日本・シンガポール外交関係樹立55周年(SJ55)事業を発表

自宅でシンガポールを楽しめる多彩なキャンペーンを実施

シンガポール政府観光局(STB)は、日本とシンガポールの外交関係樹立55周年に当たる2021年をSJ55と名付け、海外旅行に行けない今、日本にいながらシンガポールの体験をしていただくことを目的に様々な事業の企画及び実施をしております。

STBは2021年6月1日に、本事業についてのプレスイベントを開催しました。本プレスリリースでは、新型コロナウイルス感染症の影響による移動の制限を考慮しオンラインで行われたプレスイベントの内容を含めてご紹介致します。プレスイベント内でご案内した事業についても、新型コロナウイルス感染症の状況を考慮しオンラインで実施されるものを中心にご説明致しました。

【写真】SJ55ロゴとウルトラマン55周年ロゴを背景に。マーライオン公園に降り立つウルトラマン。
 
シンガポール政府観光局長官キース・タンからのメッセージ(抜粋)

シンガポールと日本は良好な関係を築き、人と人との強い絆を支える両国の観光業は友好関係の要です。多くのシンガポール人にとって日本は一番の旅先です。そしてシンガポールは長年、多くの日本人旅行者を迎え、文化や伝統、料理、南国のライフスタイルを共有してきました。現在、コロナ禍の影響でシンガポールと日本は行き来できなくなっています。しかし両国の観光局や旅行会社、多くの旅行関連事業者がオンライン交流やニーズに合った活動を実施しています。こうしてお互いの国の魅力を学び楽しむ事ができれば未来の旅行プランの参考になるでしょう。旅行を待ち望む日本の方々にこれからも引き続き画期的なプランを模索しシンガポールの魅力を伝えていきます。外交関係樹立55周年を記念してシンガポール政府観光局と日本のパートナーが準備した数々のイベントやキャンペーンをお楽しみください。日本の皆様を安全にシンガポールへお迎えできる日を楽しみにしています。

SJ55記念ロゴについて
STBは、SJ55を記念し、日本政府観光局(JNTO)と共同で、「SJ55記念ロゴ」を制作しました。
本事業のロゴマークは、シンガポールを表すマーライオンや日本を表す桜を折り紙のテイストで再現したものです。日本らしさとシンガポールらしさを融合することで、両国の敬愛と友好関係を表現しています。色は、両国の国旗に使われている白と赤を基本型としています。
 

 












シンガポール政府観光局北アジア局長のマーカス・タンは次のように述べています。「シンガポールと日本の外交関係が記念すべき55周年を迎えられることを大変うれしく思っております。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、自由に海外旅行ができない時期にあっても、SJ55記念事業を通じて日本でシンガポールを体験できる様々な企画をお届けいたします。世界が新型コロナウイルス感染症の困難を乗り越えて、日本の皆さまがふたたびシンガポール旅行を楽しめる日を心待ちにしております。」

シンガポール政府観光局 SJ55記念事業プラン
新型ウイルス感染症により国内外で移動の制限がある現状を考慮し、国内や自宅でシンガポールを身近に感じられる7つのオンラインの施策を中心に発表いたしました。
  • シンガポールおうちシアター(「Netflix(ネットフリックス)」によるシンガポール映画の配信)
  • ロイヤルデリの世界の食卓シリーズ
  • D4DJ(スマートフォンゲーム「D4DJ Groovy Mix」とのコレボレーション) 
  • 「SingapoReimagine ULTRAMAN」
  • JTBバーチャルツアー
  • シンガポールが贈る音楽の旅(クラシック編:シンガポール交響楽団、ジャズ編:RANI SINGAM) 
  • Myシンガポール 日本人在住者のとっておき話(オンライン動画配信キャンペーン第3弾。文化と歴史をテーマに。) 
※各施策の詳細は本資料末に添付の参考資料をご参照ください。

「SingapoReimagine ULTRAMAN」

                                   ©TSUBURAYA PRODUCTIONS

イメージキャラクターとしてウルトラマンを起用し、キービジュアル、ショートビデオ、ノベルティの製作をします。
STBの海外旅行再開に向けての包括的プラットフォームとして「SingapoReimagine」(シンガポール・リイマジン)を昨年本国にて発表しました。安心・安全な旅行をどう再構築するかという議論と実行をシンガポールと日本の観光関連業界と共にすること、将来シンガポールにお越しになる旅行者にも、様々な方法で旅を再構築していただき、明るい旅の未来を想像しようという想いをこのSingapoReimagineに込めています。ウルトラマンを起用したキービジュアルでもこのメッセージと日本語の「ふたたび、旅へ。シンガポール」の言葉を一緒にお届けします。

STBの公式サイト内のSJ55のマイクロサイトは、2021年6月1日よりオープンします。
https://www.visitsingapore.com/ja_jp/deals/#japan

                       <参考資料>
シンガポール政府観光局 SJ55記念事業プランは以下の通りです。(2021年6月1日現在)
  • シンガポールおうちシアター
時期:2021年3月15日から2年間
パートナー/主催:Netflix日本、シンガポール政府観光局
内容:Netflix日本で、各種受賞作品を含むシンガポール映画計6本「悩める青春のススメ」、「ホームラン」、「881歌え!パパイヤ」、「すばらしき大世界」、「サヤン・ディサヤン:愛しき人よ」、「私たちの歌:新謡が紡いだ時代」を配信。
  • ロイヤルデリの世界の食卓シリーズ
時期:2021年4月2日から
パートナー/主催:ロイヤルデリ
内容​:ロイヤルグループが提供する冷凍食品にシンガポールのチキンライスが登場。
  • D4DJ
時期:2021年4月17日から
パートナー/主催:株式会社ブシロード
内容​:DJをテーマにしたメディアミックス「D4DJ」のスマートフォン・ゲーム「Groovy Mix」でシンガポールを舞台にしたシナリオを展開、ならびに共同マーケティング施策を実施。
  • SingapoReimagine ULTRAMAN
時期:2021年6月から2022年12月まで
パートナー/主催:円谷プロダクション、シンガポール政府観光局
内容​:日本とシンガポールの外交関係樹立55周年にちなみ、地球に降り立って以来55年のウルトラマンをイメージキャラクターに起用し、キャンペーンを実施。
  • バーチャルツアー
時期:時期未定
パートナー/主催:JTB
内容​:昨年から実施のバーチャルツアーを今後もシンガポールの魅力をご家庭で感じていただけるよう内容を新たにしつつ計画、実施する。
  • シンガポールが贈る音楽の旅
時期:6月以降
パートナー/主催:シンガポール政府観光局
内容​:シンガポールのカルチャーシーンを伝えるために、シンガポール交響楽団やジャズミュージシャンによる音楽パフォーマンスを映像配信。
  • Myシンガポール日本人在住者のとっておき話
時期:8月以降
パートナー/主催:シンガポール政府観光局
内容​:シンガポール在住の日本人の視点からシンガポールを紹介するビデオキャンペーンの第3弾。MC兼声優の横井玲子さんとシンガーソングライターのSachiyoさんがシンガポールの街を歩きながらシンガポールの歴史や文化(アート)、日本人の足跡を紹介。
 

 

                         ***

シンガポール政府観光局について
シンガポール政府観光局(英文名 Singapore Tourism Board)は、シンガポール通商産業省に所属する政府機関の1つです。シンガポールの経済の主要な産業である観光において、その促進と観光資源の開発に従事しています。現在、海外に21の支局と6のマーケティング・オフィスを持ち、日本においては1973年に東京オフィスを設立しました。
URL: http://www.visitsingapore.com
コーポレートサイト: https://www.stb.gov.sg/
公式Facebookページ: https://ja-jp.facebook.com/visitsingapore.jp
公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCB7oQc4Ip6XRty2SP4TGW5Q
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シンガポール政府観光局 >
  3. 日本・シンガポール外交関係樹立55周年(SJ55)事業を発表