登別市の子どもたちを笑顔にするプロジェクト「Be Smile」を実施します

ガバメントクラウドファウンディングを活用し、新型コロナウイルスによって不安を感じる子どもたちを笑顔にするプロジェクト

【登別市市制施行50周年市民実行委員会】では新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、学校行事や部活動などの多くが中止、縮小となり、不自由な思いと我慢を強いられることになった子どもたちのために、登別市は子どもたちを笑顔に、そして元気にするため「Be Smile(ビースマイル)プロジェクト」を実施します。


●ガバメントクラウドファウンディングで資金調達
資金はガバメントクラウドファウンディングを活用し、広く調達します。目標金額は、「コロナ(567)をひっくり返す」765万円としました。
ガバメントクラウドファウンディングページ▼
https://www.furusato-tax.jp/gcf/981


●内容を考えるのは地元高校生
このプロジェクトの内容を考えるのは、高校生。
高校2年生が中心となり、卒業する先輩たちのため、園児や小学生、中学生のためにどんなことができたら喜んでもらえるか、一生懸命考えます。
そして、そのアイデアを地域の大人を地域の大人たちが実現します。地域一丸となって、愛する登別の子どもたちを笑顔にします!


●子どもたちに「一生の思い出に残る特別な体験」を
企画のコンセプトは、『一生の思い出に残る特別な体験』です。「学校の友人たちと一緒に、のぼりべつクマ牧場で、飼育員体験をしてみたい!」とか、「登別温泉の一番大きなお風呂に、友だちみんなと一緒に入りたい!」「有名なアーティストと一緒に、中止になった学校祭をしてみたい!」など、今年の秋の実施に向けて高校生らの検討が進んでいます。

【プレスリリース用資料(A4サイズ)】はこちらから▼
https://prtimes.jp/a/?f=d64168-20200825-3323.pdf
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 登別市役所 >
  3. 登別市の子どもたちを笑顔にするプロジェクト「Be Smile」を実施します