3D位置情報のMetComが東京にて垂直測位サービスの提供を9月から開始

プレスリリース

2021年8月24日

MetCom株式会社


3D位置情報のMetComが東京にて垂直測位サービスの提供を9月から開始

MetCom株式会社は、2021年9月より東京都心部の一部地区にて高精度な垂直測位パイロットサービス(以下、本サービス)を開始します。

本サービスは、お手持ちのスマートフォンで、建物内のフロア位置を高精度で特定するサービスです。
本領域の世界リーダーであり、MetComの主要株主でもある米国NextNav社のPinnacle技術を活用して提供しております。
本サービス用のSDKを組み込めばアプリにも垂直測位機能を取り込むことも可能です。

サービスに参加する方法
以下のURLにアクセスしご登録頂くことで、無償でアプリの利用が可能です。本日より申込開始いたします。
https://metcom.jp/pilotservice/

垂直測位システムについて
多くのスマートフォンに内蔵されている気圧センサーの情報を、近隣の基準点気圧情報とネットワーク経由で比較分析し、賢くリアルタイムに測定するので、2〜3mの精度で高さを特定することができます。(図1)


(図1)

提供エリアについて

本サービスの提供エリア(図2)は、東京都の中心部である山手線の南側半分とその周辺をカバーしています。
(図2)


代表的なパートナー企業との取組みについて

当社は本サービスを通じて、パートナー企業と社会実装の検証を行います。​
  • 京セラコミュニケーションシステム株式会社とソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社との資本・業務提携を活用し、ネットワーク構築を両社の契約施設に設置することで実証します。
  • セコム株式会社との資本・業務提携のもと、セコムグループの提供するセキュリティサービス等での屋内測位情報の活用を検討します。
  • 日本電気通信システム株式会社と法人顧客の屋内3D位置情報の事業性について調査を行います。
  • 東京建物株式会社と、同社が管理する東京建物日本橋ビルにて、人流の高精度3D屋内測位の実証を行います。
  • 株式会社電通と同社のパートナー企業と連携し、垂直位置情報を活用した顧客体験の設計・開発および広告やクーポン配信などのマーケティング分野での利用を検討します。
  • 株式会社 Agoop と、アプリケーションを通じて入手する3D人流データを用いて、災害時等の対策への活用の実証やマーケティング分野での活用を検討します。

MetCom株式会社について
MetCom株式会社は、「何が、いつ、どこで」 を可視化する、広域かつ高精度な三次元測位を提供するために設立された会社です。GPSの弱点である「屋内」、「地下」、「ビル街」、「垂直測位」を可能とし、屋外・屋内の双方で汎用的に利用可能な三次元測位サービスを提供します。本領域の世界的リーダーである米国NextNav社が主要株主になっており、同社とのパートナーシップのもとで、世界最高水準の測位サービスを実現します。我が国における安心・安全な社会と、利便性の高い市民生活を実現する社会インフラの整備・運営を目指しております。

NextNavについて
NextNavは次世代GPSを提供する会社です。 NextNav Pinnacleは、高精度の垂直測位技術で位置情報サービスを三次元の世界へと転換します。革新的なTerraPoiNTシステムは、GPSが受信できない場合でも、信頼性の高いPNTサービス(位置、ナビゲーション、時刻)で耐久性の高い重要インフラとなります。NextNavは、キャリアグレードの信頼性と急速拡大する全国サービス網を通じ、地理測位のアプリケーション、サービスに全く新しいエコシステムを創出します。

本件についてのお問合せ
平澤弘樹
info@metcom.jp
https://metcom.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. Metcom 株式会社 >
  3. 3D位置情報のMetComが東京にて垂直測位サービスの提供を9月から開始