東大発AIスタートアップ 燈、大成建設と新たな顧客価値の創造に向けた複数の協働プロジェクトを開始

建設業におけるDXを推進

東京大学発AIスタートアップ 燈株式会社(本社所在地:東京都文京区本郷、代表取締役社長:野呂 侑希、以下「燈」)と大成建設株式会社(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:相川 善郎、以下、「大成建設」)は、AI技術を中心としたテクノロジーの活用による新たな価値の提供を目的に、複数の協働プロジェクトを開始したことをお知らせいたします。本取り組みでは、BIM(Building Infomation Modeling)を基盤とした大成建設の事業領域の中から、燈の持つ最先端テクノロジーによってビジネス価値を最大化しうるプロジェクトテーマを抽出し、複数の協働プロジェクトで成果を追求して参ります。

燈では、「日本を照らす燈となる」というVISIONのもと、産業が抱える課題を起点にAI技術を基軸としたDXソリューションの提供に力を入れてまいりました。

今般、燈のAI技術を中心とした最先端テクノロジーと大成建設の業界における確かな知見・データの相乗作用による新たな価値の創出を目指し、複数の協働プロジェクトを開始することとなりました。現在我が国の産業は、サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させたシステムによって開かれるSociety 5.0の到来と共に、ビジネスモデルの変革期を迎えています。建設業においては、BIMを基盤とした新たなビジネスモデルの構築により、これまでにないイノベーションの可能性が開かれています。今回の提携によって、燈の最先端テクノロジーを新たな事業領域から実装し、さまざまな課題の解決に向け複数のプロジェクトにて協働してまいります。


大成建設 ソリューション営業本部 AI・IoTビジネス推進部長 上田よりコメント:
「大成建設は「人がいきいきとする環境を想像する」というグループ理念のもと、「進化し続けるThe CDEキューブカンパニー」を目指し、今大きく変化しようとしております。
この度の東京大学発のスタートアップ企業である燈株式会社と創業140年を超える大成建設株式会社との連携は、燈株式会社が有する高度なデジタル・AI技術の活用により、新たな価値創造を可能にしていくものであります。デジタル活用による新たなサービス創出に向けて、協力して進んでいく所存です。」

燈 CEO 野呂 侑希よりコメント:
「この度、大成建設様とのプロジェクトを通して建設業界DX推進に寄与することができ、大変光栄です。現在、建設業界においては職人の高齢化や書類業務の多さなど設計から維持管理までの業務プロセス内に様々な課題があります。今回開始した燈と大成建設様との複数の協働プロジェクトにおいては、多くのプロジェクトテーマ候補から、現場に対するインパクトが大きいものを徹底的に吟味し、開発を行ってまいりました。我々は技術という側面から課題に向き合い、大成建設様と共にAIを用いて顧客に感動的な体験を与えられるよう尽力いたします。」

■大成建設株式会社 会社概要
大成建設株式会社は、国内外における建築・土木の設計・施工、環境、エンジニアリング、原子力、都市開発、不動産など幅広い分野で事業を展開しています。自然との調和の中で、安全・安心で魅力ある空間と豊かな価値を生み出し、次世代のための夢と希望に溢れた地球社会づくりに取り組んでいきます。

代表者:代表取締役社長 相川 善郎
本社:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル
設立:1873年10月
URL:https://www.taisei.co.jp/

■燈株式会社 会社概要
燈株式会社は、産業が抱える課題を起点に、AIを中心とする最先端テクノロジーによって未来を実装する東京大学発のスタートアップです。最先端テクノロジーによって業務をリデザインし、人々の日常に感動を与えることに尽力します。「テクノロジーで人の日常に感動を」というミッションを掲げ、「SaaS事業」・「DXソリューション事業」の2つの事業を展開しております。

代表者:代表取締社長 野呂 侑希
所在地:東京都文京区本郷6-25-14 宗文館ビル3階 (HONGO EGG内)
設立:2021年2月
URL:https://akariinc.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
燈株式会社 DXソリューション事業部長 森 雄人
Email:yuto.mori@akariinc.co.jp

大成建設株式会社 ソリューション営業本部 AI・IoTビジネス推進部
企画管理室長 瀧上 嘉詞郎
Email:takigami@pub.taisei.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 燈株式会社 >
  3. 東大発AIスタートアップ 燈、大成建設と新たな顧客価値の創造に向けた複数の協働プロジェクトを開始