企業版ふるさと納税サイト「ふるさとコネクト」にて、宇宙港「北海道スペースポート」整備の寄附を2021年6月24日から受付開始

北海道大樹町(本庁:北海道広尾郡大樹町、町長 酒森正人)とSAPCE COTAN株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町、代表取締役社長 小田切義憲)は、民間にひらかれた宇宙港「北海道スペースポート(以下、HOSPO)」の整備資金を集めることを目的として、2021年6月24日から企業版ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとコネクト」を活用した寄附の受付を開始したことをお知らせいたします。

HOSPOは、 2021年4月に北海道大樹町にて、アジア初の民間にひらかれた宇宙港として本格稼働しました。 「北海道に、宇宙版シリコンバレーをつくる」というビジョン実現に向けて、ロケットおよび宇宙旅行等を目的とした宇宙船(スペースプレーン)の射場・実験場を整備し、打上げ支援業務を行います。HOSPOは2025年までに2つの人工衛星用ロケット射場を整備する計画で、射場整備の資金確保にふるさと納税(企業版・個人版)や寄附の仕組みを活用しております。2020年度は、道内企業5社から企業版ふるさと納税で合計9,250万円の寄附をいただきました。


これまでは、直接大樹町に申込書を提出する方法での寄附でしたが、新たに「ふるさとコネクト」を活用することで、オンライン上で寄附をすることが可能となります。多くの方に本プロジェクトに共感とご賛同をいただき、宇宙開発の支援をいただきたいと考えております。
 


※SPACE COTAN株式会社では、大樹町から業務委託を受け、企業版ふるさと納税のPR業務を行っております。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SPACE COTAN株式会社 >
  3. 企業版ふるさと納税サイト「ふるさとコネクト」にて、宇宙港「北海道スペースポート」整備の寄附を2021年6月24日から受付開始