コンサルティングファーム主催WEB漫画賞「クニエ漫画グランプリ2022」開催

~賞金総額100万円!プロ編集者がネーム指導!~

コンサルティングファームの株式会社クニエ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土橋 謙、以下クニエ)は、「クニエ漫画グランプリ2022」を8月12日より開催します。
クニエ漫画グランプリは、日本を代表するサブカルチャーである「漫画」をさらに世界に発信するため、才能ある漫画家の発掘と育成を目指し開催するものです。3回目となるグランプリ2022では、「5秒で面白い」をコンセプトに「4枚の画像のみ」による表現を競う一次審査を行います。
審査員には、株式会社小学館 ビッグスピリッツ編集部 金城小百合さん、株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役 松山洋さんという豪華メンバーを迎え、独自の視点で「続きが読みたいかどうか。」を基準に一次審査を行います。審査を通過した6名の作家には、マンガ家育成事業「トキワ荘プロジェクト」を運営する特定非営利活動法人LEGIKAのサポートにより、プロ編集者がネームを指導します。ネームでの最終審査を通過した3名の作家には、「グランプリ」「クニエ特別賞」「SNS読者賞」の3賞と総額100万円の賞金、本編WEB公開の場が授与されます。

 

 

■クニエ 漫画グランプリについて
漫画は、日本が世界に誇るサブカルチャーの一つで、これまでに世界中で知られる漫画が多数生み出されてきました。今なお、漫画をきっかけに日本を知り、日本に興味を抱いたという人々が世界中に増え続けていると言われています。その一方で、才能があるにもかかわらず埋もれてしまっている作品や漫画家が多いという現状があります。
才能ある漫画家が世に出るチャンスが増え、漫画を描くことで独立できる社会に向けた一助になればとの想いから、クニエ漫画グランプリを2020年よりスタートしました。クニエは日本発のグローバルコンサルティングファームとして、世界各国にファンを生み出してきた漫画を応援しています。
 

■「クニエ漫画グランプリ2022」概要
クニエ漫画グランプリ2022では、クニエの企業理念を象徴する「貢献」「熱意」「誠意」「志」「共感」「仲間」の6つのテーマを設定しています。グランプリ3回目となる今回は、「5秒で面白い」をコンセプトに作品画像4枚による一次審査を行います。テーマごとに、もっと「続きが読みたいかどうか。」の基準で計6作品をグランプリ候補作として選定し、選ばれた6名の作家は、プロの編集者による指導を受け、ネーム制作を行います。その後、審査員3名による最終審査とSNSでの読者投票によって「グランプリ」「クニエ特別賞」「SNS読者賞」の3賞3作品を決定します。
受賞した作家は、継続してプロの編集者のもと、本編制作に進みます。受賞3作品を書き上げていく過程と本編(読み切り最大32ページ)が公式サイトやTwitterで公開されます。


主催:      株式会社クニエ
運営サポート:   特定非営利活動法人LEGIKA

開催期間:    2022年8月12日〜2023年3月31日予定
テーマ:     「貢献」「熱意」「誠意」「志」「共感」「仲間」の中から1つを選択
参加方法:    一般公募
応募方法:    Twitterもしくは、マンガ投稿サイト「コミチ」
応募期間:    2022年8月12日~10月11日
授賞・賞金:   グランプリ   (賞金50万円) 
         クニエ特別賞1名 (賞金30万円)  
         SNS読者賞1名    (賞金20万円)
                   (総額100万円)
受賞作決定までの流れ:
                           ・一次審査(2022年10月末~11月中旬)
                           ・グランプリ発表(2022年12月中旬)
                           ・本編制作期間(2022年12月中旬~2023年2月下旬)
                           ・本編公開(2023年2月下旬)
公式サイト:    https://www.qunie.com/manga-gp2022/
公式Twitter:   https://twitter.com/qunie_manga_gp

 

図:2021年グランプリ受賞 もりた毬太さんによる 応募4画像作品イメージ
 

■審査員紹介
(順不同・敬称略)

金城 小百合/株式会社小学館 ビッグコミックスピリッツ編集部

秋田書店に入社後3年目に立ち上げた「cocoon」が舞台化、「花のズボラ飯」が数々の賞を受賞しTVドラマ化するなど話題に。小学館に転職後は、TVドラマ化された「プリンセスメゾン」、「あげくの果てのカノン」「往生際の意味を知れ!」「サターンリターン」「女(じぶん)の体をゆるすまで」など数々の話題作を担当。現在、スピリッツ編集部に所属しながら、ファッション・カルチャー誌「Maybe!」の創刊、編集にも携わっている。


松山 洋/株式会社サイバーコネクトツー 代表取締役

博多にある元気なゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表兼ディレクター。開発の傍ら毎月60冊の漫画誌を読む大の漫画好き。最新作は「ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルR」、Nintendo Switch版「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」など。これまで人気ゲーム作品を多数手がける。

 
勝俣 利光/株式会社クニエ Executive Vice President 事業全体統括責任者

数十年にわたり、数多くのコンサルティングを実践。大手コンサルティングファーム複数社にて要職を歴任後、2009 年 クニエ発足に参画。クニエ創立と発展をリード。2012 年より現職。

 
■主催/運営情報
主催:株式会社クニエ
株式会社クニエはNTTデータグループのビジネスコンサルティングファームです。さまざまな変革に挑戦されるお客さまのパートナーとして、高度な専門性と経験を有するプロフェッショナルが幅広いソリューションを提供し、お客さまの変革の実現をグローバルベースで推進します。同社に関する詳しい情報は、<https://www.qunie.com>をご覧ください。


運営サポート:特定非営利活動法人LEGIKA

マンガ家育成事業「トキワ荘プロジェクト」、シェア型学生寮事業「チェルシーハウス」、地域と連携した学生寮の企画プロデュース事業やマンガ制作事業「LEGIKA STUDIOS」を展開。詳しい情報は、<https://www.legika.jp/>をご覧ください。


<一般の方、応募を検討している漫画家の方からの問い合わせ>
クニエ漫画グランプリ2022 運営事務局
お問い合わせ: https://ws.formzu.net/fgen/S62091911/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クニエ >
  3. コンサルティングファーム主催WEB漫画賞「クニエ漫画グランプリ2022」開催