株式会社JTB リモートワーク端末のデータレス化をShadow Desktopで実現

~リモートワーク環境でのセキュリティを確保しつつ業務効率を向上~

アップデータ株式会社(以下、アップデータ:代表取締役社長 小川 敦、東京都千代田区)が提供するデスクトップ仮想化サービス「Shadow Desktop」を株式会社JTB(以下、JTB:代表取締役 社長執行役員 山北 栄二郎、東京都品川区) WEB販売部のリモートワーク環境にセキュリティ確保、業務効率向上を目的として導入いただきました。

 

 

  • リモートワークの課題
JTB Web販売部では社内外での働きやすさを改善することによる労働生産性の向上に以前より取り組んでました。そんな中、新型コロナウィルスの感染拡大対策として、リモートデスクトップの仕組みを導入。しかし、社員がリモートワーク環境に慣れるにつれて接続安定性、サービス障害等によりリモートでの業務が滞ってしまう状況が発生。加えて、動作レスポンス、ノートPC側のWebカメラが使えないなどの不満が高まったため、新しいソリューションの導入を検討し始めてました。
  • Shadow Desktop選定理由
高いセキュリティ確保を最優先条件として、リモートワーク環境において上記の課題を解決できるソリューションを検討した結果、以下の点を評価いただき導入を決定いただきました。
・ユーザー端末のデータレス構成によるセキュリティを確保
・ユーザは特別に意識せず従来通りの使い方でパソコンを使用可能
・リーズナブルな導入コスト、運用コスト
・どの製品よりも導入が容易
  • Shadow Desktop導入により課題を解消
Shadow Desktopを導入したことで、従来抱えていたストレスを感じることなく、社内と変わらない業務環境が実現できました。リモート会議の運営も効率化され頻繁に実施されています。
 

                  Shadow Desktop 導入前後の構成図
 
  • 各種お問い合わせ先
【本件の製品・ご購入に関するお問合せ先】
 アップデータ株式会社 営業部 セールスチーム
 電話:03-6853-7800 メールアドレス:sales@updata.co.jp

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
 アップデータ株式会社 経営企画室 籔本 康之
 電話:03-6853-7800 メールアドレス:press@updata.co.jp
  • その他関連情報
【Shadow Desktop製品サイト】
 https://www.shadowdesktop.jp

【Shadow Desktop導入事例紹介】
 https://www.shadowdesktop.jp/case/case_studies_004.html

 
  1. プレスリリース >
  2. アップデータ株式会社 >
  3. 株式会社JTB リモートワーク端末のデータレス化をShadow Desktopで実現