40代、50代女性へ 〝優雅に年齢を重ねる” 価値観を広める取り組み「Aging Gracefully プロジェクト」アンバサダーに LiLiCoさん 住吉美紀さん が就任

AG世代が自分らしく自由に今を楽しめるよう応援

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:中村史郎)と株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一)の『GLOW(グロー)』が、2018年4月から開始した、40代、50代女性へ‶優雅に年を重ねる”価値観を広める「Aging Gracefully プロジェクト」。
今年で5年目を迎える2022年度は、年齢を重ねてますます自分らしく「今」を楽しんでいるLiLiCoさん、住吉美紀さんのお二人をアンバサダーに起用。コロナ禍が続き日常が次々と変化するなかで、AG世代の女性たちが共感できるような、自分らしくしなやかに生きるためのヒントや気づきをより身近な視点から発信します。

 

 

 

  • 「Aging Gracefully プロジェクト」

人生100年といわれる現代。40代、50代女性が主役となる時代がやってきました。そんな中、欧米では「Aging Gracefully(=優雅に年齢を重ねる)」という概念が浸透しつつあります。私たちは「Aging Gracefully」を優雅なだけでなく、『わたしらしく、ゆるっと、優雅に輝く』と解釈し、加齢に対する新たな価値観として、日本での浸透を目指します。
 

 

現代の40代、50代女性の悩みはさまざま。若さと成熟の狭間で、健康・美容面の変化に不安をおぼえたり、職場での立ち位置に戸惑ったり。「Aging Gracefully プロジェクト」はそんな女性たちを勇気づけ、自分らしく年齢を重ねていくヒントを発信します。

 

  • 「Aging Gracefully プロジェクト」アンバサダー

LiLiCoさん

1970年スウェーデン・ストックホルム生まれ。18歳で来日、1989年から芸能活動スタート。 TBS「王様のブランチ」に映画コメンテーターとして出演。J-WAVE
「ALL GOOD FRIDAY」など出演番組も多数、声優やナレーション、俳優などマルチに活躍する映画コメンテーター。ジュエリーのデザイン、プロデュースも手掛ける。


 

住吉美紀さん

1973年神奈川県生まれ、アメリカやカナダで育つ。96年NHK入局後、『プロフェッショナル 仕事の流儀』や『第58回NHK紅白歌合戦』総合司会など担当。2011年よりフリー。月〜金で、TOKYO FMの朝の生ラジオ番組「Blue Ocean」パーソナリティを務め、今年11年目。著書に「自分へのごほうび」(幻冬舎)。

 

 
  • 制作意図・メイキング

最近、自分を楽しむ大人の女性が増えてきたように感じます。
しなやかで自然体でありながら、考え方や生き方そのものが凛としている。
それこそが、Aging Gracefullyな人。今年は、自分らしく今を楽しんでいる
AG世代の代表としてLiLiCoさんと住吉美紀さんを起用。


 

5年目を迎えるAging Gracefullyプロジェクト、
2022年のコピーは「もっと自由に、わたしらしく。」

陽だまりの中で自然体で笑いあうお二人のビジュアルで、
ムリをしない自分らしさとその充実感を表現しています。



仕事、家事、育児、介護など
周りから求められる役割を多く持つ40代、50代女性。
いつもがんばっている自分を、たまには見つめ直し、
大切にしてほしい。自分らしく毎日を楽しめる日々を
Aging Gracefullyが応援していきます。

 

  • インタビュー概要・今後の展開

 


•新しいアンバサダー、LiLiCoさんと住吉美紀さんのインタビューを、Aging Gracefullyのサイト(https://aginggracefully.asahi.com/ )で5月27日に公開する予定です。お二人の言葉を先に少しだけご紹介します。

新アンバサダー・LiLiCoさん、住吉美紀さんインタビューより抜粋
インタビュー全文は右記にて5月27日公開 https://aginggracefully.asahi.com/


                                                                                                        LiLiCoさん

「夢はひとつひとつ自分でかなえるものです。全部、自力で奪い取っていくしかないんです。誰も他人の夢をかなえてはくれないですよ。ただ、人生で2回ぐらい、神様からのチャンスが来ると思います。私の場合、最初のチャンスは『王様のブランチ』でした」
「いま、結婚して幸せでしょうと言われます。もちろん幸せですよ。ただ、その前もすごく幸せだったんです。今日会いたいと思う人がいたら会いに行くし、声を聞きたい人がいれば電話する。私は自分で一生懸命やるから、幸せなんです」

                                                                                                         住吉美紀さん

「私は10年ごとに人生を展開していて、20代、30代、40代でそれぞれ人生のステップが進んで、少しずつ、より自分らしくなっているんです。仕事の内容も働き方も、自分らしく変化していると感じています」
「女性は年々体が変化するので、去年まで大丈夫だったことが、今年はとても疲れやすかったり、毎月のリズムが変わってしまったり。コロナだけでなく、日々耳を澄ませて自分の体と対話しつつ、みていかないといけないんだな、と思います」
 

  • プレゼントキャンペーン

•Aging Gracefullyプロジェクト5周年を記念しプレゼント
キャンペーンを実施。Twitterのフォロー&リツイートで
最新美容家電や女性たちを応援するアイテムを合計47名様にプレゼント


•応募  https://www.asahi.com/ads/aginggracefully_cp2022 

 

•STEP1(アカウントのフォロー)
AgingGracefully公式Twitterアカウント(@AgingGracefull4)をフォロー
•STEP2(リツイート)
キャンペーン告知投稿をリツイートして応募完了

賞品 
•エアーマッサージャー レッグリフレなど
 

  • Aging Gracefully プロジェクトの全体構造


朝日新聞社、宝島社、パートナー企業でプロジェクトを推進。世の中に新しいムーブメントを創出します。

日本の女性の2人に1人は50歳以上。ミドルエイジの女性たちは日々、様々な課題に直面しています。加齢に伴い変化する体調、これからの働き方や、家族との関係――。彼女たちの課題と向き合うことは、後に続く世代や、立場の弱い方々、同じ時代を生きる男性も含め、あらゆる人が安心して年齢を重ねられる社会をつくっていくために必要です。私たちは、「Aging Gracefully」という価値観を広め、年齢を重ねることが楽しみになる世の中を作ろうと、情報を発信し、イベントを開催してきました。日本のジェンダーギャップ指数は世界120位と依然低迷中ですが、プロジェクトを通じて、こうした状況を変えていきたいと考えています。
 

  • Aging Gracefully 発起人コメント

 


Aging Gracefullyプロジェクト: 朝日新聞社 坂本 真子
しなやかに、自由に、みなさまと一緒に

 


Aging Gracefullyプロジェクト5年目の今年は、LiLiCoさんと住吉美紀さんをアンバサダーにお迎えします。2年余りのコロナ禍で生活が大きく変わり、心や体の変化にも直面する40代、50代。人生100年時代に、50歳はちょうど折り返し地点です。いつも前向きなエネルギーを発しつつ、しなやかに、自由に生きるお二人と一緒に、年齢を重ねることを楽しめるように歩み、みなさまに寄り添うプロジェクトをめざします。

 

 

 

Aging Gracefullyプロジェクト: 宝島社 GLOW編集長 井下 香苗
ご多忙世代に勇気と希望を!

 


女性にとって40代、50代は、仕事、家事育児に親の介護、自身の健康問題……と、ライフイベントが一気に押し寄せてくる“人生で最も忙しい”時期。無理してまわりに合わせてしまっている生き方の軸を取り戻すにはどうするか?――不安や苦痛をシェアし、新たな気づきを与え一歩踏み出す勇気と明るい希望が見つかるコンテンツを新アンバサダーのLiLiCoさん&住吉美紀さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「Aging Gracefully プロジェクト」事務局 >
  3. 40代、50代女性へ 〝優雅に年齢を重ねる” 価値観を広める取り組み「Aging Gracefully プロジェクト」アンバサダーに LiLiCoさん 住吉美紀さん が就任