東京・あきる野で里山に咲くあじさいの風景を満喫できる謎解き「裏五日市と盗まれた文字」が2021年6月12日スタート!

スマートフォンひとつで大自然を堪能できる人気の周遊型謎解き

株式会社東京裏山ワンダーランドは、東京の裏山・秋川渓谷の開放的な自然の中で季節を満喫しながら楽しめる期間限定の謎解き「東京裏山 紫陽花ウォーク 謎解き〜裏五日市と盗まれた文字」を、2021年6月12日〜7月25日に開催します。

都心からほど近い秋川渓谷の大自然の中で、自然遊びをエンターテインメントにする様々なイベントやコンテンツを提供している東京裏山ワンダーランド。

https://ura-yama.com/

梅雨時の今は、紫陽花の咲くしっとりとした里山の風景と知る人ぞ知る地域の物語を満喫できる、自然散策型謎解きがオススメです!
 

どこか懐かしい田舎道のあちこちに紫陽花がどこか懐かしい田舎道のあちこちに紫陽花が

さりげなく道端に咲く紫陽花を愛でながら、ストーリーは進みますさりげなく道端に咲く紫陽花を愛でながら、ストーリーは進みます

自然の中でリフレッシュと言っても、この「紫陽花ウォーク謎解き」なら、面倒な事前準備は特に必要ありません。気軽に東京の裏山・あきる野の自然を満喫できるよう、この謎解きでは、事前知識が特になくても、次々と表示される案内に従っていくだけで適宜必要な情報がスマートフォン上に表示されるようになっています。謎を解くと導かれるルートに沿っていくだけで、東京とは思えない風景の中、里山に溶け込むように紫陽花が咲く美しい風景を楽しみながら特別な休日を過ごせる設計になっています。
 

都心から電車で1時間ちょっとの武蔵五日市駅が起点に(あっ・・・五が!?)都心から電車で1時間ちょっとの武蔵五日市駅が起点に(あっ・・・五が!?)

東京都あきる野市・「秋川渓谷」の玄関口であるJR武蔵五日市駅前からスタートしたら、そこが物語のはじまり。ある「大切なもの」が盗まれてしまった世界で、探偵助手として捜査に参加しながら、知らず知らずのうちにあきる野の大自然と歴史の物語の中に引き込まれていく仕掛けです。

▶︎試しにプロローグをのぞいてみる:
http://nazotoki.tokyo/kietago/prologue.html


今回の「裏五日市と盗まれた文字」でも、地域を知り尽くした自然遊びプロデューサー(ジンケン)による、地域の歴史や文化を盛り込んだストーリーと謎が魅力。かつて木炭の売買で栄えた五日市の歴史の裏側を垣間見ることができる謎解きストーリーで、参加者は、単に観光スポットを見て観光するだけではなかなか立ち寄ることのないような、知る人ぞ知るスポットや道へ誘われます。この時期のしっとりとした里山の風景と相まって、程よく非日常の探検気分を味わいながら、終わる頃には身体も心もリフレッシュしていることでしょう。
 

かつて炭焼きで栄えた五日市の裏山を散策かつて炭焼きで栄えた五日市の裏山を散策

また、謎解きが初めての人でも、ヒントが充実しているので大丈夫。「謎」を解き進めることで行き先が次々に示される仕組みですが、難しい謎に頭をひねるのはちょっと・・・という人は、ヒントを多めに参照すれば、どんどん先に進めます。

(ヒントはレベル別に選択でき、見るか見ないかは参加者の自由です。)
 

地元の人でもなかなか歩くことのないとっておきの散策ルートにご案内地元の人でもなかなか歩くことのないとっておきの散策ルートにご案内


東京都あきる野市といえば、南沢あじさい山をはじめ、あちこちに紫陽花の咲く里山の風景が美しいことで有名ですが、こちらの「東京裏山謎解きウォーク」は、武蔵五日市駅からほど近いエリアで、美しい里山の風景の中を散策しながら紫陽花の咲く田舎の風景と屋外型の謎解きとの両方が楽しめます。
(※本謎解きでは「南沢あじさい山」には立ち寄りませんのでご注意ください)

 駅からそう遠くない場所にも探検気分をくすぐるこんな小道が 駅からそう遠くない場所にも探検気分をくすぐるこんな小道が

参加者アンケート満足度99%「秋川渓谷謎解きエコツアー」の姉妹編!

東京裏山ワンダーランドの「秋川渓谷謎解きエコツアー」シリーズ(過去5作)は参加者アンケートでどれも極めて高い評価と満足度(平均満足度93%)を記録。中でも現在継続開催中の「ひのじゃがくんと謎の挑戦状」( https://ura-yama.com/event/event-1427 )の満足度(参加者アンケートの「満足」+「非常に満足」の割合)は実に99%!

今回の「東京裏山紫陽花ウォーク謎解き」は、その人気シリーズの姉妹編。
特に本作品は感染症対策を意識し、店舗での受付無し(オンライン受付のみ)、紙の冊子も使用せずスマートフォンのみで進行する、非接触型・分散型のセルフガイドツアー(ガイドや他の参加者が同行せず、参加者だけで自由なペースで進められる地域周遊コンテンツ)になっています。

いつも通りスマートフォンをカバンに入れたら、いつもより少し歩きやすいスニーカーを履いて、あとはプロローグに書かれている案内通りに出発するだけ。申し込みと決済はスマートフォン上でクレジットカード等で簡単に行うことができ(日にちの指定や事前予約は不要です)、あとは好きな日に現地を訪れて手軽に参加可能。スマートフォンに表示されるオリジナルストーリーに登場人物の1人として参加して、楽しく謎を解きながら進むうちに知らず知らずのうちに導かれるとっておきのルート。しっとりとしたあきる野の紫陽花シーズンを美しい里山の風景とともに満喫してください。

(ご注意)
今回のイベントは、昨年(2020年)の同時期に試験開催したイベントのリニューアル版です。
謎の内容は大きく変わっていませんので、昨年ご参加いただいた方はあらかじめご理解の上ご参加ください。
 

 

【開催期間】 

2021年6月12日(土)〜7月25日(日)

 

【参加費】

2200円(税込)

※スマートフォンで当日のお申し込みも可能です。

※中学生以上の参加者人数分のお申し込み・決済が必要です。

 

【開催場所】

東京都あきる野市(JR武蔵五日市駅前スタート)

※自家用車でお越しの方は、JR武蔵五日市駅前のコインパーキング(1日600円)をご利用ください。

 

【所要時間】

2~3時間程度(休憩の取り方や進め方のペースによって異なります)

※インターネットに接続できるスマートフォンが必要です。

 

【参加方法】

事前に以下のプロローグ(オープニングストーリー)をお読みいただき、その後に表示される申し込みリンクから人数分(中学生以上)の参加申し込みと決済をお済ませください。

(当日の申し込みも可能です)

http://nazotoki.tokyo/kietago/prologue.html

 

 

【ご注意】

自然の中での謎解きという性質上、スポットの中には滑りやすいところや舗装されていない場所もあります。歩きやすい靴・服装でお越しください。

本プログラムへのご参加にはインターネット接続が可能なスマートフォンが必要です。

プログラム参加中、人の多い場所や狭い道での地元の方とのすれ違い時などは、マスク着用の上で適切な距離を取るなど、感染症拡大防止にご協力下さい。

 

【このイベントの概要はこちらから】

 https://ura-yama.com/event/uraitsukaichi

 

【その他開催中の謎解きエコツアーの情報はこちら】

https://ura-yama.com/event_cat/nazo

 

 

企画・制作:東京裏山ワンダーランド

https://ura-yama.com

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京裏山ワンダーランド >
  3. 東京・あきる野で里山に咲くあじさいの風景を満喫できる謎解き「裏五日市と盗まれた文字」が2021年6月12日スタート!