新規サービスや高付加価値化を実現するDX人材の育成を目的に、常陽銀行に「DX人財育成研修プログラム」を提供

〜Findability Sciencesの「DX人財育成研修プログラム」を選抜メンバーに実施〜

エンタープライズAIを提供するFindability Sciences株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:中林真人、以下「Findability」)は、株式会社 常陽銀行(本社:茨城県水戸市、取締役頭取:秋野哲也、以下「常陽銀行」)に向け、「DX人財育成研修プログラム」を提供したことをお知らせします。


「DX人財育成研修プログラム」は、Findabilityとソフトバンク株式会社が共同でソフトバンク社員向けに開発した、人工知能(AI)や統計学の実践的なスキルを習得できるAI講座のコンテンツを一部カスタマイズして構成したものです。

Findabilityは本取組にて、常陽銀行の人材育成テーマであるデジタルを活用した新しいサービス提供や従来のサービスの高付加価値化を実現するDX人材の育成を支援してまいります。


株式会社 常陽銀行 経営企画部 DX戦略室研修企画担当者 コメント
DX人材の育成を進めるにあたり様々な企業の研修コンテンツの情報収集を行いましたが、当行の状況に合わせてプログラムを検討頂いた点を魅力に感じ、Findabilityが提供するDX人材の育成に向けた第一弾の研修を実施いたしました。
この度、縁あってソフトバンクおよびFindability様のご協力を頂きながら人材育成を進められたことを大変嬉しく思います。

Findability Sciences株式会社  代表取締役社長 兼 CEO 中林真人 コメント
自社のビジネスドメインを理解し、デジタル技術を活用した課題解決に向けてソリューションを具体化、推進できるデジタル人材は、多くの企業で不足しております。この度、弊社が提供する「DX人財育成研修プログラム」を常陽銀行様に活用頂いたことを非常に嬉しく思っております。「DX人財育成研修プログラム」はDXに役立つテクノロジーやその活用事例を知る座学編、DXに関わる企画を推進する手順を学べるワークショップ編で構成しており、今後も継続的に改良、更新を図ってまいります。

 
<「DX人財育成研修プログラム」概要>
◆内容
・DX人材育成 アイデア創出ワークショップ(3日間)

 


<今後の予定>
・常陽銀行/めぶきフィナンシャルグループ「長期ビジョン2030第3次グループ中期経営計画」基本戦略3に則り、2021年度のDX人材育成ワークショップ実施を皮切りに、2022年度以降も継続的に実施予定。

■常陽銀行について(2022年4月現在)
会社名   :株式会社 常陽銀行
本店所在地 :茨城県水戸市南町2丁目5番5号
創立    :1935年7月30日
資本金   :851億円
取締役頭取 :秋野 哲也
<URL> https://www.joyobank.co.jp/



■Findability Sciencesについて
Findability Sciencesは、世界中の企業がデータの可能性を体現し、データを使いこなすための支援をするエンタープライズAIのリーディングカンパニーです。Findability Sciencesは、業界や地域を問わず、顧客がデータ活用・AI導入を加速し、独自のIPとデータサイエンススキルを構築するとともに、戦略的に財務ROIを向上させることを可能にします。Findability Sciencesの主力サービスであるAIプラットフォームのFindability.AIは、複雑で重要なビジネス上の課題を解決します。データを使いこなすための支援をすることで、企業のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Findability Sciences株式会社 >
  3. 新規サービスや高付加価値化を実現するDX人材の育成を目的に、常陽銀行に「DX人財育成研修プログラム」を提供