動画クリエイター向けAI作曲クラウドサービスSOUNDRAW、6,500万円の資金調達を実施

世界で最も愛されるAI作曲サービスを開発し、世界中の動画クリエイターに届けます!

動画クリエイター向けAI作曲クラウドサービスSOUNDRAW(以下、サウンドロー)を提供するSOUNDRAW株式会社(本社:港区 代表:楠 太吾)は、シードラウンドで株式会社KVP、株式会社ディープコア(DEEPCORE)、個人投資家の砂川 大氏、福田 淳氏、山下 修平氏、金當 一臣氏、他数人より6,500万円の資金調達を実施しました。

サウンドローはすでに無料ベータ版を公開していますが、調達した資金はオフィシャル版の開発費に投資予定です。

AI作曲クラウドサービスSOUNDRAWAI作曲クラウドサービスSOUNDRAW

SOUNDRAWメンバーSOUNDRAWメンバー


■サウンドローとは?

SOUNDRAWインターフェースSOUNDRAWインターフェース


サウンドローは誰でも楽曲を作ることができるAI作曲クラウドサービスです。
https://soundraw.io/ja
 


サウンドローの使い方はとてもシンプルです。ジャンルやムードなどを選ぶだけで、AIによって生成されたフレーズを組み合わせて楽曲が自動生成されます。その後、テンポ・楽器・曲の構成・尺などを自由に編集することが可能で、動画にピッタリの構成・尺のBGMを簡単に作ることができます。

また、近日中にはAdobe Premiere Pro, After Effectのプラグインにも対応する予定です。

■サウンドローと動画制作
動画制作において音楽選びは大変重要な要素であり、動画のクオリティーはもちろん、ユーザーの視聴時間や広告のクリック率など動画に求められる結果も使用する音楽次第で大きく変わってきます。

サウンドローは既存のストック素材サービスと異なり、ユーザー自身がフレキシブルに楽曲をカスタマイズ出来ます。直感的なユーザーインターフェイスで動画クリエイターのクリエイティビティをより加速させるツールになると考えています。

■サウンドローの描く未来
SOUNDRAW(株) 代表取締役 楠 太吾

「私は幼い頃から、絵を描いたり、工作をしたり、何かを作ることが大好きな子供でした。また、大学時代にはダンスに没頭し、音楽が大好きになりました。

そんな私が趣味で動画編集をしている時に、動画に合ったBGMを探すのがとても大変で、BGMの盛り上がるタイミングや尺を自分で簡単に編集できればいいのになと思ったのが、サウンドローを開発したきっかけでした。

動画制作は誰でもできるようになりつつありますが、音楽はまだまだ専門家でないと作れません。サウンドローは誰でも楽曲制作できるサービスです。4Gが世界中に普及し、5G時代に突入する中で、動画・ゲーム・ポッドキャストなどのデジタルコンテンツが急増していますが、クリエイター自身がサウンドローによって楽曲制作できるようになり、より自由に創作できる世界を実現出来ればと思っています。」

■無料ベータ版公開中
サウンドローはベータ版を公開しており、誰でも無料で使うことができます。現在テストユーザーを募集中です。今は限定的な楽曲ジャンル数ですが、AIによってフレーズ数を増幅させ、継続的に楽曲ジャンルを追加していきます。オフィシャルローンチは2020年10月頃を予定しています。クリエイターにとっての新たなクリエイティブツールとして今後にご注目ください。

ユーザー登録はこちら
https://soundraw.io/ja

■KVPからのコメント
(株)KVP 代表取締役社長 長野 泰和

「SOUNDRAWは最初の出会いから投資実行までほぼオンラインで完結した個人的には初の事例でした(実際には投資実行直前で一度会いましたが)。

オンラインだと起業家の評価をするのが難しいのが正直なところですが、楠さんについてはその心配はありませんでした。溢れるパッション、事業への自信、明確なビジョン、人柄の良さなどオンライン越しからガンガン感じることができ、プロダクトリリース前で且つzoomで話しただけなのに彼に投資すべきだと思わせてくれました。

SOUNDRAWは動画制作の現場におけるペインを明確に解決できるプロダクトであり、将来動画市場において圧倒的なポジションを確立できると思っているので今後の飛躍が楽しみです。」

■DEEPCOREからのコメント
(株)ディープコア 取締役CFO 雨宮 かすみ

「人々のクリエイティブな活動をAIで支援する、というSOUNDRAWの取り組みに共感し、今回出資させていただくことを決めました。

5G時代を迎え、動画コンテンツの役割・価値はますます拡大していくものと思われます。動画制作にあたってのニーズ・課題に対する深い理解のもとに作られたプロダクトが、誰もが動画を表現手段として自由に使いこなすことを可能にし、人々のより豊かな創作活動に貢献する未来を楽しみにしています。」

■砂川 大氏(エンジェル投資家)からのコメント
「動画コンテンツが急速に民主化していく中にあって、創作活動の大きなハードルになってきたのが動画の印象に大きな影響を及ぼすBGMでした。SOUNDRAWは、特にクリエーターたちを悩ませる「BGMの権利関係のクリアランスと簡単で柔軟な編集」を一度に解決してくれる素晴らしいプロダクトだと思います。

また楠社長は、エンジェル投資家として私が特に重視している「人を巻き込む力」を持っており、会社の急成長を実現してくれると大いに期待しています。」

■福田 淳氏(株式会社スピーディ 代表取締役社長 / ブランドコンサルタント)からのコメント
「コロナ禍にあって世界中の人たちが改めて音楽の大切さを知りました。SOUNDRAWは、AIによって無数にある音から、アーティストの表現、個性を引き出し、リスナーの感情に響くクリエイティブを創りだすことに成功しました。今後の発展が楽しみです。」

山下 修平氏(株式会社シーアールイー 代表取締役会長 / 株式会社日本企業成長投資 共同創業者パートナー)からのコメント
「高いAI技術と高品質な音源を駆使し、数多くのクリエイターたちの表現を豊かにするプロダクトを持つSOUNDRAWとの出会いは貴重な経験でした。コロナ禍で暗いニュースが続く中、世の中に光を当てる企業としての成長を心から願っています。」

■金當 一臣氏(連続起業家・エンジェル投資家)からのコメント
「世界中の未来のクリエーター達に、AIの力を梃にパーソナライズされた音楽を提供できるSOUNDRAWを利用して沢山の音楽を創ってもらい、世界を更に豊かで楽しい場所にしてください。楠社長を筆頭に新しい音楽の在り方を創り出すチームの皆さんに期待して、出資をさせて頂きました。」

■会社概要
社名:SOUNDRAW株式会社
住所:東京都港区浜松町 2 丁目 2 番 15 号浜松町ダイヤビル2階
設立:2020年2月
資本金:6,550万円(資本準備金込み)
代表者:代表取締役 楠 太吾
URL:https://soundraw.io/ja

■本件に関する問い合わせ先
担当:楠
E-mail:info@soundraw.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SOUNDRAW 株式会社 >
  3. 動画クリエイター向けAI作曲クラウドサービスSOUNDRAW、6,500万円の資金調達を実施