食品ロスと食の貧困を同時に解決する“値札のないスーパーマーケット”「あまいろ商店」4月24日〜大分県別府市上田の湯町「ひよこ店」にて常設店舗OPEN!

飽食の時代のフードロスと食の貧困を解決する仕組み 品物の代金は”お気持ち”土曜日14時〜18時に開店

APU起業部発の「あまいろ商店」(代表:古川光、立命館アジア太平洋大学APU4回生)は、4月24日(土)から毎週土曜日、大分県別府市にある“値札のないスーパーマーケット”を構えることとなりました。
今後、常設店舗1年継続、第3弾のイベント等も考えております。
“値札のないスーパーマーケット”「あまいろ商店」は、日本で起こっているフードロスの現状と、食に困っている人がいるという現状があまり知られてないこと、他人事に捉えられていること、またこれら2つの社会問題が同時に存在していることに矛盾を感じ、余っているものを必要な人に届く仕組みを作って同時に解決したいという想いで始まったものです。

 

 


現代の日本の食生活は、飲食の時代を迎えたと言われています。食べたいものがいつでも手に入り、そしてまだ食べられるものが廃棄され、その廃棄量は日本国内だけでも年間およそ612万トン(農林水産省より)。一方で、経済格差による食の貧困も深刻化しており、7人に1人の子どもが貧困状態にある厳しい現状(厚生労働省2019年国民生活基礎調査)が続いています。

そこで、あまいろ商店は、地域密着で”値札のないスーパーマーケット”を運営し、身近なところから社会問題を意識するきっかけを作り、矛盾した社会問題の解決を目指します。
フードロスと食の貧困という社会問題を同時に解決することを目標とし、より多くの人に社会問題を自分事として捉えてもらえるスーパーマーケットです。ここでは値札がなく、代金はお客さんの任意の金額をお気持ち箱に入れる仕組みです。

■あまいろ商店の3つの目標
①「フードロス」と「食の貧困」を同時に解決すること。
②多くの人に社会問題を認知してもらい、意識を変えるきっかけになること。
③社会を変えたいと思った人が、行動を移せる場所となること。

現在、主にAPUの学生を中心とした9人で活動しています。2020年11月7,8日には第1弾となる”無料のスーパーマーケット”を別府市内の商店街にて開催しました。その後、第2弾 ”値札のないスーパーマーケット”を今年2月下旬から3週連続で行いました。野菜、果物、米、パン、加工品、肉、花などが店頭に並び、第1、2弾で合わせて約600名のお客様にお越しいただきました。

■あまい商店の仕組み
品質には問題ないが規格外などの理由により廃棄されてしまう食料を集め、それらを店頭に並べます。値札はなく、来店者は自分が持ち帰る食材の量や食に対する各個人の価値観に応じて”お気持ち箱”にお代を入れていただく、ちょっと変わったシステムです。
・店頭に並べる食料品
採れすぎの野菜、規格外で市場では流通できないものなど品質には問題ないが廃棄されてしまう食料品を基本的には善意で譲っていただいたり、寄付していただいたもの。

 


■あまい商店の始まり
農業県とも言われる佐賀県で生まれ育った代表の古川は、いつも畑の片隅に廃棄されている形が不揃いな野菜の存在が気になっていました。質には全く問題ないのに規格外や傷入りなどの理由により廃棄されていることに疑問を抱え、同時期にテレビ番組で、日本の貧困の現状について知ることとなり、同じ日本に住んでいながら貧困に毎日苦しんでいる人がいるということに衝撃を受けました。
品質には問題ない食べものが毎日大量に捨てられていること(フードロス)、食べることに困っている人がいる(食の貧困)という状況は矛盾している、矛盾しているからこそ解決できる方法があるはず!!と考え始まったのが、この「あまいろ商店」のアイディアのスタートです。

 


 
■あまいろ商店のこれまでの活動
2018年7月 APU起業部(出口塾)に入部
2020年2月 おおいたスタートアップウーマンアワードにファイナリストとして登壇
2020年10月 別府市主催のビジネスマッチングイベント「ONE BEPPU DREAM AWARD 2020 起業・創業部門」のファイナリストとして登壇し、多くの企業の方々から注目を浴び、ここでのサポーター企業とのマッチングにより、11月の「あまいろ商店」初開店への支援も集めました。
2020年11月7・8日 第1弾”無料のスーパーマーケット”イベント開催
2021年2月下旬〜3週連続土曜日 第2弾”値札のないスーパーマーケット”イベント開催
2021年4月クラウドファウンディング設立
2021年4月24日〜毎週土曜日常設店舗”ひよこ店”開店

■今後のあまい商店の活動
4月24日から開店したひよこ店を1年間継続することを目標にしています。毎週土曜日14:00〜18:00開店しています。食材は当日まで何があるかわかりません。それがあまいろ商店の魅力のひとつです。
その他、イベントの第3弾を夏頃開催予定です。


また、”値札のないスーパーマーケット”の実施に加えて、フードロスや食の貧困問題に関連すること、社会の認知向上に向けた学び・啓発のイベントの実施も計画しています。

■クラウドファウンディングについて
4月10日〜6月10日までの2ヶ月間、Sandwichというサイトにてクラウドファンディングをしています。リターンにはメンバーがデザインしたTシャツやハンカチもあります。
ぜひそちらもご覧ください。https://sandwichcrowd.com/project/detail/773


あまいろ商店Instagram
https://www.instagram.com/amairo_shohten/
あまいろ商店Facebook
https://www.facebook.com/amairoshohten/
  1. プレスリリース >
  2. あまいろ商店 >
  3. 食品ロスと食の貧困を同時に解決する“値札のないスーパーマーケット”「あまいろ商店」4月24日〜大分県別府市上田の湯町「ひよこ店」にて常設店舗OPEN!