日本企業で類例の乏しい「ティール組織」としての社内ガイドブックを公開

意思決定の方法、組織の設計を完全な自律分散型で運用する秘訣をお見せします

株式会社オシンテック(兵庫県神戸市/代表取締役:小田真人)は、社内向けのガイドブックを、ティール組織(指示系統のない自律分散型組織)を目指す方々のために公開いたしました。
【ガイドブック】は当社ウェブサイトの以下のページから自由にダウンロードできます。
https://www.osintech.net/vision-culture
 

ガイドブックの目次よりガイドブックの目次より

当社は、海外の法制動向を可視化するウェブサービスRuleWatcherを提供しており、2018年の創業より、自律分散型の組織運営を行っております。日本で広くこの概念が紹介されたのは、『ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』(フレデリック・ラルー著、英治出版、2018)で、発表当初より大変話題になりましたが、実践的に導入している企業はまだ多くありません。当社が手探りでティール組織としての運用を行う中、関心を持って下さる方が多数いらっしゃることに気づき、この度、その手法を示した社内向けガイドブックを公開することにいたしました。

当社の独特の組織図当社の独特の組織図

ご覧のように、当社の組織図はピラミッドや樹形図ではなく、丸型の変わった形です。この丸型一つ一つにロール(役割)が示され、メンバーはその役割にアサインされています。一人が複数のロールを持ち、また複数のメンバーが一つのロールにアサインされる「多対多」の形式をとっているところも特徴的です。

必要に応じて柔軟に組織を改編し、指示系統を持たずとも運営できる、この手法にご関心のある方は、ぜひ当社のガイドブックをご覧になってください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オシンテック >
  3. 日本企業で類例の乏しい「ティール組織」としての社内ガイドブックを公開