ナレッジワーク、セールスイネーブルメントクラウドを正式リリース ~シリーズAラウンド 1stクローズにて10億円の資金調達も発表~

「できる喜びが巡る日々を届ける」をミッションに掲げる株式会社ナレッジワーク(本社:東京都港区、CEO 麻野耕司)は、「みんなが売れる営業になる」セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」を正式リリース致します。

また、グロービス・キャピタル・パートナーズ、DNX Venturesをリード投資家とし、ANRI、XTech Venturesを引受先とするシリーズAラウンド 1stクローズにて10億円の第三者割当増資を完了いたしました。これまで非公開であった資金調達ラウンドも合わせた累計の調達金額は14.2億円となります。

社外取締役としてグロービス・キャピタル・パートナーズの今野穣氏、DNX Venturesの倉林陽氏、非常勤監査役として元メルカリ執行役員の掛川紗矢香氏の就任も併せて発表いたします。

◆サービスサイトURL

   https://knowledgework.cloud

 

  • 「みんなが売れる営業になる」セールスイネーブルメントクラウド「ナレッジワーク」について

セールスイネーブルメントは「みんなが売れる営業になる」営業力強化メソッドとして米国では広く普及しています。具体的には、営業資料や営業ノウハウの展開をする「ナレッジ領域」、営業向けの学習プログラムを提供する「ラーニング領域」などがあります。

セールスイネーブルメントに取り組んでいる会社と取り組んでいない会社では予算達成率や営業成約率に大きな違いがあると言われています。

一方で、日本企業の営業生産性は国際水準と比べても大変低い水準にあります。属人的な営業活動や非効率な商談準備がその原因となっています。

「ナレッジワーク」はセールスイネーブルメントの様々な要素を一つのツールで実現し、企業の営業生産性を向上させるクラウドサービスです。具体的には、営業資料や営業ノウハウの共有、営業向けの学習プログラムの提供などが実現できます。

 

「ナレッジワーク」の特徴は3つあります。

①All in One
セールスイネーブルメントに必要な「ナレッジ領域」「ラーニング領域」「ワーク領域」などを1つのツールで実現することができます。

②ユーザビリティ
「営業資料や営業ノウハウがすぐに見つかる、使える」「営業向けの学習プログラムが簡単に作れる」などの高いユーザビリティがクローズドβ版をご利用頂いてきたユーザーから圧倒的な支持を受けています。

③ノウハウの提供
多くの日本企業にとって未知の領域であるセールスイネーブルメントの導入を、専門コンサルタントが豊富なノウハウを元に併走・支援します。


「ナレッジワーク」は既に複数の大手企業・中堅企業の営業部門に導入されており、営業生産性の向上に貢献しています。

◆「ナレッジワーク」の顧客事例

 https://knowledgework.cloud/users

  • シリーズAラウンド 1stクローズについて

株式会社ナレッジワークはシリーズAラウンド 1stクローズにて、第三者割当増資によりグロービス・キャピタル・パートナーズ、DNX Venturesをリード投資家とし、ANRI、XTech Venturesから10億円の資金調達を完了しました。調達した資金は「ナレッジワーク」の開発、組織体制の強化などに投資してまいります。


グロービス・キャピタル・パートナーズ、DNX Ventures、ANRI、XTech Venturesはこれまで非公開であった株式会社ナレッジワークのシードラウンド、プレシリーズAラウンドにも出資しており、ナレッジワークの累計調達金額は14.2億円となります。


過去、すべての資金調達ラウンドにおけるリード投資家であるグロービス・キャピタル・パートナーズとDNX Venturesから今野穣氏、倉林陽氏が社外取締役に就任していることも併せて発表致します。また、非常勤監査役には元メルカリ執行役員の掛川紗矢香氏が就任いたします。

 

  • 株式会社ナレッジワークCEO 麻野 耕司のコメント

「この国では1,000万人弱の方々が営業職に従事されています。しかしながら、各種調査によると、営業は個人の視点から見ると業務満足度が低く、企業の視点から見ると労働生産性の低い仕事になってしまっています。セールスイネーブルメントは営業における能力向上や成果創出を支援し、個人の能力向上と企業の営業生産性の向上を同時に実現できるメソッドです。セールスイネーブルメントを世の中に普及させていくことで、営業という仕事を塗り替え、働く人に喜びを届けてまいりたいと思います。」
 

  • 株式会社ナレッジワークCTO 川中 真耶のコメント

「『テクノロジーで人の可能性を解放したい』、そんな想いでナレッジワークを創業致しました。現場で働く一人一人にユーザビリティの高いソフトウェアを提供することで、仕事における業務体験、ワークエクスペリエンスを大きく改善することができると考えています。特に営業職は業務上の課題が非常に大きく、最初のプロダクトとして営業向けのソフトウェアをリリース致しました。ナレッジワークを通じて営業におけるワークエクスペリエンスの向上に貢献してまいります。」
 
  • DNX Ventures Managing Partner / Head of Japan 倉林 陽氏(社外取締役)のコメント

「ナレッジワークのSeries AをGCPさんと共同リードさせて頂きました。Seedラウンドから丁寧にPMF実現を進め、ユーザーから高いengagementを獲得できるところまで徹底的にプロダクトを磨き込む過程を、同じオフィス『SPROUND』に入居して真横で拝見させて頂いたことが、我々の今回の投資判断を後押ししました。ナレッジワークのリーダーシップにより、セールスイネーブルメントクラウドが日本企業の営業生産性を向上させ、セールスイネーブルメントが日本でも当たり前になる世界が実現されることを楽しみにしております。」
  • グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー 今野 穣氏(社外取締役)のコメント

「麻野さん率いるナレッジワーク社に、創業時より参画する機会を頂けたことを大変嬉しく思います。同社が二年間のステルス期間中に、複数モジュールから成るプロダクトを、大企業にも評価される水準で、とてつもない速さで開発と改良を重ねて来た光景は、本当に目を見張るものがありました。ナレッジを基軸として、クライアントの営業力そのものを高める同社のプラットフォームによって、世界中に『できる喜びが巡る日々を届ける』旅路に、今後も全力でコミットしていきます。」

 

  • 掛川 紗矢香氏(非常勤監査役)のコメント

「ドキュメントやナレッジの共有をスムーズに行い属人化をなくすことは、職種を問わず現場での最大の課題ではないでしょうか。私自身、属人化を解消し組織的に効率化していくことに頭を悩まされなかったことはありません。ナレッジワークの『自らできるようになる』という世界観は、リモートワークが進みコミュニケーションが減少している現代において、効率化はさることながら、仕事上での自己肯定感や達成感を確立することに大きく寄与すると思います。営業に留まらずこれから幅広い分野でこの世界観が広まることを期待しています。」
  • XTech Ventures 代表パートナー 西條 晋一氏のコメント

「創業時にプロダクトの構想を伺ったとき、セールスイネーブルメント領域における創業メンバーの皆さまのプロダクトづくりへの並々ならぬ情熱を感じました。定例会議でも、営業やマーケティング以上に、プロダクトそのものについての情報共有や議論が活発で、ユーザーからの評価を真摯に受け止め、スピード感を持って改善や新規開発を重ねていく素晴らしいチームだなと思います。引き続き投資家としてご支援できることを大変嬉しく思います。」
  • ANRI ジェネラル・パートナー 河野 純一郎氏のコメント

「大好きな麻野さん率いるナレッジワークの応援団に加われたこと、大変嬉しく思います。『セールス』という、普遍的な企業活動であるにもかかわらず、未だ労働集約と属人化から脱することができないという『解決すべき解決されざる問題』を解くべく、クライアントに真摯に向き合い、愚直にプロダクトを磨き続けるチームの姿勢に、感銘を受け、大きな可能性を感じました。多くの人、組織に、『できる喜びが巡る日々を届ける』べく、応援団の一員としてサポートしていきます。」

 


◆株式会社ナレッジワーク 概要
所在地:東京都港区港南二丁目15番1号22階
設立日 2020年3月18日
創業日 2020年4月1日
代表者:CEO 麻野 耕司
URL:https://kwork.studio

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ナレッジワーク >
  3. ナレッジワーク、セールスイネーブルメントクラウドを正式リリース ~シリーズAラウンド 1stクローズにて10億円の資金調達も発表~