ペッタンコにするという新発想!1分で組み立てられるおひとりさま用ミニコンロ「ペッタンコンロ」がクラウドファンディングを開始。

ソロキャンプ初心者の方にぴったりな、工具なしで簡単に組み立てできるおひとりさま用ミニコンロ。使わないときはペッタンコにできるため持ち運びがしやすく、収納にも場所をとらない画期的なコンロです。

町工場と一緒に「おもしろい!」をつくる株式会社MACHICOCO(所在地:大阪府東大阪市、代表取締役:戸屋加代)は2月5日より、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、ペッタンコな状態から1分で組み立てできるおひとりさま用ミニコンロ「ペッタンコンロ」のクラウドファンディングを開始いたしました。

新型コロナウイルスの感染対策によるソーシャルディスタンスの影響もあり、人と接触をせずひとりでキャンプをする「ソロキャンプ」を楽しまれている方が増えています。

「ペッタンコンロ」はわたしたちが業務提携している株式会社豊里金属工業(※)が開発した、誰でもかんたんに組み立て・分解ができ、持ち運びや収納がしやすい、ソロキャンプ初心者におすすめのおひとりさま用ミニコンロ。

2020年の焼き鳥用コンロ(以下写真)発売時にいただいた「もっとコンパクトなものがほしい!」「分解できるものがほしい!」といった声に応えるべく企画したもので、弊社もアドバイザーとして開発に携わり、度重なる試作のうえ完成したものとなります。

厚さ1.2ミリの14枚のステンレス板を、工具なしで模型のように組み立てることができます(所要時間1分程度)。

組み立てた「ペッタンコンロ」がこちら。薪ストーブに薪をくべるようなイメージで、背面から炭をくべます。

危険防止のために、しっかりと蓋を下ろします。

底面は二重構造になっており、底面上側の板は側面の板と同様に、空気を取り込み循環させ火のまわりを良くするために穴があいています。底面下側の板は灰受けになっています。

天面には7枚のロースト板が並び、ここに魚の切り身や焼き鳥、肉などを載せて炭火で焼くことができます。

別売の鉄板を天面にはめ込めば、ロースト板の隙間からは落ちてしまうような小さな食材を焼くことも。

寒いときにはミニストーブとして暖をとることもできます。

使い終わったらワンタッチでペタンと分解。洗いやすく、収納時に場所をとらず、持ち運びしやすいのが魅力です。

所要時間は組み立て1分、分解30秒程度。誰でも簡単に組み立て・分解できるおひとりさま用ミニコンロ「ペッタンコンロ」。

わたしたちはこれからも、高い技術力をもつさまざまな大阪の町工場と一緒に、それぞれの強みを活かしながら「これおもしろい!」と言っていただける物づくりを行ってまいります。

※株式会社豊里金属工業はアイデアをカタチにする試作板金のプロフェッショナル。大阪府優秀技能者表彰「なにわの名工」を受賞した職人も在籍。さまざまな産業分野で高い評価を得ています。
 

 


<参考URL>
ペッタンコンロ(クラウドファンディングページ)
https://camp-fire.jp/projects/view/165688
株式会社MACHICOCO
https://www.machicoco.co.jp/
株式会社豊里金属工業
http://www.toyosatokinzoku.com/

<ペッタンコンロをリリースした想い>
https://ameblo.jp/toyachin/entry-12655532307.html

<ペッタンコンロ 商品仕様>
完成サイズ:110×96×116ミリ
材質:ステンレス
重さ:540g
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MACHICOCO >
  3. ペッタンコにするという新発想!1分で組み立てられるおひとりさま用ミニコンロ「ペッタンコンロ」がクラウドファンディングを開始。