人生100年時代を楽しむカギとなる「変身資産~心のアクセルとブレーキ」を可視化する『変身資産アセスメント』の提供を開始/ライフシフト・ジャパン

ライフシフト・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:大野誠一)は、変化の時代を自分らしく楽しく生きるためのカギを握る「変身資産」を可視化する『変身資産アセスメント』を開発し、2021年5月より提供を開始します。

「変身資産」とは、一人ひとりがこれまでの人生の中で心の中にストックしてきた見えない資産です。人生に変化を起こしていく「心のアクセル」10項目、変化の歩みを止めてしまう「心のブレーキ」10項目から構成されています。自身がもつ「変身資産」を知ることは、「人生の主人公」として山あり谷ありの100年ライフを旅するための勇気と知恵につながります。

2021年5月より、20代~60代の社会人を対象としたライフシフト・ジャパン主催のワークショップ「LIFESHIFT JOURNEY」内での提供を開始します。ワークショップ受講料は3回シリーズ・変身資産アセスメント受検料込みで22,000円(税込)です。またそれに先立ち、事前ガイダンス(参加費無料)を開催しますのでお気軽にご参加ください。


■変身資産アセスメントの概要
日頃のものの考え方や行動、これまでの経験などに関する200の質問にWEB上で答えることで、その人ならではの「変身資産」が浮かび上がるアセスメントです。診断結果は、以下の「心のアクセル」10項目、「心のブレーキ」10項目ごとに、20代~60代までの日本人1700人のデータと比較したスコア(偏差値)で示されます。その解釈を示したハンドブックとともに、PDFデータをメールにてお届けします。

○変身資産~心のアクセル10項目・心のブレーキ10項目

〇アセスメント結果レポート(抜粋)


ワークショップ「LIFESHIFT JOURNEY」の概要

ライフシフト・ジャパンが主催する、人生100年時代のライフデザインを考える3日間のワークショップです。「変身資産アセスメント」を活用しながら、自己理解を深め、未来に向けてのアクションプランを立て、小さな一歩を踏み出すことを目指します。開催に先立ち、事前ガイダンスを開催します。

○事前ガイダンス
・開催日時(ライブ):5月7日(金)19:00~19:45
・オンデマンド配信:5月8日(土)9:00~5月15日(土)23:59
・内容:3日間のワークショップの概要、「変身資産アセスメント」詳細、質疑応答
・開催形式:オンライン(Zoomを使用)
・講師:大野誠一(ライフシフト・ジャパン株式会社代表取締役CEO)
・参加費:無料
・詳細・申し込み方法:下記をご覧ください。お申込者に参加・視聴URLをお送りします。
 https://lifeshiftjapan.jp/event/7429/

○ワークショップ
・開催日時:3コース開講します。
  コース    時間  DAY1  DAY2  DAY3
火曜日コース  19:30~21:30  5/18  5/25  6/1
木曜日コース  19:30~21:30  5/20  5/27  6/3
土曜日コース  10:00~12:00  5/22  5/29  6/5

・各回テーマ(全コース共通)   

DAY1:法則を学ぶ/確実にやってくる未来、「人生100年時代」。参加者自身に起こるさまざまな変化を理解し、100年ライフをデザインしていく上での原理原則と「ライフシフト4つの法則」を学びます。
DAY2:進むべき道を探る/オリジナルのワークシート「ライフシフト・サイクル」を使ってこれまでのキャリアを振り返り、自己理解を深めていきます。
DAY3:旅に出る/「変身資産アセスメント」で、参加者自身が持つ「心のアクセル」と「心のブレーキ」について自覚し、ライフシフトに向けた旅の第一歩を踏み出します。 
・対象:「人生100年時代」の変化を理解し、これからの人生をより自分らしくデザインしたい20代~60代の社会人の方
・開催形式:オンライン(Zoomを使用)
・講師:大野誠一(ライフシフト・ジャパン株式会社代表取締役CEO)/遠藤 和(株式会社キャリアアンドブリッジ取締役、キャリアコンサルタント)
・受講料:22,000円(変身資産アセスメント受検料を含みます)
・参加条件:3日間を通して参加できる方(曜日の振替はできません)。
・定員:各回30名
・詳細・申し込み方法:下記をご覧ください。お申込者にご参加URLをお送りいたします。
 https://lifeshiftjapan.jp/event/7435/

変身資産アセスメント開発プロセス
私たちライフシフト・ジャパンは、一人でも多くの人が「人生100年時代」をワクワク、楽しく生きていける、日本発の「ライフシフト社会」の実現をミッションとして掲げて設立したソーシャルベンチャーです。まず『ライフシフト』を「人生の主人公として100年ライフを楽しむこと」と定義し、ロールモデルとしてのライフシフター(ライフシフト実践者)の発掘から活動をはじめました。そして100人以上のライフシフターをインタビューする中で共通する法則を見出しました。そのひとつが「変身資産」の活用です。

「変身資産」とは、書籍『LIFESHIFT』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット/東洋経済新報社)の中で「変化成長し続けるための意思・能力」として紹介された抽象的な概念です。そして確かに多くのライフシフターが、「変身資産」と呼べる共通するものの考え方や行動特性を活かして、ライフシフトを前に進めていました。一方で、日本社会の雇用慣習や文化などを背景とした、変化の歩みを止めてしまう「マイナスの変身資産」の存在も発見できました。

そこで私たちは人生の変化を前に進める変身資産を「心のアクセル」、変化を止めてしまうマイナスの変身資産を「心のブレーキ」 と名付けて体系化し、自身の変身資産を知ることができるアセスメントを開発することとしました。自身の「心のアクセル」と「心のブレーキ」を知ることによって、それを上手に活かし、またコントロールしながら、ライフシフトを実現することができると考えたからです。

変身資産の概念構築にあたっては、多くの専門家の方々にご協力いただき、1年にわたるディスカッションを行ってきました。また20代~60代の日本人1700人への調査を通じて構成概念の妥当性、信頼性の向上に努めました。スコア算出にはIRT(項目反応理論)を活用し、精度を高めています。調査データ分析からは、「これからの人生を自分らしく生きていくことができる」と考えている人ほど、アクセルスコアが高く、ブレーキスコアが低いことが確認されています。

ライフシフト・ジャパン調べ(n=1700)。数値はアクセル10項目のスコアの総和、ブレーキ10項目のスコアの総和の平均値。例えば「これからの人生を自分らしく生きていける」という設問に、「とても当てはまる」と答えた人のアクセルの総和平均値が59.9、ブレーキの総和平均値が46.4である。

○開発者の想い
「変われない人が多い」という声をよく聞きます。日本人はその傾向が強い、とも。でもそんなことはない、と思っています。多くの人は、これまでの人生の中で、変化を経験してきています。進学や就職・転職、結婚や出産、引っ越しといった人生の節目であるライフイベント、人事異動や配置転換、転勤といったキャリアの転換点、新たな人との出会いや別れ、などなど。そんな数々の転機を、誰もがみな経験し、乗り越えてきている。誰もがこれまでに変わり続けているのです。変化の履歴書を、自分流の変わり方を、人は誰も持っているのです。その「自分流」を知れば、人は変化を楽しむことができる。このアセスメントを通して、一人でも多くの人が「100年ライフ」を楽しく生きることにつながればと願っています。(豊田義博/ライフシフト・ジャパン株式会社取締役CRO、ライフシフト研究所所長)

■変身資産アセスメント開発プロジェクトメンバー(敬称略)
○企画開発:ライフシフト・ジャパン株式会社
○プロジェクトリーダー:豊田義博(ライフシフト・ジャパン株式会社取締役CRO、ライフシフト研究所所長)
○開発協力:沖嘉訓

○開発支援:野田稔(明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科 教授、リクルートワークス研究所 特任研究顧問)​/田中研之輔(法政大学キャリアデザイン学部 教授、一般社団法人プロティアン・キャリア協会 代表理事)/北島久嗣(株式会社エクサウィザーズ、元ソニー株式会社)/岡崎航一(株式会社みずほフィナンシャルグループグローバル人事業務部参事役)/​谷本美穂(グーグル合同会社 人事部長)/藤田真也(特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会 会長、特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会 理事長)​/馬場洋介(帝京平成大学大学院臨床心理学研究科 教授、公認心理師、臨床心理士、キャリアコンサルタント)/遠藤和(株式会社キャリアアンドブリッジ 取締役、キャリアコンサルタント)

○開発起点:「カイシャの未来研究会2025」 有沢正人(カゴメ株式会社 常務執行役員CHO最高人事責任者)/島田由香(ユニリーバ・ジャパン株式会社 取締役人事総務本部長)/曽山哲人(株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括)/田中研之輔(同上)/中根弓佳(サイボウズ株式会社 執行役員事業支援本部長)/野田稔(同上)/藤井薫(株式会社リクルート HR統括編集長)/宮城治男氏(ETIC.代表理事)/豊田義博(同上)/(主査)大野誠一(ライフシフト・ジャパン株式会社 代表取締役CEO)

○参考文献:『LEFE SHIFT』リンダ グラットン、アンドリュー スコット、東洋経済新報社/『実践!50歳からのライフシフト術~葛藤、挫折、不安を乗り越えた22人』大野誠一、豊田義博、河野純子+ライフシフト・ジャパン著、NHK出版/「マルチサイクル・デザインの時代ー100年ライフのキャリアを考えるー」リクルートワークス研究所/「マルチリレーション社会ー多様なつながりを尊重し、関係性の質を重視する社会ー」リクルートワークス研究所/「『行動』から考える新時代の若者キャリア論」リクルートワークス研究所

ライフシフト・ジャパン株式会社について
本社所在地:東京都千代田区大手町2-6-1朝日生命大手町ビル2F
設立:2017年10月
代表取締役CEO:大野誠一
事業内容:ライフシフター(ライフシフト実践者)の発掘・プロモーション、個人向けのセミナー・ワークショップの開発・提供、企業向け各種セミナー・研修の提供、自己診断ツールの開発、書籍出版

本リリースに関するお問い合わせ
ライフシフト・ジャパン株式会社
https://lifeshiftjapan.jp/contact/
 
  1. プレスリリース >
  2. ライフシフト・ジャパン株式会社 >
  3. 人生100年時代を楽しむカギとなる「変身資産~心のアクセルとブレーキ」を可視化する『変身資産アセスメント』の提供を開始/ライフシフト・ジャパン