コーディング試験サービス「HireRoo」、候補者のスクリーニング機能を提供開始。

エンジニアの能力を定量化することで、採用にかかる工数を大幅に削減!

エンジニア採用のミスマッチを防ぐコーディング試験サービス「HireRoo」(以下「当サービス」)を開発・提供する株式会社ハイヤールー(代表取締役:葛岡宏祐、以下「当社」)は、候補者のスクリーニングに役立つ機能を複数リリースいたしました。
  • リリースの背景・目的
エンジニア採用の現場における一番の悩みは、候補者の技術力を正確に測ることです。

大量に送られてくる候補者のレジュメに目を通したり、面接でペアプログラミングを行ったりするなど、多くの企業様が試行錯誤を重ねてきました。特に技術面接においては、新型コロナウイルスの影響で、従来ホワイトボードにコードを書きながら行っていた試験をオンラインに切り替えなければなりませんでした。

しかし、手動でのスクリーニングでは技術を定量化して測ることが難しいことに加え、成果物だけで評価すると自社にあったポテンシャル層を取りこぼしてしまうことも考えられます。また、評価者によって評価基準にバラつきがあるなどの属人化の問題もありました。

しかもこれらを行うのはほとんどの場合が技術者です。開発との兼ね合いを考えると、なるべく採用にかかる工数は削減したいところ。

そんな課題を解決すべく、コーディング試験サービス「HireRoo」は今回のアップデートでスクリーニングの一部を自動化するための機能を追加しました。

今後はこれらの機能に加えて、AIを用いて提出されたコードをもとに自動的に通過者と脱落者をフィルタリングするようなリリースも控えております。
 

 

以下では、当サービスの「アルゴリズム形式」を例にそれらの機能を紹介いたします。
 
  •  機能紹介
  1. スキルシート
  2. 試験レポート
  3. プレイバック機能
1. スキルシート

 

候補者のログイン時に生成されるスキルシートで、事前のスキルチェックができます。候補者のログイン時に生成されるスキルシートで、事前のスキルチェックができます。


受験者のGithubアカウントから、コミットメント・経験スキル・得意な言語・興味分野をAIが自動で抽出し、レポート画面として表示します。これまで履歴書や職務経歴書だけで判断せざるを得なかった候補者のバックグラウンドや経験を明瞭にすることで、レジュメを確認する手間が削減されます。また、候補者の傾向をつかむことでより技術力が測りやすくなります。
参考記事: https://tech.hireroo.io/entry/2021/07/23/100000

2. 試験レポート

 

提出されたコードを自動採点しレポートとして出力します。提出されたコードを自動採点しレポートとして出力します。


当サービスのコーディング試験は提出されたあとすぐに自動採点が行われるため、評価基準の策定をしたり、解答の確認に手間をかけたりする必要がありません。そのため候補者の技術力のスクリーニングが従来よりも容易になります。

3. プレイバック機能

プレイバック機能を用いて提出までの過程を確認できます。プレイバック機能を用いて提出までの過程を確認できます。


オフラインで候補者がコーディング試験を解いている過程を保存し、後から動画として確認することができます。コードが書かれる過程を通じて候補者の思考回路を見たり、言語に対する理解度や応用力を測ったりすることができます。
参考記事: https://blog.hireroo.io/entry/2021/05/06/090000

当サービスを3月25日にβ版としてリリースしており、現在は約30社の企業様にご利用いただいております。累計の選考数は約500を超えました。
弊社はβ版のご利用を希望される企業様を引き続き募集しておりますので、お気軽に以下のフォームからお問合せください。
問合せフォーム: https://hireroo.io

◼『HireRoo(ハイヤールー)』とは
『HireRoo(ハイヤールー) https://hireroo.io/ 』は、エンジニア採用のためのコーディング試験サービスです。課題の自動採点や複数の設問による候補者のスクリーニングなどにより優秀なエンジニア採用を促進いたします。また、リモート採用下での候補者の技術評価に必要なツールをすべて兼ね備えているため、オンライン採用におけるニーズにもお答えします。すでに複数社にてβ版の導入を実施しており、エンジニア採用に不可欠なサービスとなるべく継続して機能開発・改善に取り組んでおります。

◼ チーム


代表取締役 葛岡宏祐
バックパッカーとして世界一周を経験後、感じた課題を解くべく、独学でiOSのアプリを開発、3ヶ月後にAminGoという旅行アプリをリリース。その後ベンチャー企業を経て、株式会社ディー・エヌ・エーにAIエンジニアとして入社し、数々のイベントに登壇も経験。その後株式会社メルカリにTechLeadとして入社し、在籍中の2020年12月に株式会社ハイヤールーを創業。

Twitter: https://twitter.com/kkosukeee

共同創設者 谷合啓輔
新卒でレバレジーズ株式会社に入社後、複数の新規サービス立ち上げを経験。介護系サービスでは開発をリード。業務の傍ら同社の新卒採用にも尽力した。その後Retty株式会社に入社しチームのスクラムマスターを経験。在籍中の2020年12月に株式会社ハイヤールーを共同創業。

Twitter: https://twitter.com/posterkeisuke
 
共同創設者 伊藤友一 
レバレジーズ株式会社に2018年新卒入社後、看護・介護系求人メディアサービスのSREとして従事しながら、2019年よりエンジニアQAサービスteratailのインフラ責任者も兼任し、インフラ周りのパフォーマンス改善やなどを継続的に行った。2020年12月に株式会社ハイヤールーを共同創業。

Twitter: https://twitter.com/icchy_san

◼ 会社概要
会社名:株式会社ハイヤールー
所在地:東京都港区南青山3丁目8番40号 青山センタービル2F 207
代表者:代表取締役 葛岡 宏祐
設立:2020年12月10日
事業内容:インターネットサービスの企画・開発
運営URL:https://hireroo.io

◼ 採用情報
株式会社ハイヤールーは、「エンジニアのスキルが正当に評価され、個々の力が最大限に発揮できる社会を実現する」ためのメンバーを募集しています。現在はエンジニアの採用を強化しておりますので、少しでも気になった方はぜひ以下のページよりお気軽にご応募ください。

https://www.wantedly.com/companies/company_9352198

◼ お問い合わせ
弊社サービス及び本記事に関するお問い合わせは、以下HP内のフォームからお願いいたします。
コーポレートサイト:https://hireroo.io
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハイヤールー >
  3. コーディング試験サービス「HireRoo」、候補者のスクリーニング機能を提供開始。