フリックフィット×日本空港ビルデング “世界最小”の靴店舗を羽田空港 第1ターミナルに初出店!

–AR試着&3Dサイズ計測による在庫レスな1坪サイズの無人店舗で、メリノウール100%のサステナブルシューズを販売-

足と靴の3Dデータを計測・活用し、ユーザーの靴購入を圧倒的に便利にすることを掲げる株式会社フリックフィット(所在地:東京都目黒区 代表取締役:廣橋博仁)は、日本空港ビルデング株式会社(所在地:東京都大田区 代表取締役社長執行役員兼COO 横田 信秋)が運営する羽田空港第1ターミナルの5階「THE HANEDA HOUSE」において、今月12月17日から“世界最小”(※1)の靴販売店舗の運営を開始します。

店舗第1号として、この度、羽田空港第1ターミナル5F THE HANEDA HOUSEへ店舗出店致しました。取り扱う靴ブランドは、第1弾としてサステナブルな靴として業界で注目を集めるメリノウール素材100%で製造されたメリノシューズ「Paper Planes」。当該韓国ブランドは、今回のフリックフィットが出店する店舗によって、日本初上陸となります。

フリックフィットでは、今回提案する「1坪靴店舗」はこれまで大きなバックヤードが必要、且つ試着が面倒だったリアル店舗の形態を大きくディスラプトすると同時に、履いた際のスタイルや靴サイズといった実際に試着できないことで生じる買いづらさを抱えるEC店舗にはない、ユーザー・ブランド双方にとってWIN-WINとなる新たな靴の販売形態(第3の販売形態)として位置づけています。

※1:試着室がある靴店舗として世界最小。フリックフィット調べ。


■世界最小靴店舗の概要(利用ステップ)



■出店場所詳細@羽田空港第1ターミナル 5F「 THE HANEDA HOUSE 」


■「フリックフィット(https://flicfit.com)」について
フリックフィットは、2015年よりボディデータを活用した事業の研究開発を開始。足と靴の3Dデータを活用したデータプラットフォームを軸に、2019年1月より靴の販売店に向けた、靴の販売店・メーカー向けに支援サービスを開始し、国内百貨店、量販店を中心に展開。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フリックフィット >
  3. フリックフィット×日本空港ビルデング “世界最小”の靴店舗を羽田空港 第1ターミナルに初出店!