DPCA 空撮技法・FPV操縦・映像制作ノウハウを学ぶ専門コースを開設!

国土交通省 航空局 HP掲載 管理団体 (一社) DPCAは2022年2月1日、より高度で専門的なドローン操縦技能、
運用ノウハウを学ぶ機会として新たに3つの専門コースを設ける。

DPCAは2022年12月から開始される国家操縦ライセンス制度を見据え、基本操縦技能を習得した者が次の応用ステップへ進む機会として、様々なユースケースを想定した専門講習を新たに開講する。

 

新設される専門コースは以下の3コース。


【空撮ディレクションコース】

  • 趣旨:実際の空撮業務を想定した運用に必要な専門的ノウハウについて、座学・実技を通して、高度なカメラワーク技能及び今後、現場で求められるディレクションスキルを中心に学ぶプログラムとなっている。
  • 対象:航空局HPに掲載されている講習団体の講習を修了した操縦技能レベルを有する方で「空撮を仕事にしたい。レベルアップしたい」と考える人に向けたコースとなる。
  • 講師:プログラムの監修は大阪芸術大学 写真学科客員教授の坂口氏が行い、講師はDPCAのマスターインストラクターで数々の映画・CM・企業VP撮影を担ってきた沖 颯太氏と、200社を越える企業でのドローンコンサルティング業務に従事し、自らも有名アーティストのMV・映画撮影やイベント空撮を担ってきた船津 宏樹氏が担当。
  • 講座の様子 →https://youtu.be/HZVAREeA4v4


 【FPVドローンコース】

  • 趣旨:今や、様々な映像コンテンツに不可欠な存在となったFPV(マイクロ)ドローン。実際のクリエイティブな現場でFPV業務を行うことを想定し、専門的ノウハウを体系的に学ぶプログラムを実施する。
  • 対象:航空局HPに掲載されている講習団体の講習を修了し、基本的操縦技能レベルを有する方
  • 監修/講師:商業用FPVドローン運用第一人者でありFPVドローンを活用した実績を数多く保有する増田勝彦氏がメイン講師として担当します。


 【映像クリエイターコース】

  • 趣旨:撮影した空撮素材を1つにまとめる為にもドローンオペレーターにとって映像編集スキルは今や必須となっている。しかし、ただ撮影素材を並べて繋げるだけでは、不十分な場合も多い。そこでこのコースでは映像制作で重要な「伝える」をテーマに「伝わる」映像を創るために必要な表現技法、編集スキルを体系的に学び、また編集視点から使える空撮素材とはどのような映像なのか等を分析し、効果的な空撮技法などを学ぶプログラムとなっている。
  • 対象  ドローン撮影したけど素材をそのままにしている方/映像制作に興味、挑戦したい方/映像編集をレベルアップしたい方/効果的な撮影方法について学びたい方/撮影機材について知りたい方
  • 講師:DPCAのほか様々な企業・自治体の映像制作を担当する上田雄太(DPCA代表理事)が担当。
  • 講座の様子 →https://youtu.be/s62XwPK7E3w


上記の3コースは、DPCAの創設以来の6年間で蓄積した専門的かつ実践的なノウハウを余すことなく、分かりやすく伝えるプログラムとなっている。
また、4月には多くのドローンユーザーからの声を踏まえ、点検現場などの産業向けに特化した撮影ノウハウを学ぶ専門コースの開講も予定している。
DPCAは基礎的な操縦技能を身につけたドローンユーザーが、次のステップへ進む機会として、順次学習機会を提供していく。

 

【 コース概要 】

  • 名称:空撮ディレクション コース
  • 受講期間:2日間 9:00〜17:00ごろ
  • 受講金額:100,000円(税別) ※DPCA商業撮影撮影操縦士 証明証発行費込
  • ※映像クリエイターコースと同時申込の場合通常145,000円(税別)のところ135,000円(税別)受講可能
  • 会場:座学  DPCA京都本部 セミナールーム / 実技 京都飛行センター
  • 定員:8名 ( 最少催行人数2名 )
  • 対象:国土交通省 航空局 HPに掲載される講習団体を修了し、基礎的操縦技能を身につけていることが望ましい※講習使用機体は協会所有の機体を原則使用。
  • お申込:https://dpcajapan.org/qualification-training/direction-course/

 

  • 名称:FPVドローン コース
  • 受講期間:3日間 9:00〜17:00ごろ
  • 受講金額:220,000円(税別) ※DPCA FPV撮影撮影操縦士 証明証発行費込
  • 会場:座学  京都市内 ※講習会場の詳細は申込者に直接お伝えいたします。
  • 定員:6名 ( 最少催行人数2名 )
  • 対象:国土交通省 航空局 HPに掲載される講習団体を修了し、基礎的操縦技能を身につけていることが望ましい ※講習使用機体は協会所有の機体を原則使用。
  • お申込み:https://dpcajapan.org/qualification-training/fpv/
 
  • 名称:映像クリエイター コース
  • 受講期間:2日間 9:00〜17:00ごろ
  • 受講金額:45,000円(税別) 
  • 会場:DPCA京都本部 セミナールーム
  • 定員:8名 ( 最少催行人数2名 )
  • 対象:PCをお持ちの方 / 初心者歓迎
  • お申込み:https://dpcajapan.org/qualification-training/video-creation/
 
主催:国土交通省 航空局 HP掲載 管理・講習団体
一般社団法人 DPCA (ドローン撮影クリエイターズ協会)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 DPCA >
  3. DPCA 空撮技法・FPV操縦・映像制作ノウハウを学ぶ専門コースを開設!