米Databricks社、10億ドルのシリーズG投資により、評価額が280億ドルに

フランクリン・テンプルトンが先導し、Fidelity と新たな戦略投資家であるAmazon Web Services、CapitalG、セールスフォース・ベンチャーズが参加

サンフランシスコ - 2021年2月1日 - データ・AI企業のDatabricks 社(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下:データブリックス)は、世界的に急速に普及している統合データ分析プラットフォームの採用に対応するため、10億ドルの投資を発表しました。新規投資家のフランクリン・テンプルトンが率いるシリーズGの資金調達により、データブリックスの資金調達後の評価額は280億ドルとなります。フランクリン・テンプルトンは、カナダ年金制度投資委員会(Canada Pension Plan Investment Board)、Fidelity Management & Research LLC、Whale Rockなどの新規投資家に加え、新たな戦略投資家であるAmazon Web Services (AWS)、CapitalG、セールスフォース・ベンチャーズも参加しています。このラウンドに参加している既存の投資家には、マイクロソフト、アンドリーセン・ホロウィッツ 、Alkeon Capital Management、ブラックロックが管理するファンドおよびアカウント、Coatue Management、T. Rowe Price Associates, Inc.およびTiger Global Managementがアドバイザーを務めるファンドおよびアカウントが含まれています。

データブリックスのCEO兼共同創業者であるアリ・ゴティシは次のように述べています。
「今回の投資と当社の継続的な急成長は、ビジネス・インテリジェンスからAIまで、あらゆるデータ駆動型のユースケースをサポートできる、シンプルでオープンな統一データプラットフォームに対する、当社のビジョンに確証を与えるものと考えています。クラウド上で最新のレイクハウス・アーキテクチャをベースに構築されたデータブリックスは、企業が旧来のデータアーキテクチャに内在するコストと複雑性を排除し、データチームのより迅速なコラボレーションとイノベーションの支援を迅速にすることが可能です。このレイクハウスという革新的な概念こそが当社の成長の原動力であり、投資家の皆様が大きな期待を寄せていることに対し、大変嬉しく思っています」

今回の資金調達により、データブリックスはイノベーションを加速し、世界中のデータ駆動型組織で急速に選ばれるデータアーキテクチャになりつつあるレイクハウスの急速な普及を、より一層強力に推進することが可能になります。

フランクリン・テンプルトンのリサーチ・アナリスト兼ポートフォリオ・マネージャーであるジョナサン・カーティス(Jonathan Curtis)は、次のように述べています。
「フランクリン・テンプルトンは、データブリックス社が次のステージに進出するにあたり、データブリックス社と一緒に協力できることに非常に喜ばしく思います。私たちは、データを活用して企業がカスタマー・ジャーニーの理解を深め、ビジネス・プロセスを運用化し、最終的にはデータに根ざした競争優位性を構築するために、データを活用することを支援する彼らの能力を直接目の当たりにしてきました。彼らには強力で実績のあるチームと先見性のあるプラットフォームがあると信じています。また、リーダーとしての地位と自由な成長の機会を持つデータブリックス社の未来は明るいものと確信しています」

マイクロソフト社のクラウド+AI担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント、スコット・ガスリー(Scott Guthrie)は述べています。
「Azure Databricksは、オープンで柔軟性と拡張性に優れたデータとAI機能の最新の進歩をお客様にもたらす印象的なソリューションであり続けています。今回の投資は、お客様のためにデータとAIをシンプルにするという、データブリックス社と共有するビジョンを強調しています。我々は共に、Azure Databricksの成功とAzureデータサービス全体のシームレスな統合を基盤に、Azure上でのクラウドスケールの分析とAIを可能にしていきます」

この資金調達ラウンドに参加した既存、および新規の投資家には以下のようなものがあります。
Discovery Capital、Dragoneer Investment Group、Founders Circle Capital、Geodesic、GIC、Green Bay Ventures、Greenoaks Capital、New Enterprise Associates (NEA)、Octahedron Capitalです。

データブリックス・ジャパン株式会社について 
データブリックスは、グローバルで唯一のデータ&AI企業です。Comcast、Condé Nast、Nationwide 、そしてH&M といった7,000以上の世界のリーディング企業が、データブリックスが提供するオープン、且つ統合されたプラットフォームを活用し、データエンジニアリング、機械学習、アナリティクスなどのデータプロジェクトに取り組んでいます。データブリックスは多くのベンチャーキャピタルから支援を受け、米国サンフランシスコに本社を構え、世界中に営業拠点を有しているグローバル企業です。Apache Spark™、Delta Lake、MLflowのクリエーターによって創立され、企業のデータチームが抱える、世界の最も困難な課題を解決するサポートをしています。
その他のデータブリックスの詳細に関しては、Twitter、LinkedIn、Facebookをフォローしてください。
Twitter:https://twitter.com/databricksjp
LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/databricks
Facebook:https://www.facebook.com/databricksinc

データブリックス・ジャパン株式会社についての詳細: 
ホームページ: https://databricks.com/jp/ 
所在地 :東京都港区六本木1丁目4-5 アークヒルズサウスタワー16階 
事業内容:データ&AI向け統合データ分析プラットフォームの提供 
代表者:データブリックス・ジャパン株式会社 社長 竹内 賢佑
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Databricks Japan株式会社 >
  3. 米Databricks社、10億ドルのシリーズG投資により、評価額が280億ドルに