熱海のローカルな魅力にふれる体験型コンテンツ!「熱海おんぱく2023~熱海温故知新博覧会~」が開催決定!

2022年12月1日より予約開始。「今」の熱海を深堀。地域活性化を目指し、10年ぶりに復活!

株式会社machimori(マチモリ)(本社:静岡県熱海市、代表取締役:市来広一郎)は、2023年1月7日~2023年2月5日の期間で、「熱海おんぱく2023~熱海温故知新博覧会~」(以下、「熱海おんぱく2023」)を開催、2022年12月1日より各プログラムの予約を開始することをお知らせいたします。今後の熱海を活性化する施策の一つとして推進してまいります。
(公式HP:https://atami-onpaku.com/


■開催の背景
 熱海市では、2009年から2011年にかけて、地域の魅力を創造・発信する取り組みとして、地域体験型コンテンツ「オンたま(温泉玉手箱)」を開催していました。当時、熱海に住んでいる人が熱海の魅力に気づいていない、という課題から、地元民がガイドをする側・される側として参加。200以上の体験プログラムを企画することで、地元民が熱海の魅力を再発見する機会となり、街全体で熱海を盛り上げるきっかけにもなりました。そこから約10年、現在熱海の観光客はより増加し、移住定住や多拠点生活等を送る人も増え、様々な人々が関わる街へと変化を遂げています。改めて、地元民が『今』の熱海の魅力を深堀し、地元内だけにとどまらず地域外の人々との関わり強化も目指すため「オンたま」を復活することと致しました。過去の「オンたま」での実績や発見できた魅力を基に『今』の熱海の良さを考える、「温故知新」をスローガンに。「熱海温故知新博覧会」を略しイベントタイトルも『おんぱく』へと変更致しました。

■熱海おんぱく2023のコンセプト
 熱海おんぱく2023は、『旅と熱海と、暮らしと、私と。』をコンセプトに、「観光」にとどまらないローカルな熱海の魅力を体験していただくプログラム構成としています。多様化する地域とのかかわり方、熱海での暮らしの魅力や、偶発的な人や地域資源との出会いを感じていただきたいという想いからこのコンセプトを設定しています。また、観光だけではなく日常的な熱海を知ってもらいたく、日記を見ているような暖かい印象を持ってもらえるような手書き風タッチのロゴを作成。あえて青色を使わず、海以外にも、熱海には素敵なモノがたくさんあることを知って欲しいという想いを込めました。

 

 

 

大きなコンセプトに基づき、プログラムについては①街を楽しむ、②自然で過ごす、③食文化に触れる、④アートで感じるという4つのテーマで地元の協力パートナーとともに実行プログラムを考案しました。

■各プログラムのポイント

①街を楽しむ
温泉や街の歴史、文化などの地域資源を発掘して、熱海の観光だけではない一面を体験していただきます。ローカルなものに視点をフォーカスさせ、『熱海の暮らし』を発見ができる体験プログラムです。例えば、ゲストハウスMARUYAのスタッフが提供するまち歩きは、観光ガイドに掲載のない路地スポット探索や、名物店主との交流などユニークな体験ができます。また、芸者さんとの交流をしながらのランチ体験では、熱海の古くから伝わる文化を体感することもできます。

 

 

②自然で過ごす
『自然』を日々の暮らしに取り入れられる場所が、中心部から少し離れた場所にはあります。自然の力を体感し、自分の生活の一部に取り入れるきっかけとなるような体験プログラムです。ロードバイクやロゲイニング※など、雄大な自然を感じられるプログラムから、伊豆多賀への移住された方のお宅訪問ツアーなど、リアルな生活に触れることができる内容になっています。
※ロゲイニングとは地図、コンパスを使って、山野に多数設置されたチェックポイントをできるだけ多く制限時間内にまわり、得られた点数を競う野外アクティビティです。

③食文化に触れる
熱海の『食文化』がどうやって生まれているのか、を体感しながら、食の成り立ちを身近に感じられるプログラムです。熱海で穫れる食材を活用した料理について、新しい気づきがある体験ができます。熱海の魅力の1つでもある干物やお造りを、地元の方と一緒に捌いたりセリに参加することで、食の大切さに気づくとともに食文化の継承を目指したコンテンツです。

④アートで感じる
『熱海×アート』という普段とは異なる発想で、自分やまちを見直す体験ができます。アートを通じて新しい角度でのまちの見方などを感じていただけるプログラムです。街に出て得られた感性を生かしてワークショップを行ったり、心を澄まして一輪挿しを体験することで、熱海おんぱくでしか得られないコンテンツに触れることができます。

【熱海おんぱく2023~熱海温故知新博覧会~ 概要】
●名称:熱海おんぱく2023~熱海温故知新博覧会~
●公式HP:https://atami-onpaku.com/
●実施期間:2023年1月7日(土)~2023年2月5日(日)
●予約開始:2023年12月1日(※プログラムによっては開始日が異なる可能性があります。)
●主催:株式会社machimori
●協賛:熱海商工会議所、一般社団法人熱海市観光協会、熱海温泉ホテル旅館協同組合

【machimoriについて】 
■会社名     株式会社machimori                


■住所      静岡県熱海市銀座町6-6 サトウ椿ビル2F       
■設⽴      2011年10⽉7⽇
■URL    http://machimori.jp/

■事業内容
・熱海の中⼼市街地再⽣のための事業
・エリア・ファシリティ・マネジメント事業(ビル共同化管理事業)
・飲⾷店・宿泊業経営
・遊休不動産のリノベーションによる事業開発・転貸、店舗・住宅デザイン
・企業・⾏政向け⼈材育成事業
■ミッション
100年後も豊かな暮らしができるまちをつくる⼈財育成を通して、
経済、社会、⾃然、文化資本を再⽣し、持続可能な地域社会をつくる
                            


【代表】市来 広一郎
1979年静岡県熱海⽣まれ、熱海育ち。
東京都⽴⼤学⼤学院 理学研究科(物理学)修了。
IBMビジネスコンサルティングサービス(現⽇本IBM)に勤務した後、
2007年に熱海にUターンし、ゼロから地域づくりに取り組み始める。
様々な形で熱海のリノベーションまちづくりに取り組んでいる。
⼀般社団法⼈オンパク 理事/⼀般社団法⼈⽇本まちやど協会 理事
⼀般社団法⼈熱海市観光協会 理事
著書「熱海の奇跡〜いかにして活気を取り戻したのか〜」(東洋経済新報社)

 





 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社machimori >
  3. 熱海のローカルな魅力にふれる体験型コンテンツ!「熱海おんぱく2023~熱海温故知新博覧会~」が開催決定!