気候テックのSaaSスタートアップ企業Persefoni シリーズB資金調達ラウンドで1億100万ドル調達と無償のカーボン会計サービスを発表

プレリュード・ベンチャーズとTPGライズ クライメートによる気候テックSaaS企業の過去最大の資金調達ラウンドにより、Persefoniのカーボン会計とファイナンスド・エミッション管理プラットフォームのグローバル市場への展開を可能に
企業ならびに投資家向けのカーボン会計とファイナンスド・エミッション管理のプラットフォームを提供するPersefoni (パーセフォニ、本社:米国アリゾナ州、CEO兼共同創設者:ケンタロウ・カワモリ)は、シリーズBの資金調達ラウンドで1億100万ドルを調達したことを発表しました。プレリュード・ベンチャーズとTPGライズ クライメート(TPG Rise Climate)がラウンドを取りまとめ、クリアビジョン・ベンチャーズ(Clearvision Ventures)、パークウェイ・ベンチャーズ(Parkway Ventures)、ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Co.)、エレクトリシテ・ド・フランス⦅EDF(Electricité de France)⦆、三井住友銀行、フェランテ・グループ(The Ferrante Group)、アルムナイ・ベンチャー・グループ(Alumni Ventures Group)、ニューバレー・ベンチャーズ(New Valley Ventures)が初めて参加しました。また、NGP・エネルギー・テクノロジー・パートナーズ(NGP Energy Technology Partners)、サリーポート・インベストメンツ(Sallyport Investments)や戦略的エンジェル投資家などの既存の投資家も投資に復帰しました。この度のシリーズB資金調達ラウンドは、SaaSを提供する気候テック企業で史上最大級であり、米国アリゾナ州での最大級ベンチャーキャピタルの支援となります。

Persefoniは、ファイナンスド・エミッションのエンド・ツー・エンドのデジタル計算機能を市場に先駆けて提供したことにより、リーダー的地位を急速に強固なものにしています。資産運用会社、銀行などの金融機関が、温室効果ガスプロトコルとPCAF(パートナーシップ・フォー・カーボン・アカウンティング・フィナンシャルズ)の両方に完全に準拠した監査可能な方法でファイナンス・エミッション・フットプリントの計算を可能にしています。現在、世界の大手プライベート・エクイティ企業10社中4社、世界の大手銀行20社中4社が、Persefoniを利用したファイナンスド・エミッション・フットプリントの計算と開示を行っています。

同時にPersefoniは、製造業、農業、エネルギー、アパレル業、小売業、ソフトウェア、企業向けサービスなどの業界の企業と協力しています。市場初の『カーボンデータのためのERP』としてPersefoniのアプローチは、世界中の企業が、従来の手作業やコンサルタントに頼った方法よりもコストを抑えてカーボンフットプリントの計算と開示を行うことを可能にし、産出量に対する信頼性と透明性を徹底的に高めています。

Persefoniのプラットフォームは、国際的な絶対基準のサステナビリティ・フレームワークのみサポートしており、監査適合性の欠如による信頼低下や最終的に情報開示の問題を引き起こす独自の計算方法やデータソースはサポートしていません。

PersefoniのCEO兼共同創業者であるケンタロウ・カワモリは次のように述べています。「炭素や気候変動に関する情報開示は、サーベンス・オクスリー法(Sarbanes Oxley)やGDPR(EU一般データ保護規制)の制定以来で、最大のコンプライアンス市場となります。同市場には、日々新たな独自の方法論を生み出すデータやソフトウェア・ソリューションが溢れており、お客様はそのようなやり方に飽き飽きしています。私たちは、最高レベルの透明性と信頼性を実現するために、日々、世界有数の業界基準設定者や規制当局と協力しています。情報開示の要求が高まる中で、すべてのCEO、CFO、取締役の皆様はPersefoniのようなソリューションを求めています。なぜなら、Persefoniが企業のために作られたことをご存知だからです」

Persefoniは世界的に気候変動対策に取り組むことを目標に、気候テック業界におけるリーダーとしての地位を高めていきます。この度のシリーズBの投資で、調達した総資金は総額1億1,420万ドルに上ります。今回の資金調達の一環として、プレリュード・ベンチャーズのパートナーであるVictoria Beasleyと、TPGライズ・クライメイトの共同経営パートナーであるSteve Ellisが取締役に就任しました。

Beasleyは次のように述べています。「Persefoniは、将来のネットゼロエミッションの実施に注力しているプレリュードのミッションと非常に合致しています。2013年の創立以来、カーボンフットプリントを所有したいという企業のニーズにかなうソリューションを探してきました。この課題のため何十ものスタートアップを評価してきましたが、Persefoniチームの信念、マーケット戦略、長期的なビジョンに値する企業はありませんでした」

Ellisは、このように述べています。「サステナビリティゴールの実施を目指す企業にとって、Persefoniのようなテクノロジーが可能にしたインパクトのあるソリューションは、不可欠なツールになっています。根気のいる手作業だった排出量データの会計処理を合理化、デジタル化、自動化することで、Persefoniは気候変動が法的に財務情報開示の義務となりつつある時期に、サステナビリティ情報により信頼性と比較可能性をもたらします。カワモリとチームは、気候テック業界で卓越したグローバルSaaSビジネスを立ち上げています。プラットフォーム拡大を続ける同社を支援することを楽しみにしています」

戦略的パートナーシップ
PersefoniのシリーズB資金調達ラウンドは、ベイン・アンド・カンパニー、EDF、三井住友銀行との戦略的な企業提携を初めて実現したものです。

ベイン・アンド・カンパニーとPersefoniはプライベート・エクイティ市場に重要な脱炭素ソリューションを提供する初のパートナーシップを結んでおり、今回のラウンドで戦略的投資家として参加することを発表しました。

ベイン・アンド・カンパニーのCarbon Transition Impact Areaのグローバル代表CEOであるTorsten Lichtenauは、次のように述べています。「炭素取引ならびに投資家優先事項におけるベイン・アンド・カンパニーの専門性と、Persefoniの先端的なカーボン会計プラットフォームを対にして、ネットゼロを進めている当社のクライアントにかつてないソリューションを提供し、ソリューションは価値の創出に結びつき、根拠を明確にします。このパートナーシップは、当社のクライアントがカーボンインベントリを財務指標と同等の厳密さと透明性で管理することを可能にします」

EDF Pulse Holdingのコーポレイト・ベンチャーを通じてEDFグループも、Peserfoniに投資しています。EDFグループのチーフ・イノベーション・オフィサーであるJulien Villeretはこのように述べています。 「世界最大の低炭素エネルギー供給会社である当社のお客様は、当社が市場で最も優れた炭素ソリューションを紹介してくれると信頼しています。カーボンフットプリント削減のための最初のステップは、それを継続的に測定し、理解することであり、Persefoniのプラットフォーム以上に優れたテクノロジーはありません」

三井住友銀行の出資は、日本の金融庁が、2022年に東京証券取引所に上場する4,000社の企業に対し、二酸化炭素排出量の開示を義務付けることを示唆したタイミングと同じでした。今回の三井住友銀行との提携は、ネットゼロの実現に向けた取り組みや投資を行っている国内の明確なリーダーとして両社が日本および世界の銀行市場に革新をもたらすことを共同で表明するものです。 

また、Persefoniは、今後12ヶ月間で500万ドルの日本市場への初期投資を行い、製品機能をローカライズし、お客様やパートナーのサポート機能を迅速に拡大することを発表します。

製品発表
Persefoniは、2つの主要製品をリリースします:
  1. 2021年第1四半期に炭素会計プラットフォームを無償にします。中小企業のお客様は、自信と簡潔さをもって信頼性の高い温室効果ガスインベントリを、迅速に確実に作成することができます。
  2. 温暖化の軌跡モデル – Persefoniは、SBTイニシアティブ(SBTi)の温度スコアリングモデルを統合し、パリ協定の目標達成に向けた道筋を描く際に、1.5℃または2℃の想定温度上昇モデルを組織内で即座に作成できるようにします。

カワモリは次のように述べています。「Persefoniは、グローバル企業のカーボンフットプリントやファイナンスド・エミッションの計算において、最も複雑なユースケースを支援するために創設しました。本日、そのような革新的テクノロジーを、無償の製品でグローバルのより大規模な市場にお届けできることに胸が高まっています」


■Persefoniについて
Persefoniは、企業や金融サービス機関がカーボンフットプリントの測定、分析、計画、予測、報告を可能にするSaaS(クラウドサービス)企業です。Persefoniのプラットフォームは、AIを活用して、組織のサステナビリティパフォーマンススコアに文脈を与え、財務諸表と同様の厳密さで、カーボンに関する取引と一覧を管理できるようにします。Persefoniは、レポート制作会社、機関投資家双方に、完全なカーボンフットプリント管理システムを提供します。詳細は https://persefoni.com/ をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Persefoni AI, Inc. >
  3. 気候テックのSaaSスタートアップ企業Persefoni シリーズB資金調達ラウンドで1億100万ドル調達と無償のカーボン会計サービスを発表