【新サービス】SDGs eラーニングを提供開始|法人向けSDGs研修に活用可能

企業経営にSDGsを統合するための第一歩として、ビジネス文脈でSDGsが学べるeラーニング教材を提供。経営者・役員・事業部長・一般社員の全従業員が理解しておくべき内容をわかりやすくまとめました。

法人向けのSDGs研修・コンサルティングを行う株式会社Drop(本社:大阪市北区、代表取締役 米田真介)は、法人向け「SDGs eラーニングサービス(https://e-learning.sdgs.media/)」を2021年3月にリリースします。本サービスの提供によって、企業がSDGs推進活動に取り組む第一歩となる、ビジネス文脈でSDGsを理解する機会づくりを支援します。

昨今、2030年の達成を目指す世界共通の目標「SDGs(エスディージーズ)」に関する企業の取り組みが進んでいます。2020年7月に帝国データバンクが公表したSDGsに関する企業の意識調査によると、回答した企業の4社に1社がSDGsへの取り組みに積極的なことが明らかになりました。
(参考:https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p200708.pdf

そこで、弊社は、これからSDGsを自社ビジネスに組み込もうとしている企業向けに、SDGs eラーニングサービスを開発しました。企業のSDGs推進活動の第一歩は、SDGsの基本的な情報を学ぶことです。その上で、自社のビジョン・経営戦略にSDGsを組み込み、事業活動へと落とし込んでいきます。

SDGsを学ぶ手段は、セミナーへの参加、研修の実施、書籍や動画で情報収集するなどさまざまです。今回ご紹介するeラーニングサービスは、これから全社的に効率よくスピーディーにSDGs推進活動を進めていきたい企業におすすめです。

以下で、SDGs eラーニングの特徴・コンテンツ例・金額・問い合わせ先をご紹介します。
 
  • SDGs eラーニング4つの特徴
SDGsコンサルティング会社のDropが制作・監修
SDGs eラーニングを制作・監修した弊社は、上場企業から大手・中小企業のSDGsへの取り組みをコンサルティング支援、SDGsの基礎知識が理解できる研修を実施してきました。また、自社で運営する情報Webサイト「SDGs media」は、SDGsに関する情報を発信し月間26万PV(ページビュー)を記録しています。
これまでクライアント企業に提供してきたSDGsの知見を、わかりやすくSDGs eラーニングサービスとしてまとめました。

自分のペースでどこでも学習可能
SDGs eラーニングは、PC・スマートフォン・タブレットの全デバイスで視聴可能です。そのため、従業員が決まった時間に集まる必要のあるセミナー型の研修と比べて、一人ひとりのペースで学習を進められます。移動の電車内、仕事の待ち時間などちょっとした時間をご活用ください。

提供期間は30日間限定
企業によるSDGsへの取り組み手順を示した国際的なガイドライン「SDGコンパス」では、5つのステップでSDGs推進活動が紹介されています。その1つ目のステップが「SDGsを理解する」です。SDGsの経営への統合を目指す最初のステップに時間をかけすぎるのは、得策でありません。そのため、SDGs eラーニングでは、効率よく短期間でSDGsを理解してもらうために、提供期間を30日間に限定したサービスを開発しました。

学習前後の理解度を採点して疑問・質問にも回答
SDGs eラーニングの導入が、従業員のSDGs理解度に与えた影響を測るため、学習前後にアンケートを実施します。SDGsを学習する従業員の方に、匿名アンケートに回答してもらえれば、社内のSDGs浸透度合いを可視化できます。
このアンケートには、SDGsに関する疑問や質問を尋ねる設問も用意しています。集まった疑問や質問に対して、SDGs全般に関する内容は弊社で回答し、導入企業様に関する内容は担当者様に回答を考えて頂きます。
 

SDGs理解度スコアレポートSDGs理解度スコアレポート



30日間の学習期間終了後に、SDGs理解度と疑問・質問・回答の一覧をQ&A形式にまとめたレポートを提供します。この資料は、SDGsへの理解を深めることや、SDGsの社内浸透・実施を進める上で活かせる内容になるでしょう。また、今後のSDGsへの取り組みに向けた基礎資料などに活用可能できます。
 
  • 提供するコンテンツの例

SDGs eラーニングサービスのコンテンツ例SDGs eラーニングサービスのコンテンツ例

SDGs eラーニングでは、音声解説付きスライドと動画の2種類のコンテンツを提供します。

音声解説付きスライドでは、「SDGsとは」「社会の潮流」「ビジネスとSDGs」の3点を解説します。

動画は、1本あたり3分から5分で17本あります。短い動画だからスキマ時間に視聴したり、気になった場所や見逃したところを繰り返し視聴したりできます。

倍速視聴を利用すれば、忙しい経営者や外回りの営業担当者でも自身のスケジュールにSDGsの学習時間を組み込みやすいです。

【コンテンツで扱うトピック例】
・SDGsの基本知識と概要
・大人より子どもの方がSDGsに詳しい理由
・学校教育とSDGsの関係性
・ESG投資の基本知識と概要
・SDGsに取り組む企業のメリット
・SDGsに取り組まない企業のデメリット
・企業のSDGs取り組み事例
・就活生の企業選び基準とSDGsの関係性

■サンプル動画

 

  • SDGs eラーニングサービスの料金体系
SDGs eラーニングサービスの料金は、従業員数によって変動します。金額は25万円から75万円です。詳しくは以下の表をご確認ください。

料金体系表料金体系表

 
  • SDGs eラーニングサービスの問い合わせ先
SDGs eラーニングサービスのお問い合わせ・お申し込みは、以下の公式ページ下部に設置されている問い合わせフォームをご利用ください。

URL:https://e-learning.sdgs.media/

 
  • 会社概要
株式会社Drop
所在地:大阪府大阪市北区大深町1-1 LINKS UMEDA 8階 WeWrok内
代表者:米田 真介
URL:https://drop.ne.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Drop >
  3. 【新サービス】SDGs eラーニングを提供開始|法人向けSDGs研修に活用可能