アイデンティティを中心に置くブロックチェーン プラットフォーム Concordium がメインネットとMVPを開始

ユーザー識別機能をプロトコルレベルに実装、規制に準拠しプライバシーを維持する

​スイス・ツーク / 2021年6月9日 / ブロックチェーン開発財団であるConcordiumは、業界の発展を損ねてきた匿名性と不信感の時代に終止符を打つことになる、安全で透明性が高い、規制されたブロックチェーンと暗号通貨へのアクセスを初めて世界に提供します。

3年間の開発期間を経て、Concordiumブロックチェーンとその暗号通貨であるGTUは、6月9日にメインネットに登場します。これにより、開発者やユーザーがConcordiumプラットフォームにアクセスする道が初めて開かれます。Concordiumプラットフォームは、業界の他のプロジェクトとは異なり、プライバシーを損なうことなく、これまでにないガバナンスと透明性を保証します。

ユーザーは識別可能で、すべての取引の来歴を追跡することができます。これにより、ユーザーには信頼が生まれ、世界の規制当局のニーズを満たすことができます。同時に、必要な場合に限り、アイデンティティを公開することも可能です。Concordiumの最高責任者であるLone Fonss Schroderは「プライバシーはあっても、匿名性はない」と強調します。

Concordiumチームは、業界の信頼できる参加者が、テクノロジーへの信頼を弱体化させ、幅広い採用を遅らせ、企業や消費者がブロックチェーンや仮想通貨の潜在的な価値から利益を得ることを妨げている一部のユーザーによってダメージを受けていると考えています。

「ブロックチェーン業界は、社会の一般的なルールを尊重する時期に来ている。」ConcordiumのChairmanであるLars Seier Christensenは「Concordiumブロックチェーンの立ち上げにより、匿名性、不透明性、透明性の欠如の時代は終わりにきている」と話します。Concordiumは、開発者や企業の要求に焦点を当て、将来の規制ルールを考慮することで、これまでブロックチェーン技術の普及を妨げていた問題を解決できると考えています。

Fonss Schroderは「これはグローバルビジネスが待ち望んでいたツールです。この業界は、信頼と受容なしには何もないことを認識する必要がある。」と話します。

Concordiumは、スイスの非営利財団によって設立され、尊敬されている学者や業界のベテランたちの厳選されたグループによって支えられています。2018年の開始以来、独自のブロックチェーンと暗号通貨の開発に加えて、この業界に存在する価値観を再定義する手助けをしたいと考えています。

「これは単なるイメージの問題ではなく、はるかに深刻な問題です」とFonss Schroderは続けます。「グローバルビジネスはルールに基づいています。ブロックチェーンや暗号業界がルールを守る必要性に目覚めるのが早ければ早いほど、ブロックチェーンの可能性が最大限に発揮されることになるでしょう。」

最先端のテクノロジーとグローバルなルールに基づいたシステムへのコミットメントの組み合わせは、投資家の関心を集めています。今年の初めには、プライベートおよび戦略的セールスから4,100万米ドル以上の資金を調達することに成功し、直近の企業価値は44億5,000万米ドルと評価されています。

Concordium Genesis メインネットイベントを日本のステークホルダーたちと開催


日時:2021年6月12日(土) 午後2時から
参加:無料
登録:https://hashhub.connpass.com/event/214768/

エンジニア、開発企業、メディア、法律事務所、フィンテック団体、外国政府機関が協力、参加します。




問い合わせ
  • contact [アット] concordium.com(日本語可)
    *暗号資産に関わる個人投資に関する質問はご遠慮ください。

Concordium について
Concordiumは、分散型で持続可能なパブリック・ブロックチェーンです。内蔵されたユーザー識別機能とゼロ知識証明により、従来のブロックチェーンの欠点を解決し、匿名性をプライベートデータの安全に置き換えるために使用されています。この技術は、暗号化された支払いをサポートし、関連当局にユーザーを識別する能力を提供し、ユーザーが取引相手の身元を確認することを可能にします。

Concordiumブロックチェーンは、科学的根拠に基づいて査読されたプロトコルに基づいており、この分野で世界をリードする大学の研究者とConcordiumの研究チームが共同でプロトコルを開発するなど、暗号技術に重点を置いています。このプロジェクトは、銀行、自動車、物流、小売、エネルギー、通信などの業界のシニアビジネスエグゼクティブが主導し、アドバイスを行っています。また、COBRA(Concordiumブロックチェーン リサーチセンター オーフス)、オーフス大学、チューリッヒ工科大学、インド理科大学院などの著名な科学機関ともパートナーシップを結んでいます。
 
プレスリリース原文:https://www.accesswire.com/651077/Identity-Centric-Platform-Concordium-Launches-Mainnet-and-MVP
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Concordium >
  3. アイデンティティを中心に置くブロックチェーン プラットフォーム Concordium がメインネットとMVPを開始