和歌山県広川町の歴史文化を活かしたまちづくりの推進へ

広川町及び紀陽銀行と包括連携協定を締結

株式会社つぎと(大阪市)は2022年5月10日、和歌山県有田郡広川町及び株式会社紀陽銀行(和歌山市)と共に、広川町における歴史文化等を活用した地域活性化を推進するため、三者による「和歌山県広川町の歴史文化を活用した地域活性化の推進に係る包括連携協定」を締結しました。今後、広川町の「古民家活用実施方針」に基づき、広川町の魅力ある歴史文化等を活用した地域活性化に取り組んでいきます。

 広川町は、かつては熊野路往還の地として賑わった文化融合の地であり、江戸時代から近代にかけての建物が残されている情緒豊かな地域です。また、安政南海地震による津波の教訓を活かした「津波と復興の記憶が生きる広川町の防災遺産」のストーリーが日本遺産登録されるなど、文化的な歴史にも非常に魅力あふれるまちです。
 本連携協定に沿って三者が協力して歴史的資源の活用を促進し、地域住民の生活環境との調和を図りながら、観光客の受け入れ態勢の整備や来訪者数の増加、滞在時間の伸長、雇用創出など広川町全体へ経済波及効果を生む事業の創出を目指します。

【連携協定について】
<締結日>
2022年5月10日
<締結者>
 広川町、株式会社紀陽銀行、株式会社つぎと
<目的>
広川町が2020年度に策定した「古民家活用実施方針」に基づき、広川町の歴史文化等を活用した地域活性化に資する事業活動を推進すること
<役割>
広川町:まちづくり計画策定や地元への周知を通じて、歴史的資源や特産物等を活かした観光振興を積極的に推進する。
株式会社紀陽銀行:歴史的資源の活用や観光関連事業に積極的に取り組む事業者に対する支援を行い、地域経済の活性化に貢献する。
株式会社つぎと:歴史的資源等を活用した観光振興及びまちづくり計画に基づく事業スキーム構築等を通じた事業推進に努める。

【株式会社つぎと概要】
会社名:株式会社つぎと
代表者:代表取締役 小田切俊彦
本社:大阪府貝塚市海塚一丁目1-23ポートフォリオ内
資本金:10,000,000円
事業内容:地域資源の調査、地域計画作成、資金調達、歴史的建築の設計監理、歴史的建築を活用した事業の創出及び運営、イベント企画運営など全国各地で古民家など地域資源を活用した観光、まちづくり、地域活性化に取り組んでいる。
URL:https://tsugito.co.jp/
facebook:https://www.facebook.com/TSUGITO.Inc


つぎとがまちづくり事業に携わるエリア(順不同)
【近畿地方】
<和歌山県>
 有田郡広川町、有田郡湯浅町、東牟婁郡串本町
<奈良県>
 磯城郡田原本町、奈良市、御所市、橿原市
<大阪府>
 貝塚市
【中部地方】
<岐阜県>
 美濃市
<愛知県>
 犬山市
【山陰地方】
<島根県>
 出雲市
【九州地方】
<福岡県>
八女市、うきは市
<熊本県>
 上益城郡益城町、上益城郡甲佐町、人吉市
<長崎県>
 長崎市、雲仙市
<鹿児島県>
 出水市
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社つぎと >
  3. 和歌山県広川町の歴史文化を活かしたまちづくりの推進へ