ネット回線やクラウドが要らない!?工事不要の「モバイルAIカメラ」とは

スタンドアローンで利用可能なエッジAIカメラ

 株式会社Steez Industries(スティーズインダストリーズ)は、深層学習を使った人物や物に対する画像解析AIを開発しており、その技術をベースに開発した「モバイルAIカメラ」を今月より販売を開始しました。置き型で取付工事不要であり、ネット回線や映像を録画するためのクラウドが無くてもスタンドアローンで利用可能なエッジAIカメラです。

 SteezのモバイルAIカメラの特徴は、LTE機能を内蔵しており、カメラの操作は遠隔でスマートフォンアプリで行う仕組みです。録画データは本体のSDカードに保存され、クラウドを利用することなく、スマートフォンアプリで過去映像の閲覧をしたり録画データをスマートフォンにダウンロードが出来ます。

 本体サイズは約190mm(高さ)×130mm(幅)重さは約700gと小型でありながら、カメラの画素数は500万画素、PTZ機能[パン(上下)/チルト(左右)/ズーム(拡大縮小)]を備えており、LED照明や赤外線機能による夜間の暗視にも対応しています。

​モバイルAIカメラの特徴​

 

 また、モバイルAIカメラには画像解析AIによる人物動作検知機能があり、カメラに映った人物の動作を検出した際にスマートフォンアプリへ通知と検知タイミングの映像を本体のSDカードに保存することが出来ます。

AI機能の活用


 SteezのモバイルAIカメラは、当社が提供している映像解析サービス「Zillion 8」と合わせた利用も可能です。Zillion 8は、撮影された映像から人物にフォーカスし、店舗や施設に訪れた顧客の人流、属性、行動、滞在時間、来場頻度、表情を深層学習による画像分析で測定した顧客を分析する独自の映像解析サービスです。当社の画像解析AIモデルを用いて、クライアント企業様の目的に合わせた解析とアウトプットデータを提供するスポット対応が可能なサービスです。

 Zillion 8は、実店舗のオフライン分析によるマーケティングを目的とし、人流、滞留、滞在、属性分析、同一人物特定の分析が提供できます。デジタル映像であればどのようなデバイスで撮影したものでも対応できる点が特徴です。既存のカメラで撮影された録画データや当社のモバイルAIカメラの録画データを使って解析します。スポット的な画像解析サービスで利用出来ますので、実施したいタイミングのデータのみが対象となり、手軽に短期間で低コストなDXへの取り組みを可能にしています。

人体認証AIモデル


■Steez Industriesについて
 Steezは、深層学習および機械学習に関する画像分析を中心に独自のソフトウェア製品の開発を行っているテクノロジー企業です。従来の画像分析アルゴリズムとは違い、深層学習技術を用いた独自の画像分析で、これまで困難とされていた高精度な画像識別や分類、照合の実現を可能にする独自アルゴリズムの研究とエンジンを開発しています。当社では人体のあらゆる情報を基に人物特定が可能な人体認証エンジンを独自に開発しました。顔認証だけでなく体格・服装・動き・骨格情報も特徴量として人物の照合を可能にしています。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社Steez Industries 営業本部
E-mail:pr-contact@steez-inds.jp
URL:https://steez-inds.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Steez Industries >
  3. ネット回線やクラウドが要らない!?工事不要の「モバイルAIカメラ」とは