三菱地所にてAnaplanを導入 海外不動産のポートフォリオ管理やIT予算管理を効率化

Anaplanは本日、日本最大級の不動産ディベロッパーである三菱地所株式会社(本店所在地:東京都千代田区)にて、海外不動産のポートフォリオ管理や予算管理、本社およびシステム子会社のIT投資予算管理プラットフォームとして、Anaplanが導入されたことを発表いたします。
Anaplan導入理由として、Anaplanプラットフォームのさまざまな業務に対応できる柔軟性、自社ニーズに合わせたアプリケーション開発の容易さ、分析結果がリアルタイムで確認できることなどが評価され導入に至りました。

三菱地所は1937年設立の不動産ディベロッパーとして、東京・丸の内に代表されるオフィスや商業施設の開発・賃貸・運営管理、収益用不動産の開発、住宅の開発・分譲、設計監理や不動産仲介、海外事業、エリアマネジメントのほか、ホテル開発・運営、空港事業など多岐にわたる事業を手掛けています。海外では、欧米やアジア・オセアニアにおける不動産開発事業の拡大に注力しています。
同社では今後、Anaplanを他事業部門におけるプランニング業務にも導入し、統合プランニングプラットフォームとして広く展開・活用することを検討しています。

Anaplanは、不動産業界のデジタルトランスフォーメーションを牽引されている三菱地所様をサポートできることを嬉しく思います。

Anaplanがグローバル企業の業務最適化を支援する仕組みの詳細については、https://www.anaplan.com/jp/customers/を参照してください。

Anaplan(アナプラン) について
Anaplan, Inc. (NYSE: PLAN) は、企業のビジネスの分析、計画、実行のための革新的な方法を提供します。今日のビジネスを前進させるためには、企業全体で戦略や計画を実行に結びつけることが必要不可欠です。Anaplan独自のHyperblock (TM) テクノロジーは、リアルタイムのパフォーマンスを分析し、将来の結果を予測することで、より迅速かつ確実な意思決定を可能にします。サンフランシスコに本社を置き、東京を含むアジア太平洋地域にオフィスを構えるAnaplanは、世界に175社以上のパートナーと1,900社以上の顧客を擁しています。
https://www.anaplan.com/jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Anaplan Japan株式会社 >
  3. 三菱地所にてAnaplanを導入 海外不動産のポートフォリオ管理やIT予算管理を効率化