プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

デジタルインボイス推進協議会
会社概要

EIPA会員間 の相互接続テストの結果の公表について

-異なるベンダー間でのデジタルインボイス(Peppol e-invoice)の相互接続テストを実施しました-

デジタルインボイス推進協議会


各 位
                                                                                                                  2024年6月27日
                                                                                  デジタルインボイス推進協議会(EIPA)


                               EIPA会員間 の相互接続テストの結果の公表について
-異なるベンダー間でのデジタルインボイス(Peppol e-invoice)の相互接続テストを実施しました-


デジタルインボイス推進協議会(以下、EIPA(エイパ)、代表幹事法人:株式会社TKC)は、EIPA会員間で
実施した相互接続テストの結果についてお知らせします。

「Peppol(ペポル)」は、インボイスなどの電子文書をネットワーク上で授受するための国際的な標準規格です。欧州各国をはじめ、シンガポール、オーストラリアなどで採用されており、Peppol e-invoice(ペポルeインボイス、「Peppol」のネットワークを介して送受信するデジタルインボイス)の普及が国際的に進んでいます。

多くの事業者の皆さまにデジタルインボイス(Peppol e-invoice)を安心して採用して頂けるようにするため、2024年4月以降、EIPA会員である日本の認定Peppol Service Provider数社が協力し、EIPA会員各社が提供するシステムまたはサービス間での相互接続テストを実施しました。本テストにはEIPA会員有志 23社(※1)が参加しました。
※1 参加会社(サービス)名 (50音順、株式会社は省略)

アイ・ジェイ・エス

Datajust B.V.(Storecove)

ウイングアーク1st

エッサム

日本電気(NEC)

OSK

応研

オージス総研

オービックビジネスコンサルタント

キヤノンITソリューションズ

GRANDIT

セイコーソリューションズ

TKC

ファーストアカウンティング

ピー・シー・エー

ビジネスエンジニアリング

富士通Japan

マネーフォワード

ミライコミュニケーションネットワーク

ミロク情報サービス

弥生

ラディックス

ワークスアプリケーションズ


今回のテスト(※2)では、相互接続テストを433件実施し、すべて成功致しました。
※2 今回のテストで利用したバージョン : Peppol BIS Standard Invoice JP PINT Version 1.0.2
        (消費税の適格請求書等保存方式における「適格請求書」に対応)

今回の相互接続テストに関し、デジタル庁国民向けサービスグループ企画官(Japan Peppol Authority責任者) 加藤 博之様より、以下のコメントを頂いております。
「今般の取組は、データの送受信だけにとどまらず、各社が提供するシステム・サービスにおける自動処理の確認までテストしたことが評価ポイントです。引き続き、Peppol e-invoice対応のシステム・サービスの充実に向け取り組んでいただければと思います。」

Peppol e-invoiceの仕組みを通じて、国内外の取引相手との間でデジタルの請求書をオンラインで円滑に授受できるようになります。その結果、ペーパーレスでのインボイス制度対応はもちろん、業務プロセスの自動化など「デジタル化」につながり、事業者は請求、支払、記帳業務で圧倒的な効率化と正確な処理を実現できるようになり、生産性を向上できます。

EIPAでは日本におけるデジタルインボイス(Peppol e-invoice)のさらなる普及のため、今後とも日本の認定Peppol Service Providerが実施する相互接続テストと情報連携して参ります。

以上


■デジタルインボイス推進協議会 概要

団体名

   

デジタルインボイス推進協議会(英語名称 : E-Invoice  Promotion Association)

  

設立日

2020年7月29日

所在地

東京都港区赤坂 1-3-6 赤坂グレースビル 4F (一般社団法人ソフトウェア協会内)

代表幹事法人

株式会社TKC

幹事法人

株式会社インフォマート

ウイングアーク1st株式会社

SAPジャパン株式会社

株式会社オービックビジネスコンサルタント
Sansan株式会社

株式会社TKC

株式会社マネーフォワード

株式会社ミロク情報サービス

弥生株式会社

株式会社ワークスアプリケーションズ

 (法人名 50音順)

監事

水谷 学 (公認会計士 水谷学事務所 所長)

磯部 和郎 (税理士 磯部和郎事務所 所長)

会員数

194社、9名(内:正会員186社、特別会員(団体)8社、特別会員(個人)9名)

 * 会員一覧 https://www.saj.or.jp/documents/activity/project/eipa/eipa_memberlist.pdf

URL

https://www.eipa.jp/home

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。


種類
その他
関連リンク
https://www.eipa.jp/home
ダウンロード
プレスリリース添付資料.pdf

会社概要

デジタルインボイス推進協議会

0フォロワー

RSS
URL
https://www.eipa.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区赤坂 1-3-6 赤坂グレースビル 4F (一般社団法人ソフトウェア協会内)
電話番号
-
代表者名
飯塚 真規
上場
未上場
資本金
-
設立
2020年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード