【日本医療科学大学】コロナ禍における学生支援を実施

コロナ禍により困難な状況におかれている学生に対し生活物資を配布

学校法人城西医療学園 日本医療科学大学(埼玉県毛呂山町、理事長:新藤博明)は、年末に一人暮らし学生に対し食品を配布。全学生には、不織布マスク、アルコールティッシュの配布を行いました。
新型コロナウィルス感染症の影響が長期化する中で困難な状況におかれている学生に対し生活支援を実施しました。この取組みは、2020年度も実施し、コロナ禍でアルバイトが減ってしまった学生や年末年始の帰省を控える学生が一定数いることから、大学としてできる支援の一つとして実施しました。

実施内容は年末年始にかけて衛生用品、不織布マスク、アルコールティッシュなどの配布を行い、12月27日、28日には一人暮らし支援としてご飯やお餅、レトルトカレーなどを配布しました。

また、同時にエコバッグを学生に配布し環境問題にも取り組んでいます。

【本リリースに関する報道お問い合わせ】
日本医療科学大学 広報課 
TEL:049-230-5003
e-mail:koho-pr@nims.ac.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人城西医療学園 日本医療科学大学 >
  3. 【日本医療科学大学】コロナ禍における学生支援を実施