【事業承継×M&A】月額制M&Aアドバイザリーサービス本格始動!SOGOTCHA MOAコーポレートサイトリニューアル

M&A知識メディア「SOGOTCHA(ソガッチャ)」及び月額制のM&Aオンラインアドバイザリーサービス「SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)」を運営する株式会社マーブル(本社:東京都大田区、代表取締役者社長:高橋祐未)のコーポレートサイトが大幅リニューアル!

URL:https://sogotcha.com

洗練されたデザインで、M&Aアドバイザリーサービスの特長や料金体系、他社との違いがより分かりやすくなりました。また、M&Aの実務知識を解説する動画コンテンツと図解ブログも豊富に掲載。事業承継やスモールM&Aを検討している方にとって使いやすい、知識のインプットと専門家への相談がワンストップで実現可能なウェブサイトに生まれ変わりました。


▼スモールM&A向けのアドバイザリーSOGOTCHA MOA
経済産業省の発表によると、2025年までに70歳を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人、うち約半数の127万者の後継者が未定。現状を放置すると、中小企業・小規模事業者廃業の急増により、2025年までの累計で約650万人の雇用と約22兆円のGDPが失われる可能性があると言われています。

そんな後継者不足問題の解決策として、あるいは新たなキャリアの選択肢として、中小規模のM&Aが注目されています。しかし、既存のM&Aアドバイザリーサービスのビジネスモデルは大規模な案件を前提に作られており、ニーズが増えつつある中小規模のM&Aには専門家のアドバイスが行き届いていないのが現状です。

中小企業庁の「事業承継5ヵ年計画」の中でも、中小規模のM&Aは今後多く見込まれ、それをサポートするプレイヤーとして事業引継ぎ支援センターなどがプレゼンスを持っているものの、依然として十分でないことが指摘されています(下図参照)。

 


その背景には、以下のような理由から、1件あたりの手数料が多く得られる大型案件を優先せざるを得ない事情があります。
  • M&A案件は規模に関わらず相応の手間がかかるため、収益性の高い大型案件が優先される傾向にある
  • 業界慣習として、M&A仲介会社やFAの手数料が成功報酬型であるため、成約に至らなかった案件のコストを成約案件で回収する必要があり、成功報酬を高額にせざるを得ない
  • 情報の守秘性や重大な意思決定を伴う事柄であることから対面での面談が好まれ、労働集約的な面が強い

そこで、小さな企業様や個人の方をはじめ、大手のアドバイザーには断られてしまうような数百万〜数千万円規模の小さな案件の場合もご利用いただける、全く新しいM&Aアドバイザリー「SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)」が誕生しました。手頃な価格で専門家にM&Aの相談をしたい方、セカンドオピニオンを必要としている方にもフィットするサービスです。

▼SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)コーポレートサイトリニューアル4つのポイント
  1. トップページ
  2. 料金体系
  3. 他社との違い
  4. 豊富な動画コンテンツと図解記事

1. トップページ

 


従来の知識メディアメインのトップページから、アドバイザリーサービスメインのトップページへと一新。SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)の特長や利用シーン、よくあるご質問を分かりやすくまとめました。(URL:https://sogotcha.com

■SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)の特長
  • スモールM&Aでも安心の価格設定
  • 着手金無料・成功報酬なし
  • クライアントファーストのアドバイス
  • 安心して任せられる実務経験豊富なアドバイザー
  • オンラインのやり取りで、周囲に知られずスピーディな対応が可能

■SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)の利用シーン
他社や事業を譲受けたい方も、自社を譲渡したい方もご利用いただけます。
  • 手頃な価格でM&Aの相談がしたい
  • クライアントファーストのアドバイスが欲しい
  • オンラインのやり取りでスピーディに、周囲に知られないように案件を進めたい
  • 企業規模が小さく、大手のアドバイザーに断られてしまった
  • 既にアドバイザーについてもらっているが、セカンドオピニオンが欲しい
  • フルサポートは要らないけど、気軽に相談できる相手が欲しい

■よくあるご質問
Q. 小さな会社なのですが、相談可能ですか?
A. 可能です。SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は、全ての人にご利用いただけるM&Aアドバイザリーサービスです。

Q. 月額料金以外にお金はかかりますか?
A. かかりません。着手金や成功報酬は一切いただきません。(個別に他の経費が必要になる場合は、事前にご相談いたします。)

Q. 他のM&Aアドバイザリーとどこが違うのですか?
A. 多くのM&Aアドバイザリーサービスは「対面型」「成功報酬」を採用しており、手数料の水準が高くなっています。しかし、SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は「オンライン型」「月額報酬」を採用することで、手数料の水準を手の届くところまで低くし、さらに、真にお客様の立場に立ったアドバイスも可能にしました。

■サービス概要動画
当社の強みである「動画」で、サービス概要をご覧いただけます。

 


2. 料金体系

多くのM&A専門家が成功報酬型の料金体系を採用する中、SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は月額制を採用しています。その理由は、「お客様の成約可能性や取引価額と当社の利益とを切り離し、真にお客様の立場に立ったアドバイスを追求したい」という想いからです。

利用期間に応じた3つの料金プランから、ニーズに合わせてお選びいただけます。
  • ベーシックプラン:月額10万円(税別)
  • バリュープラン:3ヶ月で25万円(税別)
  • ピンポイントプラン:5営業日で5万円(税別)
(URL:https://sogotcha.com/fee/

3. 他社との違い


SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)は、業界では珍しい「月額制」の「オンライン」アドバイザリーサービスです。他社との違いを分かりやすく説明しています。(URL:https://sogotcha.com/difference/

4. 豊富な動画コンテンツと図解記事
2020年10月時点で、およそ100本の動画と150本の図解記事を配信しています。「M&Aとは?」という入門編から、各種手法や企業価値評価の考え方などのM&Aの基礎知識、MBOやLBOなどの発展的な内容まで、M&Aを検討・実施する際に役立つ知識が満載。それらの豊富なコンテンツをサイト上で閲覧することができます。また、カテゴリによるフィルタリング機能も実装し、便利にご利用いただけます。( URL:https://sogotcha.com/movie/https://sogothca.com/article/ )

▼ロゴも刷新
コーポレートサイトリニューアルに合わせ、ブランドロゴも刷新しました。

シンボルマークは、「S」と「G」の組み合わせで、手のひらにこぶしを乗せる「なるほど!」のポーズをモチーフにしました。色合いはブルー系のグラデーションとし、今までにない革新的なサービスのイメージを表現しています。

■M&Aアドバイザリー「SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)」

 

 


■M&A知識メディア「SOGOTCHA(ソガッチャ)」

 

 

 


▼SOGOTCHA MOAとは?
SOGOTCHA(ソガッチャ)は、英語のスラング 「Gotcha(分かった)」に「So(とても、すごく)」を合わせた造語です。ユーザーの皆様の「すごくよく分かる」を実現したいという想いをこめました。

SOGOTCHA MOA(ソガッチャモア)のMOAは、M&A Online Advisoryの頭文字から取りました。知識メディアであるSOGOTCHA(ソガッチャ)より「もっと(more)」お客様に寄り添ったサービスを提供するという意味を込めています。


今後も、全ての人がM&A専門家に相談できる世界を実現するため、良質なコンテンツと信頼できるアドバイザリーを提供してまいります。

■コーポレートサイトTOP
https://sogotcha.com

■SNS
公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCLOXv3b543gGwntJlwIIc7w
公式Twitter https://twitter.com/sogotcha_offl
公式Facebook https://www.facebook.com/MaabLofficial
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マーブル >
  3. 【事業承継×M&A】月額制M&Aアドバイザリーサービス本格始動!SOGOTCHA MOAコーポレートサイトリニューアル