横浜人形の家で田中流の世界に浸る人形写真展を開催

四半世紀以上にわたって人形写真を撮り続ける写真家・田中流(たなか ながれ)の写真作品を100点以上展示いたします。

球体関節人形が日本で初めて紹介された1965年。その後に誕生した多くの現代創作人形作家/作品たちに四半世紀以上にわたって寄り添い、人形写真を撮り続ける写真家・田中流(たなか ながれ)。本展はその写真展となります。

本展では2021年9月10日にアトリエサードより発刊予定の最新写真集「Dolls in labyrinth――田中流・人形写真館」から撮り下ろしの人形写真を100点以上展示するほか、新刊にも掲載されている清水真理やFREAKS CIRCUSといった当館ゆかりの人形作家たちの作品も同時に展示(一部作品は抽選販売)いたします。

人形の魅力を伝え続ける写真家の眼差しを、ぜひこの機会にご鑑賞ください。

※本写真展は著作権保護/作品保護の理由から展示室内での写真撮影は禁止となります。
※本展チラシに掲載された写真作品展示はございますが、被写体の人形作品が展示されない場合もございます。

 


【会 期】2021年9月11日(土)~10月31日(日)
【時 間】9:30〜17:00(最終入館16:30)
【会 場】横浜人形の家 2階多目的室
【観覧料】大人〈高校生以上〉600円/子ども〈小中学生〉300円 ※入館料(大人400円/子ども200円)含む、未就学児は入館および観覧料無料
【休館日】毎週月曜日休館、9月20日(月祝)は開館し翌火曜日が振替休館
【企画協力】有限会社アトリエサード
【出展作家】En / 櫻井紅子 / 清水真理 / 垂狐 / 千代田梓 / 月 / 土谷寛枇 /蕾 / 泥方陽菜 / FREAKS CIRCUS / 森下ことり / ようし   ※50音順


【田中流プロフィール】写真家。舞台、ライブ、人物、ワークショップなど多岐にわたり活動中。近年は数多くの人形作家の作品を撮影。2019年10月球体関節人形写真集「Dolls~瞳の奥の静かな微笑み~」をアトリエサードより刊行し、ヴァニラ画廊(東京銀座)にて出版記念展覧会を開催。2021年9月に待望の新刊「Dolls in labyrinth――田中流・人形写真館」をアトリエサードより刊行。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜人形の家 >
  3. 横浜人形の家で田中流の世界に浸る人形写真展を開催