長沼あいすのチーズ2種が「ジャパンチーズアワード2020」の金賞、銅賞を受賞!

株式会社長沼あいす(所在地:北海道長沼町、代表取締役:山口幸太郎)は、国産ナチュラルチーズの最高峰を決めるコンクール「ジャパンチーズアワード2020」にて、パスタフィラータ/バラエティ部門で金賞、非加熱圧搾/ラクレット系部門で銅賞を受賞しました。
パスタフィラータ/バラエティ部門では、長沼あいすの「北のおいちーず」が最高位の金賞を受賞しました。お子様のおやつやおつまみとして人気の「北のおいちーず」は、ストリングチーズをほぐしたものからインスピレーションを得て作られました。チーズを醤油に漬けた後に乾燥させることで、さきいかのような見た目と食感に仕上げています。原材料にもこだわり、北海道の農場で採れた新鮮な生乳と北海道産の丸大豆醤油を使用しています。発酵食品同士で相性が良く、口の中に広がる醤油の風味と、生乳の甘味とうま味が「バター醤油」を思い起こさせるチーズです。

非加熱圧搾/ラクレット系部門で銅賞を受賞した長沼あいすの「ラクレット」は、お子様からお年寄りまで、チーズ初心者の方にも楽しんで頂けるようミルクの香りで優しい風味が楽しめるように作りました。焼くと溶ける性質にラクレットは加熱するとよりミルクの味わいが引き立つため、ゆで野菜に絡めたり、パンに乗せてお召し上がりいただけます。

長沼あいすはチーズをはじめ、北海道の豊かな食材を活かしたユニークな商品開発に取り組んでいます。地域の強みを活かした商品のご提供と新しい味わいの実現に今後も取り組んでまいります。

■長沼あいすについて
1994年に先代社長の山口真巧が長沼町でアイスショップ「あいすの家」をオープンしたことに始まる。絞りたての生乳と地場産の卵を使った美味しくてヘルシーなソフトクリームを販売。その後、中華まんじゅう、シュークリーム、ケーキ、焼き菓子などのスイーツを販売、更にチーズ、ハム、ベーコンと商品ラインアップを拡大。韓国、台湾、シンガポール、香港にも実店舗を構えるなど海外にも展開している。

<参考URL>
長沼あいすネットショップ
https://aisunoie-ice.easy-myshop.jp/

おウチで大北海道展
https://ouchi-de-hokkaido.shop/?category_id=5ecf4fb634ef0101d577b6fa
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社長沼あいす >
  3. 長沼あいすのチーズ2種が「ジャパンチーズアワード2020」の金賞、銅賞を受賞!