開港前後の横浜の歴史を居留地の遺跡と共に分かりやすく楽しめると好評の「タイムトラベルツアーマイナスY163 」が3月も開催

KAATフレンドシッププログラム  タイムトラベルツアーマイナスY163

3月19日(土)、20日(日)にKAATフレンドシッププログラムの一環として、かながわ考古学財団の天野賢一さんのガイドによる山下居留地遺跡を舞台にした横浜の開港時の様子を感じられるガイドツアーをKAAT神奈川芸術劇場およびその周辺で開催します。
KAATフレンドシッププログラム  タイムトラベルツアーマイナスY163
<概要>
2007年、KAAT神奈川芸術劇場とNHK横浜放送局の建物の建築工事の際、地面に外国商館と街路の姿が現れました。
かながわ考古学財団による発掘調査がおこなわれ、開港時の横浜外国人居留地の様子が明らかになりました。山下居留地遺跡を舞台にした「タイムトラベルツアーY163」では、今から163年前、開港当初の横浜へ、発掘調査を担当したかながわ考古学財団の天野賢一さんのガイドで1時間でいっきにさかのぼります。

<2月参加者の声>
地面の下の眠れる遺跡に感動しました。開発されないと眠ったまま、目にすることが出来ないので昔の横浜を妄想しながら街を歩くのも楽しそうだと思いました(50代女性)
横浜に住んでいても意外と横浜の歴史を知らないので、このように身近なところで歴史を感じられるイベントは楽しいです。(40代女性)

[開催日]
3/19(土)・20(日) *申し込み受付中
開催時間
①10:30~11:30
②13:00~14:00 子ども版タイムトラベルツアー
③15:00~16:00

[ガイド] (公財)かながわ考古学財団 天野賢一氏
[所要時間] 約60分
[事前予約] 必要 *お申し込みはKAATサイトの応募フォームから
      (https://www.kaat.jp/d/timetraveltour
[定員]   各回最大30名
[参加料]  無料

場所:KAAT神奈川芸術劇場 アトリウム
主催・企画製作:KAAT神奈川芸術劇場 公益財団法人神奈川芸術文化財団
共催:NHK横浜放送局  協力:公益財団法人かながわ考古学財団


<タイムトラベルツアーY163詳細>
●アトリウムでスライドを使った概要の説明のあと、ワイヤレスイヤホンガイドを装着し、外構を巡ります。
参加者同士の距離も保ちながら、屋外での説明の聞こえづらさも防ぎます。
●小学校3年生以上を対象とした子ども版ツアー開催
横浜の開港の歴史や考古学への興味の扉を開くとともに、県の文化施設に気軽に親子で来てくれることを目指しています。
●開港時の絵地図や遺跡の写真を載せた冊子を配付
昔の地図や写真を家に帰ってからも楽しめます。子ども版もあります。
●フレンドシッププログラムの目的のために
参加料無料。暗い客席に座り続けること苦手な方や車いすで段差が心配な方、小さなお子さんがいる方も安心して参加できるプログラムです。
●3月20日13時からの回は、聴覚に障がいがある方向けのツアーを開催
手話を理解する方のためには、手話通訳、文字情報の方が良い方には、
UDトークをつかった字幕提供を予定しています。(協力:神奈川県聴覚障害者連盟)


 


 <KAATフレンドシッププログラム>
KAATフレンドシッププログラムは、街の一部である劇場、街に飛び出す劇場、またあらゆる人々に「ひらかれた」劇場を目指し、外を歩く人々からも中を見渡せるKAATのアトリウムを会場として、演劇・音楽・ダンス・現代美術・トークイベントなど、様々な企画を開催していきます。より多くの皆さまに劇場に親しんでいただくこと、劇場を開かれた場にしていくことを目指したプロジェクトです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人神奈川芸術文化財団 >
  3. 開港前後の横浜の歴史を居留地の遺跡と共に分かりやすく楽しめると好評の「タイムトラベルツアーマイナスY163 」が3月も開催