Artec 3DはArtec CloudをフィーチャーしたArtec Studio 16を発表し、ユーザーがどこからでもチームと共同作業ができるようにします

Artec 3DはArtec CloudをフィーチャーしたArtec Studio 16を発表し、ユーザーがどこからでもチームと共同作業ができるようにします
カリフォルニア州サンタクララ、2021年9月20日 – プロ仕様の3Dハードウェアおよびソフトウェアの世界的に有名な開発業者兼メーカーであるArtec 3Dは、受賞歴のある弊社の3Dスキャンソフトウェアの「https://www.artec3d.com/ja/3d-software/artec-studio」最新版であるArtec Studio 16(AS16)と、ユーザーが3Dスキャンデータにオンラインでアクセスや表示、コメント、および処理ができるようにするコラボレーションプラットフォームであるArtec Cloudのリリースを本日発表いたしました。  AS16とArtec Cloudの統合は、3Dプロジェクト管理を合理化させます。ユーザーは、3Dデータをアップロードして同僚と共有したり、それに対してコメントを残したり、写真を送信したり、きちんとした会話をすることができます。Artec Cloudを活用すると、ユーザーはデバイスの技術的な制限にとらわれず、どんな場所やコンピューターからでもブラウザを介して3Dスキャンを処理することもできます。

 


Artec 3Dの社長兼CEOであるアイルトン・ユーヒン(Artyom Yukhin)氏は、次のように述べています。「毎年行う主要なソフトウェアリリースのおかげで、弊社のプロ仕様3Dスキャナ「https://www.artec3d.com/ja/portable-3d-scanners」はますます高速に、そしてパワフルになり、その結果今まで以上に多くのデータキャプチャが可能になりました。この業界をリードするソフトウェアソリューションとAIを活用したアルゴリズムの開発は、3Dスキャン業界が新たなレベルに到達するために重要です。Artec Studio 16とArtec Cloudの今回のリリースにより、ユーザーは今まで経験できなかった共同作業ができるようになり、ワークフローもより柔軟化し、より高速な3Dデータ処理が可能になりました。また、ユーザーのあらゆるニーズを満たすための数々の機能豊富なツールもご活用いただけます」

 検査の新機能:スキャン・トゥ・CADが8倍速に

 


コンポーネントと製品は、AS16を利用してシームレスなControl Xとの統合により検査できます。スキャンから検査へのスムーズなワークフローにより、ユーザーはArtec Studioでスキャンを終了したり、メッシュを検査したり、CXを利用して検査を実行したりできます。ユーザーはバッチでCX検査を実施することもできます。Artec Studio独自の検査ツールでは、スキャン・トゥ・CADの位置合わせが8倍速になり、複雑なCADモデルでの距離マッピングの測定計算が70%高速で生成されます。幾何形状をとり扱う場合には、ユーザーは拘束を設定することで品質検査の結果をさらに最適化できるようになりました。垂直距離の正確な点間測定は、数回クリックするだけで実行できるため、正確な厚さの計算や外形寸法の定義が簡単になります。

リバースエンジニアリング向けの新しいスキャン・トゥ・CAD機能

 


カスタマイズされたフリーフォームの幾何形状の活用で、ユーザーは曲線サーフェス用のカスタムフィットの幾何形状が作成できます。拘束により、スキャンに適合する幾何形状は所定の位置にスナップされ、エクスポートの準備が整います。これは、プラグインなしでもSOLIDWORKSに直接エクスポートができます。 AS16は、構築された平面からCADに最適な断面も備えており、リング状のオブジェクトをリバースエンジニアリングするための新しい円環幾何形状も追加されました。

AI搭載のHDモードの強化: HDデータを2倍速で取得

EvaやLeoのハンドヘルド3Dスキャナに搭載されたArtec 3Dのニューラルネットワークを基盤としたHDモード「https://www.artec3d.com/ja/portable-3d-scanners/hd-mode」は、AS16で目覚ましく強化されました。HDプロジェクトは、ほぼ2倍速で再構築できるようになり、HDプロジェクトのサイズはほぼ20%縮小化されました。スキャンデータは、後に必要に応じてより強力なコンピューターに保存して処理することもできます。新しく暗号化されたファイル形式により、ユーザーは高解像度データをLeoからSDカードにエクスポートして保存ができます。

CGIの写真のようなテクスチャ:スキャンとフォトグラメトリデータを組み合わせて、両方から良いとこどり

 


AS16を使用すると、ユーザーはスキャンデータと写真を組み合わせて、写真のようなテクスチャを備えた高精度のモデルを作成することができます。プロ仕様のカメラや携帯電話から撮影した写真をArtec Studioにアップロードすることが可能になり、ユーザーは、Artec Leo、Eva、またはSpiderでキャプチャしたメッシュにテクスチャを簡単に作成したりマッピングすることができます。スケールアルゴリズムによる位置合わせのおかげで、ユーザーはチェックボックスを有効化させて3点を位置合わせすることでフォトグラメトリで作成されたモデルの任意のスケールを実際のスケールに一致させることができます。

高速化したスピードと使いやすさ

AS16ではプロジェクトの読み込みが少なくとも10倍速くなり、プロジェクトの読み込みの平均がわずか10秒に短縮されます。また、ユーザーはスキャンが完全に読み込みされるのを待ってからデータを操作する必要がなくなりました。自動保存により、プロジェクトの進捗を安全に保存し、ユーザーに安心を提供することができます。スマートRAMオプティマイザーは、重要なデータを自動的に読み込み、使用されていないデータをアンロードすることで、より高速でスムーズなワークフローを作成します。

Artec3Dについて

Artec 3D 「https://www.artec3d.com/ja」は、ルクセンブルクに本社を置き、米国(カリフォルニア州サンタクララ)、中国(上海)、ロシア(モスクワ)にオフィスを構える国際企業です。Artec 3Dは、革新的な3Dソリューションと製品を開発および製造しています。Artecには、3Dサーフェスの収集と処理、そして生体認証を専門とするプロと専門家達のチームがあります。Artec 3Dの製品とサービスは、エンジニアリング、医学、メディアとデザイン、エンターテインメント、ファッション、文化財等の保存、セキュリティ技術など、多くの業界でご利用いただけます。

 
ご連絡先
Sean Welch
Artec3DのPANコミュニケーション
Artec@pancomm.com
Artec 3D PAN Communication
Artec@pancomm.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ARTEC EUROPE >
  3. Artec 3DはArtec CloudをフィーチャーしたArtec Studio 16を発表し、ユーザーがどこからでもチームと共同作業ができるようにします