プロジェクター1台で映像空間!「お部屋マッパー」、JAPAN SHOP2022出展報告。

アズシス株式会社(東京都目黒区、代表取締役 東和信)は、2022年3月1日~ 3月4日まで東京ビックサイトにて開催された日経メッセ「JAPAN SHOP 2022」(主催:日本経済新聞社)に出展しました。ご来場いただきました皆様、並びにご協力いただきました関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

プロジェクター1台で部屋全体を映像空間へ変える、没入型映像空間マッピングシステムを展示。
独自開発の専用ミラーと映像補正ソフトウェアを用いることで、プロジェクター1台で4面投影(正面、左右、床もしくは天井)を可能にした「お部屋マッパー」は、VRゴーグルなしで360度映像、バーチャルリアリティを体感できるプロジェクションマッピングシステムとなっています。
JAPAN SHOP2022では没入型映像空間を皆様にご体験いただくため、木工で部屋を造作、天井にプロジェクターとミラーを設置し、正面・左右・床の4面に映像投影を行いました。

[JAPAN SHOP 2022 お部屋マッパーダイジェスト映像]
イマーシブ映像空間を動画でご覧ください。


今回、主催の日経新聞社のプレスリリース「開幕直前!注目の展示をご紹介」に弊社展示を[注目展示]として掲載いただき、更に日本経済新聞(3月3日朝刊)の記事内に弊社の取り組みをご掲載いただいたこともあり、ブースには多くの方にご来場いただきました。
ご来場いただいた皆様は共通して「新しいもの」を探されており、弊社ブースお部屋マッパーによるVRゴーグルを使わずにバーチャルリアリティを体験できる没入型映像空間にかなり興味を持っていただけました。
商業施設の建設・建築、病院関係、展示会装飾、イベント企画・制作、住宅販売、空間演出、セキュリティ関連、店舗運営、広告、教育など幅広い分野の方にご来場いただき、「すぐに導入したい」という嬉しいお言葉も多数いただけました。
ご多忙の中、弊社ブースにお越しいただいた皆様には感謝申し上げます。

【 お部屋マッパー導入事例 】

DX・x Rを推進する企業のラウンジ、官公庁のDXセンター、博物館、医療教育機関(大学)、観光協会、介護施設、企業PRイベントなど次々に導入されています。
現在、遠隔地との通信、店舗内演出、建築用CGの投影、リハビリ、ゲーム、メタバースなどへの活用のご相談もいただいております。

【 デモンストレーション 】
ショールーム(東京都目黒区)にてお部屋マッパーシステムを体験することができます。ご予約の上、お越しください。なお、投影したいコンテンツもお持ちいただければその場で投影することも可能です。動画形式などの指定がございますので事前にご相談ください。

【お問い合わせ先】
アズシス株式会社
東京都目黒区柿の木坂3-3-1 TRCビル3F
電話:03-5787-8872
メールアドレス:contact@azsys.co.jp
製品情報サイト:https://azsys.co.jp/products/room-mapper/
Twitterアドレス : https://twitter.com/AZSYS_Inc

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アズシス株式会社 >
  3. プロジェクター1台で映像空間!「お部屋マッパー」、JAPAN SHOP2022出展報告。