電子レシートの「レシートローラー」が「LINEミニアプリ」で提供開始

ユーザーはアプリインストールや事前登録の必要なく、電子レシートを利用できるようになります。

電子レシートサービスを提供し、紙レシート削減を目指す株式会社レシートローラー(本社:長野県上水内郡飯綱町大字高坂字中原1300-28:代表取締役CEO:下田昌平)は、この度電子レシートアプリ「レシートローラー」をログインや事前登録不要で使うことができるLINEミニアプリでリリースしたことをお知らせいたします。今回リリースされたLINEミニアプリにて電子レシートの受信を可能にするだけでなく、紙レシートや領収書を電子化する機能も備えております。
レシートローラーでは電子レシートの普及のために、既存のPOSや決済システムとAPI連携をすることで、証明購入及び支払証明の情報を電子化し、購入者のスマホにデジタルデータのまま届ける仕組みを構築しています。購入者であるユーザーが使い慣れたアプリ上で電子レシートの受信ができるようにするため、第1弾としてLINEのミニアプリ(「LINE」アプリ上で企業の自社サービスを提供可能にするウェブアプリケーション)の中でサービスの提供を開始しました。これにより、ユーザーはアプリインストールや事前登録の必要なく、電子レシートを利用できるようになります。

 今回リリースしたアプリでは下記の機能がご利用いただけます。
  • 当月の電子レシート一覧の表示、区分ごとの半円グラフ
  • 利用月の一覧、利用月を指定しての月毎の電子レシート一覧の表示、区分ごとの半円グラフ
  • レシート領収書のアップロード



今後LINEミニアプリ上で下記の機能をリリースしていく予定です。
  • 外部会計システム連携管理
  • 電子レシート受信方法の管理
  • 有料プランの管理 

連携方法

下記のURLまたはQRコードを使って利用することができます。

 https://liff.line.me/1657269219-g1ZonnWy


株式会社レシートローラー

 株式会社レシートローラーは、「紙レシートの削減」をミッションに事業を進めています。そのために連携POS(レジ)から電子レシートを発行するための仕組みを開発し提供しています。消費者の方は指定したチャネル(LINE、メール、SMS等)から、無料で電子レシートを受けとることができ、販売者の方はご利用のPOSとレシートローラーを連携させることで、紙レシートに代えて電子レシートを発行できるようになります。また、購入者は発行された電子レシートを会計システムと連携させることで、経費精算の自動化と効率化を実現することができます。

レシートローラーでは購入証明、決済証明として必要とされる機能の提供はもちろん、精算業務の効率化を図ることで、利用者、販売者双方の立場からストレスなく電子レシートの導入を推進して頂ける環境作りを目指しています。

会社概要

社名
株式会社レシートローラー

本社住所
長野県上水内郡飯綱町大字高坂字中原1300-28

代表取締役
下田昌平

事業内容
購入証明及び履歴の電子化
電子レシートトプラットフォーム、レシートローラーの運営

設立
2022年8月

ホームページ
https://receiptroller.com/ja
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レシートローラー >
  3. 電子レシートの「レシートローラー」が「LINEミニアプリ」で提供開始