始を予定しています。

■会社概要
株式会社リアライズは、NTTデータグループのデータマネジメント事業専門会社として、創業者がユーザー部門で体験した問題意識から1997年に事業を開始し、一貫してデータマネジメントを通じた企業・組織の情報活用力の強化を支援しています。1100件以上の「データに関わる課題」を解決するプロジェクトに携わり、様々な業種・業態のお客様のデータをあるべき姿に近づけるための取り組みをご支援しています。データアセスメント・コンサルティングから、データの統合・構築(再生化)、データの運用・管理(高品質なデータの継続的な維持・管理)という3本柱のサービスにより、データライフサイクル全体を通じて解決・サポートしています。
https://www.realize-corp.jp/

株式会社イー・カムトゥルーは、サービス業向けの業務管理システムをクラウドサービスで提供している。飲食店の日次損益を可視化させる「れすだく」、出退勤管理システムの「Win-Boaed AM」などを展開。現在国内で3500の店舗や事業所で利用されている。多くのソリューションに関し、APIを実装するなどで、外部の様々なサービスと連携することにも注力しており、業務システムのプラットフォーム化を目指している。
https://www.e-cometrue.com/
https://resduc.net/

■お問い合わせ先
株式会社リアライズ
マーケティング・営業本部
担当:野村
TEL: 03-6734-9888
E-mail: press@realize-corp.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NTTデータ バリュー・エンジニア >
  3. 飲食店向けデータ分析のオールインワンサービスを提供へ