国内最大の小学生向けプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2022」エントリー受付開始

〜協賛企業各社からの副賞・プレゼント、無料ワークショップの開催が決定〜

​小学生向けプログラミング教育事業の株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、全国No.1小学生プログラマーを決めるプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2022」(読み:テックキッズグランプリ)のエントリー受付を本日2022年7月1日(金)より開始したことをお知らせいたします。
また協賛企業各社からの副賞・プレゼントの詳細や、無料ワークショップの開催も発表いたします。


「Tech Kids Grand Prix」は、『21世紀を創るのは、君たちだ。』 をスローガンに掲げる、これからの時代を担っていくすべての小学生に向けたプログラミングコンテストです。
この度、当コンテストに挑戦するキッズプログラマーたちに贈呈する賞金やプレゼントの内容を決定しましたので発表いたします。「Tech Kids Grand Prix 2022」の本選決勝では、ファイナリストの中から上位4名へ賞金総額100万円を贈呈します。グランプリ1名には賞金40万円を贈呈するほか、当コンテストの審査項目である3つの観点(VISION、PRODUCT、PRESENTATION)における賞も新設いたしました。また、審査員が独自の観点で選ぶ協賛企業賞が5名に贈られます。さらに、作品提出者全員への「参加証明書」等、挑戦する子どもたちに向けたさまざまなプレゼントをご用意しております。

今年度大会より全国47都道府県を北海道東北、関東、中部、近畿、中四国、九州沖縄の6つのエリアに分け「エリア予選」を新たに行うことを6月13日(月)に発表しました。6つのエリアでは、Diamond Sponsorであり、「ウマ娘 プリティータービー」など数々の人気タイトルを生み出している株式会社Cygamesのサポートのもと、コンテスト応募者に向けた無料のオンラインプログラミングワークショップを開催いたします。ワークショップでは、ゲームの開発に加え、作品をさらに面白くするための仕上げのコツやポイントを学びます。

 
  • 「Tech Kids Grand Prix 2022」賞金、副賞およびプレゼント一覧(一部抜粋)
※2022年7月1日現在の内容です。事前の告知なく変更・追加が発生する可能性がございます。

■Tech Kids Grand Prix 2022賞金(上位4名に贈呈)
本年より、第1位に加えて、新たに当コンテストの審査項目である「VISION(掲げる夢や実現したい世界観)」「PRODUCT(夢を実現するクリエイティブなアイデアとそれを体現した作品)」「PRESENTATION(自身のビジョンやプロダクトを社会に発信していく姿勢 )」の名を冠した賞を新たに設置いたします。 新たに設置された3賞は、それぞれの観点で特に優れたファイナリストや作品に贈られます。

・第1位          : 40万円
・VISION AWARD     : 20万円
・PRODUCT AWARD    : 20万円
・PRESENTATION AWARD : 20万円



■協賛企業賞(ファイナリスト10名より選出される受賞者に贈呈)
・株式会社Cygames「Cygames賞」1名:
デジタルガジェット等(受賞者と面談の上決定 / 過去の例 : 3Dプリンター、プログラミングスクール3ヶ月体験入学)

・Facebook Japan株式会社「Facebook賞」1名:
Facebook/Instagramオリジナルグッズ

・東急株式会社「東急賞」1名:
東急ホテルズギフトカード

・日本マイクロソフト株式会社「マイクロソフト賞」1名 :
オリジナルグッズ

・株式会社サイバーエージェント「CyberAgent賞」1名:
ABEMAリモコンボタン搭載大型テレビ

・「Tech Kids Grand Prix 2022」 TOP10 認定証・公式認定ステッカー



■「TOP300」(上位300名の方全員へ贈呈)
・ソフトバンク株式会社:ソフトバンク オリジナルグッズ
・株式会社ジンズ:JINS製品
・コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社:コカ・コーラ製品
・江崎グリコ株式会社:グリコ製品
・「Tech Kids Grand Prix 2022」 TOP300 認定証・公式認定ステッカー



■参加賞(作品提出者全員へ贈呈)
・「Tech Kids Grand Prix 2022参加証明書」とともに作品へのフィードバック (メールにて送付)



■各種プログラミング学習ツール・開発環境が選定する賞
・DeNA「プログラミングゼミ賞」
プログラミングゼミを用いて開発された作品から30名: Amazonギフト券 他

・ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社「Unity賞」
Unityを用いて開発された作品から10名~: Amazonギフト券 / Unityグッズ 他

・株式会社キュレオ「QUREO賞」
QUREOを用いて開発された作品から10名+各都道府県毎に若干名ずつ: Apple Gift Card 他

※AmazonはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※当コンテストは、Amazon及びAmazon.com, Inc.またはその関連会社の提供・協賛によるものではありません。
※Apple Gift Cardは、Apple Japan合同会社が発行および提供するものです。
※当コンテストはApple Inc.及びApple Japan合同会社の提供・協賛によるものではありません。


 
  • Cygames presents 「Tech Kids Grand Prix 2022」オンラインプログラミングワークショップ

・日時 : 8月18日(木)〜 8月20日(土)それぞれ10:00-12:00 / 13:00-15:00
・定員 : 各回30名ずつ
・対象 : 小学4〜6年生
・内容 : 「Scratch」を用いたゲームの制作およびコンテスト応募に関するご案内
・お申し込み期間 : 7月8日(金)〜 8月5日(金)

※詳細はTech Kids Grand Prix 2022のHPにて後日発表いたします。
※本ワークショップへのご参加には「Tech Kids Grand Prix 2022」へのエントリーが必須となります。


 
  • 「Tech Kids Grand Prix 2022」開催概要
対象 すべての小学生(生年月日が2010年4月2日~2016年4月1日の方)
募集作品 コンピュータプログラミングを用いて開発されたオリジナル作品
※未発表または2021年12月7日以降に発表され、一般的なPCやスマートフォンで動作可能な作品に限る
※ロボットや電子工作等、特殊なハードウェアを必要とする作品は応募不可
言語 指定なし
表彰 優勝、VISION AWARD、PRODUCT AWARD、PRESENTATION AWARD、協賛企業賞
賞金 総額100万円
詳細 HPをご覧ください
https://techkidsschool.jp/grandprix/
主催 小学生のためのプログラミングスクール Tech Kids School
協賛 株式会社Cygames、Facebook Japan株式会社、グーグル合同会社、ヤフー株式会社、一般財団法人LINEみらい財団、Twitter Japan株式会社、日本マイクロソフト株式会社、東急株式会社、GMOインターネット株式会社、アドビ株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社サイバーエージェント、公益財団法人 孫正義育英財団、株式会社ジンズ、株式会社バンダイ、株式会社ミクシィ、株式会社オービックビジネスコンサルタント、株式会社JTB、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、江崎グリコ株式会社、株式会社ディー・エヌ・エー、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社、株式会社キュレオ
後援 一般社団法人新経済連盟、楽天グループ株式会社、香川県高松市、香川県善通寺市、佐賀県伊万里市、長崎県島原市、大分県、鹿児島県徳之島町、沖縄県国頭村教育委員会、沖縄県うるま市教育委員会、沖縄県那覇市

 


  • スケジュール
7月1日(金) エントリー・作品応募受付開始
9月30日(金) エントリー・作品応募締め切り
10月-11月
 
エリア予選
12月 各エリア代表選手決定
2023年2月26日(日) 本選決勝プレゼンテーション
(会場:渋谷ヒカリエ9Fヒカリエホール ホールB)
※オンライン等での開催の可能性もございます

 



 
  • 株式会社CA Tech Kidsについて

当社は2013年の設立より、直営教室として小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School(テックキッズスクール) 」https://techkidsschool.jp/ を運営しています。プログラミングの基礎から本格的なプログラミング技術を学習するコースを体系的に提供し、iPhoneアプリをリリースする生徒や各種プログラミングコンテストでの受賞者を毎年輩出しております。また、全国より3,000人以上の応募が集まる国内最大の小学生プログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix」の開催や、多様な企業・団体とのコラボレーション企画のほか、地方や公教育のプログラミング教育支援など多面的に展開しています。
2019年には、個別指導事業などを展開する株式会社スプリックスとの合弁会社として株式会社キュレオを設立し、独自の教材を全国の塾事業者へ提供する「QUREOプログラミング教室」https://qureo.jp/ の運営を開始しました。現在では47都道府県に2,700教室以上を展開し、小学生向けプログラミング教室数国内No.1(※)の規模を誇ります。プログラミング初心者のお子さまに向けて、全国各地で本格的なプログラミング学習を提供しております。

※小学生対象のプログラミング教室事業者(アプリケーションやゲームの開発を主とするソフトウェアプログラミング系およびロボットプログラミング系を含む)において、プログラミング教室掲載数No.1比較サイト「コエテコ」または各社ホームページにて公開されている教室数を当社にて調査した結果(2022年3月時点)

 

  • 株式会社CA Tech Kids 概要
社名 株式会社CA Tech Kids
https://techkidsschool.jp/company/
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア
代表者 代表取締役社長 上野 朝大
事業内容 小学生向けプログラミング教育事業
関連会社 株式会社キュレオ
https://qureo.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CA Tech Kids >
  3. 国内最大の小学生向けプログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2022」エントリー受付開始