【日本初】NFTゲームギルド「LGG」が、世界TOPギルドに認定~世界最大のNFTゲームギルド「YGG」も同時に認定~

~NFTゲーム市場の分析力、NFTゲームの攻略力、NFTゲームプレイヤーのサポート体制、日本でのNFTゲームの普及活動、社会貢献性が高評価~

LGG
LGGは「挑戦する大人を増やす」ことをミッションにしたNFTゲームギルドです。NFTゲームの普及を通じて、世界の貧困と雇用問題の解決を目指しています。

NFTゲームギルドは、新規ユーザーのNFTゲームプレイをサポートし、ユーザー・ゲーム会社・投資家やベンチャーキャピタル間の橋渡しをする、NFTゲームの普及の鍵となる存在です。

この度、世界中のNFTゲームギルド運営をサポートするサービス「ブロックチェーンスペース」の、世界各国のTOPギルドを選ぶ「Guild Partnership Program」にて、LGGが日本で唯一「世界TOPギルド」に選出されました。

同サービスは全世界約1.1万のゲームギルドと120万のユーザーにサービスを提供しています。
https://www.blockchainspace.asia/

またLGGはブロックチェーンスペースとの公式パートナーシップも締結しました。これによりLGGは、ブロックチェーンスペースの保有するNFTゲームギルドに関する豊富な知見と情報にアクセスでき、より多くの人々にNFTゲームで稼ぐ体験を提供できるようになります。

 

  • NFTアートとNFTゲーム
流行語大賞にノミネートされた「NFT」は、2021年に大きな話題となりました。

・デジタルアーティスト・BeepleのNFTデジタルアート作品が約75億円で落札
・Twitter創始者ジャック・ドーシー氏の最初のツイートが約3.16億円で落札
・NFTゲーム「アクシーインフィニティ」内の仮想の土地が約1.6億円で販売
・デジタルカードゲーム「NBA Top Shot」のデジタルカードが約2,100万円で販売
・日本人VRアーティストのせきぐちあいみさんのNFTアート作品が1,300万円で落札

これらの世界的な流行の中で、NFTマーケットは急激な成長を遂げました。


上図は2021年第3四半期までのデータですが、ブロックチェーンデータ会社のChainalysis社の最新レポートによれば、2021年のNFTの取引総額は約4兆7100億円に達したとのことで、これは2020年の約150倍です。

NFTにはアートとゲームという2大分野がありますが、話題の多くはNFTアートに関するもので、NFTゲームの話題はまだまだ多くありません。

日本におけるNFTゲームの話題でもっともインパクトがあったのは、日経新聞が取り上げた、コロナで経済困難に陥ったフィリピンの人々をNFTゲーム「アクシー・インフィニティ」が救った事例です。

ロックダウンによって収入が途絶えていた若者たちから火がつき、子どもをたくさん抱えたお母さんからお年寄りに至るまで、多くの人がアクシー・インフィニティで生活費を稼いでいる様子を紹介した、このドキュメンタリー動画が多くの人々の注目を集めました。
 


この「アクシー・インフィニティ」の大ヒットに大きく関わったのが、今回の「世界TOPギルド」にも認定された世界最大のNFTゲームギルド「Yiled Guild Games(YGG)」です。

 
  • NFTゲームギルドの役割
NFTゲームギルドとは、ゲームユーザー・ゲーム会社・投資家やベンチャーキャピタルなどの間に入って、橋渡しをする機能をもったコミュニティです。ゲームギルドには、一般的には以下のような社会的な役割があります。


1. 新規ユーザーのNFTゲームへの参入ハードルを下げる
暗号資産に慣れていない新規ユーザーにとって、メタマスクの設定や、ゲーム開始に必要なNFTの購入・海外取引所でのトークン購入などのプロセスは、ゲームを始めるにはあまりにも高いハードルです。

ゲームギルドは、こういった煩雑な手順をユーザーが煩わしく感じないよう、ゲームを始めるまでの道のりを丁寧にサポートします。

またゲーム開始に必要なNFTの費用が高いゲームでは、ゲームギルドがNFTを購入し、ゲームをやりたくてもできないユーザーに貸し出すスカラーシップという仕組みを通じて、新規ユーザーの初期投資リスクを、ゲームギルド側が負担します。

2. NFTゲームコミュニティの健全な成長を促す
現在のNFTゲーム業界は「ゲームの面白さ」よりも「お金が稼げるか?」が優先されています。

しかしNFTゲーム業界の健全な発展のためには、ゲーム会社とゲームギルドが手を組み、ゲームに愛情のあるユーザー育成を推進し、ゲームコミュニティの健全な成長をサポートできることが求められています。

3. ユーザーがNFTゲームを選択する際の判断材料を提供する
NFTゲーム業界は発展途上で、成功するモデルの試行錯誤が続いています。

経済圏が急速な伸び縮みを繰り返したり、ICOの時の様な詐欺的なプロジェクトが混じっていたりと、健全な経済圏モデルに移行する前の段階であるため、ギルドは市場にゲームの判断材料になるデータを提供する必要があります。

4. 投資家が安心して投資できるNFTゲームポートフォリオの作成
投資会社が優良な株式の銘柄を選定してポートフォリオを組むように、ゲームギルドも客観的なデータや投資経験をもとに、NFTゲームの目利きを行い、参入するNFTゲームのポートフォリオを組みます。

エンジェル投資家やベンチャーキャピタルは、このゲームギルドの「目利き」の力に投資を行います。
投資家からはゲームポートフォリオが中長期的に健全な成長を行っており、高い収益性を実現できていることが求められます。

5. スカラーシップでの持続可能な雇用機会を提供する
ゲームギルドの提供するスカラーシップ制度は多くの雇用を生み出すことができます。
また先ほど紹介したフィリピンの事例のように、多くの人に雇用機会を創出することにより、経済的困難な状態にある方々の貧困対策につなげることができます。

6. ゲーム会社に対して、NFTゲームに詳しいゲーマーやテスターを提供する
ゲームギルドはゲーム会社に対して、市場を深く理解しているプロゲーマーやプロテスターを提供し、新規NFTゲーム制作の参考になるよう、具体的な事例の紹介、緻密なテストレポートの提供を行います。

これらのサポートは、より良いゲームが作られる循環を生み出します。

7. 自社メディアの日本市場への影響力を持つ

上記のことを、広く世間に発信していくためには、自身のメディアを保有して積極的な情報発信を行い、メディアの影響力を高めていくことが必要です。

+++++++++

このようにNFTゲーム業界において、NFTゲームギルドの役割は非常に多岐にわたっており、NFTゲームがアクシー・インフィニティが半年間で売上を1,520倍に増やしたような成果を出すには、影響力を持ったNFTゲームギルドとの連携が欠かせません。


投資家もこの点に注目しており、アンドリーセン・ホロウィッツをはじめとしたベンチャーキャピタルが、YGGに約26億円の資金調達を行うなど、動きが活性化しています。

各種ギルドとその投資先(引用元:https://9gag.com/gag/avAnQ9X

またYGGの2021年2月時点の時価総額は約386億円(3億3300万米ドル)であり、日本の上場企業の上位300位前後に相当するなど、経済的な影響力も強まっています。
 
  • ブロックチェーンスペースとは?
ブロックチェーンスペースは、NFTゲームギルド運営をサポートするツールやインフラを提供する、グローバルサービスです。

 

ブロックチェーンスペースは2021年3月時点で、約1.1万のNFTゲームギルドと提携し、またゲームギルドを通じてサポートされているNFTゲームプレイヤーは約120万人に及びます。
 

ブロックチェーンスペースが提供している主なサービスは以下の通りです。

・プレイヤーの実績や稼いだ暗号資産の額を自動で測定し可視化できるツール
・世界中のゲームギルドとプレイヤーのビッグデータに基づいたレポート
・報酬の自動支払い、CRMツールなど、ギルド運営を効率化するツールの提供

・ゲームギルドのための融資サービス


また「Animoca Brands」や「Infinity VenturesCrypto」などのベンチャーキャピタルが、累計で375万ドル(約4.3億円)を投資するなど、ブロックチェーンスペースは全世界的に注目されている存在へと成長を続けています。

 

公式HP:https://www.blockchainspace.asia/
 

  • 世界TOPギルドの1つにLGGが認定

ブロックチェーンスペースは「Guild Partnership Program」という世界各国のトップギルドを選ぶプログラムを発表しました。

同プログラムは全世界に10万以上存在するNFTゲームギルドの中から、限られたギルドを「世界TOPギルド」と認定するプログラムで、LGGは日本市場をリードするギルドとして認定されました。

▼ブロックチェーンスペース CEO「Peter Ing」のコメント

『LGGは日本最大級のゲームギルドで、日本のGameFi市場をリードしています。LGGはNFTゲームが世界の貧困と雇用問題の解決策の一つであることを提唱しています。これらの資質は、私たちの価値観と一致しています。

私たちは、ギルドの大小を問わず、ギルドに力を与えることを目指します。
私たちは、「Play-to-Earn」コミュニティのギルドハブとして、この業界をリードするデータアグリゲータであることに誇りを持っています。
LGGは、日本のコミュニティと連携し、日本市場における「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」の機会を提供する貴重なパートナーです。』


またLGG以外には、以下のようなギルドが認定されています。

YGG /YGG SEA /Merit Circle/Unix Gaming/Babylons/Limitless Gaming Guild
Play4Change /Gamerspeak.io/Troy/Morfyus Gaming/BabyMoon Gaming Guild
Nova Guild Gaming/Dynamite Guild Gaming

YGGが約26億円の資金調達を受けたことは上述のとおりですが、Merit Circleが約5.2億円、Good Games Guildが約2億円の資金調達を受けるなど、NFTゲームギルド全体へのベンチャーキャピタルからの注目が高まっています。
 
  • ブロックチェーンスペースによるLGGの評価ポイント
認定に至った、評価ポイントの詳細は以下の通りです。

1:データドリブンなマーケット分析ができる自社ツールの開発を行っており、良質なゲームポートフォリオを作れること


LGGは、データドリブンなマーケット分析ができる自社ツールを開発しています。
各NFTゲームの暗号資産の値動き、プレイヤー数、SNSでのトレンドなどを複合的に解析し、良質なNFTゲームポートフォリオを作成しています。

「Play to Earn(遊んで稼ぐ)」を実現しているNFTゲームは世の中に多くありますが、そのゲーム選択において客観的な市場のデータを用いて参入を判断しているギルドの存在は、投資家にとって非常に魅力的です。

2:自社メディアの日本マーケットへの影響力をもっていること


LGGは、自身が提供する様々なチャネル(Webサイト、Twitter、YouTube、Discordなど)で、これからNFTゲームを始める人と、NFTゲームの熟練者の双方に役立つ情報を発信しています。
また各メディアとも日英の両言語で発信することで、より多くの方にNFTゲームの魅力や可能性を届けています。

自社メディア一覧:
・攻略サイト:https://blockchain-game.jp/
・Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCLgvCFepPrHFIfzW9tR4Flw
・CEO Twitter:https://twitter.com/Hosogane_LGG
・Discord:https://discord.com/invite/my7ZVPZkY4

日本のゲームは海外からも高く評価されています。海外のゲーム会社が日本に参入する際に、より多くの日本人に深くリーチできるコミュニティを持っているLGGの強みが、ブロックチェーンスペースに評価されました。

3:NFTゲームのプロゲーマーやプロテスター・データ分析チームの存在


LGGではNFTゲームの分野に精通したプロのゲーマーやテスターが、精度の高いゲーム検証を提供します。

彼らは、ワインの良し悪しをプロフェッショナルの観点から判断するソムリエのように、NFTゲームの良し悪しを判断するNFTゲームの専門家として機能しています。

 

これらのプロチームは、既存のゲーム企業が新しくNFTゲームを開発した際のアドバイザーとしても活躍し、ゲーム会社への良質なフィードバック、アドバイス、テスターの提供を行うことができます。

4:ゲームに愛情を持った、ゲーム会社のゲームコミュニティ形成促進を支援していること


従来のゲームのようにファンに長く愛されるゲームを作っていくためには、ゲーム会社とゲームギルドがパートナーシップを組み、ロイヤリティの高い健全なゲームコミュニティを形成していく必要があります。

LGGでは、TwitterとDiscordを使った、各ゲームのコミュニティ形成に力を入れています。

Twitterはハッシュタグなどを用いて、新規ユーザー向けにそのゲームを認知させ、Discordでは、そのゲームのユーザー同士でのコミュニケーションを深めてもらう、という「外側と内側」の両方で、取り組むゲームを盛り上げています。
 

5:スカラーシップを通じた社会貢献活動の実施


LGGはスカラーシップの枠組みを、シングルマザーの経済支援や、ウクライナの戦後復興のために使うことを計画しています。
これまでもフィリピンのスーパー台風時に、スカラーシップに参加しているフィリピン人とその家族に、暗号資産を義援金として、個人に直接送金するという支援を行いました。
 

国境を超えて即座に、銀行やNPOなどを介さずに、個人に直接義援金を送金できたことで、従来型の支援と異なる「てざわり感のある」支援を実現することができました。
 

このような社会貢献活動やESGに関する取り組みもブロックチェーンスペースから高い評価を受けました。
 
  • LGGとブロックチェーンスペースの公式パートナーシップで何ができるか?
LGGはブロックチェーンスペースとの公式パートナーシップにより、ブロックチェーンスペースが保有する膨大なデータベースへのアクセス、市場に流通していない最新情報の取得、リリースされていないNFTゲームの調査・分析などが可能になります。

 

公式パートナーシップによってLGGは、下記を実現させていきます。

・世界中のゲームギルドとの情報共有によって、NFTゲーム業界における日本と世界の情報の乖離をできるだけ小さくすること
・より良いNFTゲームの選定し、ユーザーにとって安全性の高く、熱中できるゲームを流通させ、市場の安定性や健全な発展を促すこと
・日本の大手ゲーム会社がNFTゲームを開発・流通させる際に、市場全体から見た俯瞰的・具体的なアドバイスをすること
・海外のゲーム会社が、NFTゲームを日本市場に流通させる際の、橋渡しになること

ゲーム会社の方や、NFTゲームへの参入に興味がある方、投資家の方でゲームギルドへの投資に興味のある方など、LGGとの提携にご興味があれば、下記までご連絡ください。

LCA GAME GUILD
広報担当:稲葉友輔
info@blockchain-game.jp


▼▼▼LGG(LCA Game Guild)▼▼▼

LGGは「挑戦する大人を増やす」ことをミッションにしたゲームギルドです。
自分の好きなことに挑戦する大人を増やすためには、「お金がない」と「時間がない」の両方の問題を解決する必要があります。
私たちは、隙間時間でも行えるNFTゲームで、収入を得られる人を増やすことができる仕組みや情報を提供しています。
そして関わる人々の経済的な発展や、経済的困難の解決に貢献していきます。

代表者:細金 恒希
所在地:東京都渋谷区桜丘町4番14号 VORT渋谷桜丘9階
設立: 2019年5月

事業内容:
・GameFiマーケットの分析
・次に流行するNFTゲームのリサーチ
・NFTゲームの検証と攻略方法の提供
・運営メディアでの情報配信
・NFTゲーム開発へのコンサルティング
・スカラーシップ制度の提供と運営
 

自社メディア一覧:
・公式サイト:https://scholarship.lca.tokyo
・攻略サイト:https://blockchain-game.jp/
・CEO Twitter:https://twitter.com/Hosogane_LGG
・note:https://note.com/lca_game_guild
・Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCLgvCFepPrHFIfzW9tR4Flw
・Discord(※):https://discord.com/invite/my7ZVPZkY4
 ※リンクをクリック後、メールアドレスとパスワードを設定すると参加できます。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LGG >
  3. 【日本初】NFTゲームギルド「LGG」が、世界TOPギルドに認定~世界最大のNFTゲームギルド「YGG」も同時に認定~