「第13回日本ビジネススクール・ケース・コンペティション」開催のお知らせ

全国のビジネススクール”153チームのNo.1”を決定!12月4日(日)、MBA生の甲子園『JBCC2022』開幕。優勝賞金30万円、国内最大級のケース・コンペティションの頂点を掴むのは誰だ!?

「日本ビジネススクール・ケース・コンペティション(以下、JBCC)(※1)」は、全国のMBA生(※2)の頂点を決める、いわばMBA生の甲子園。13回目を迎える今年は青山学院大学を本選会場として、初のリアル&オンラインのハイブリッド形式にて実施し、その様子をYouTubeにて生配信いたします。

 ※1全国のビジネススクールに通うMBA生を対象とし、架空企業の経営戦略を立案しその内容を競うビジネスプラン・ケース・コンペティション。JBCCはJapan Business Case Competitionの略
 ※2 Master of Business Administrationの略(=経営学修士)

 

大会キービジュアル大会キービジュアル

  • 大会の狙い

JBCCは、架空のビジネスケースに対して、経営学の知識を総動員して経営戦略を立案する、MBA生対象では国内最大級のケース・コンペティションです。本大会は、日本経済への貢献や社会課題解決を志すMBA生にとって、ビジネススクールでの学びを、ビジネスの最前線で活躍されている方々の審査を経て、“生きた戦略”としてアウトプットする機会となっています。

 

政府の検討会においても、我が国が今後も世界経済の重要な位置を占め、持続的な経済成長を実現するためには「高度経営人材」の養成が不可欠であり(※3)、そのためにビジネススクールが重要な役割を果たすことを期待されています。また、先日岸田首相が所信表明演説内で、成長産業への労働移動を促す「リスキリング支援」に今後5年間で1兆円の予算を投じる計画を示しました。MBA取得は“新しい職業に就くために、あるいは、今の職業で必要とされるスキルの大幅な変化に適応するために、必要なスキルを獲得する/させること”を意味する「リスキリング」の一環でもあり(※4)、学び直しの場としてのビジネススクールへの関心も高まっています。


※3:文部科学省 経営系大学院機能強化検討協力者会議『我が国の経済社会を牽引する高度経営人材養成の在り方について(報告)』(令和元年7月19日)。本報告書で「高度経営人材」とは『不透明な未来社会に明確なビジョンを持ち、経営の視点から社会のあるべき姿を提言できる高度専門職業人』と定義されている。
※4 :(出典) 『リスキリングとは -DX時代の人材戦略と世界の潮流-2021年2月26日リクルートワークス研究所』)
 

  • 2022年大会について

第13回目を迎える今年は、”「MBA」から生まれる、絆と挑戦。” というスローガンの下に、大会最多タイとなる全国25校のビジネススクールから153チーム711名ものMBA生が参加しています。
12月4日(日)の本選大会では、予選を勝ち抜いた20チームが、自ら策定した経営戦略をリアル&オンラインのハイブリッド形式でプレゼンします。午前のセミファイナルを勝ち上がり、午後のグランドファイナルで優勝に輝いたチームには、優勝賞金30万円と文部科学大臣賞が授与されます。

<過去大会の様子>

過去大会①過去大会①

過去大会②過去大会②

 

過去大会③過去大会③

 
  • 開催概要 (11月1日現在)

■開催日時■

2022年12月4日(日) ※時間は大会HP等でお知らせいたします
午前:開会式・セミファイナル(グループラウンド) 午後:ファイナル(決勝ラウンド)

■開催形式■

リアル会場&オンラインのハイブリッド形式
プレゼンテーション場所は本選出場各チームにて以下いずれかより選択
・青山学院大学 青山キャンパス(本選会場:東京都渋谷区)
・各チーム任意の場所
当日は本選会場よりYouTubeでオンライン生配信いたします(観戦費無料)

■出場資格■

ビジネススクール、経営系大学院修士課程に所属する方

■出場形式■

チーム制(1チーム2~5名)

■主催■

日本ビジネススクール・ケース・コンペティション実行委員会(※5)

■後援■

文部科学省、デジタル庁、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、日経ビジネススクール


※5: 主催者である「⽇本ビジネススクール・ケース・コンペティション実⾏委員会」は、MBAの現役⽣および修了⽣の有志が参画する任意団体です。

 

  • 本年のケース課題

本実行委員会では毎年、日本の経済や企業が直面する環境や課題等を踏まえて、出場者に対する課題となるオリジナルの「ケース」を作成しております。今年は、大手SIer事業部長の立場から、医療・ヘルスケア業界の将来像を描き、事業戦略を提案します。なお、ケースの作成に際しては、株式会社経営共創基盤様に御協力いただいております。
 

  • 取材機会

本大会について取り上げていただけるメディア・媒体の方がいらっしゃいましたら、取材内容・日程等を個別に調整させていただきますので、11⽉11 ⽇(金)までに下記までご連絡ください。

 

【お問い合わせ先】
日本ビジネススクール・ケース・コンペティション実行委員会
広報担当 E-mail:jbcc.mba.pr@jbccex.com
または大会WEBサイト(お問い合わせフォーム)https://jbcc.jimdo.com/
 

  • 参考資料
<参考1:大会リーフレット>

2022大会リーフレット2022大会リーフレット


<参考2:出場校(50音順)> 
青山学院大学大学院、英国国立ウェールズ大学経営大学院、北九州市立大学大学院、九州大学大学院、京都大学大学院、グロービス経営大学院、慶應義塾大学大学院、県立広島大学大学院、神戸大学大学院、事業創造大学院大学、中央大学専門職大学院、東京都立大学大学院、名古屋商科大学大学院、ビジネス・ブレークスルー大学大学院、一橋大学大学院、マサチューセッツ大学、明治大学専門職大学院、立教大学大学院、早稲田大学大学院

<参考3:グランドファイナル審査員一覧(順不同・敬称略)>

グランドファイナル審査員グランドファイナル審査員

<参考4:協賛等企業一覧(10月17日時点:順不同・敬称略)>
 

【特別協賛】

株式会社経営共創基盤
 

【協賛】
フューチャー株式会社、株式会社プレアス、株式会社ダイヤモンド社、Rally Growth株式会社、BIP株式会社、株式会社インスプレース、株式会社コーポレイトディレクション、株式会社医学生物学研究所、株式会社イエムラ、インタセクト・コミュニケーションズ株式会社 、株式会社コモディイイダ、株式会社河島本家、株式会社グローバルインフォメーション、株式会社ゼロワンブースター、株式会社ZART、株式会社人事の学び場、つばめ投資顧問合同会社、TESSグループ、株式会社トリプルバリュー、株式会社中島商会、一般財団法人 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)、株式会社White Knight、株式会社ユー・タチ、ビルコム株式会社、株式会社Milkyways、株式会社廣屋羅紗店、楽読 一宮駅前スクール、株式会社リーディングマーク、ヤマキタ森林ベンチャー株式会社、株式会社日本創生投資、株式会社ファーストデコ、医療法人社団クリノヴェイション、ビズアクセル株式会社、有限会社 平川食品工業、 株式会社キューブアンドカンパニー、倉島事業開発株式会社、一般社団法人POIESIS、株式会社ヨカタラ、株式会社ワンオーダー

【特別協力】
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科
【協力】
株式会社PANDASTUDIO.TV

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本ビジネススクール・ケース・コンペティション実行委員会 >
  3. 「第13回日本ビジネススクール・ケース・コンペティション」開催のお知らせ