データ保護ソフト 「ファイル・カテナチオ」を発売

~ 見た目は「空(から)のフォルダ」でも実は… ~

アール・アイ、データ保護ソフト「ファイル・カテナチオ」を2013年2月15日に発売
main image

ソフトメーカーの株式会社アール・アイ(東京都千代田区 代表取締役:小川 敦)は、PC内部に秘密基地をつくるデータ保護ソフト「ファイル・カテナチオ」を2013年2月15日(金)に発売いたします。本ソフトウェアがつくる「隠し部屋」という特殊なフォルダはエクスプローラから見えず、通常操作では絶対にアクセスできません。また、上位フォルダのサイズすら変わらないなど重要データの保護を徹底追求した仕様となっています。価格は8,190円(税込)でアール・アイWebサイトまたはWebサイト記載の販売パートナー経由にて販売いたします。
※アール・アイWebサイト (http://www.ri-ir.co.jp/product/file_catenaccio/license.html

※アール・アイ 販売パートナー一覧 (http://www.ri-ir.co.jp/partner/index.html

 

■製品ラインナップ
ファイル・カテナチオ 定価8,190円(税込)

ファイル・カテナチオ 10ライセンスパック 定価73,500円(税込)

 

■ファイル・カテナチオの概要
ファイル・カテナチオとは、各種文書ファイルや動画・画像等のデータを「隠し部屋」という特殊なフォルダに隠したままで文書の編集や動画再生・画像表示を可能にするソフトウェアです。隠し部屋の中身は、「カテナチオファイラー」という独自のファイラーによって操作・閲覧することができます。

 

■ファイル・カテナチオの使い方
①秘密のアクションの入力
タスクトレイに現れる「Security Guard」という謎のアイコンをトリプルクリックするとコマンド入力画面が出現します。(クリックやダブルクリックでは何も反応しません)

②隠しコマンドの入力
「↑↑↓↓←→←→BA」 や 「Alt Ctrl Shift Esc F1 Backspace Enter」 など、アルファベットや数字以外の複雑なコマンド設定ができます。

③ドラッグ&ドロップ

カテナチオファイラーが一旦開いてしまえば使い方は簡単です。隠したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするなど直感的に使えます。

 

■動作要件
対応OS … Windows 8 / 7 / Vista / XP(SP2以降)
CPU   … Pentium4 2.0GHz 以上
HDD   … インストール時に必要な容量 6MB
メモリ … 1GB以上推奨

その他 … CD-ROMドライブ、インターネット接続環境(ライセンス認証時のみ)

 

■発売の背景

本製品はコンシューマ市場をターゲットに、株式会社サイバーフロントから先行販売しておりました。想定よりも反響が大きかったことと、法人からの問い合わせが多かったことを受け、この度開発元である当社から発売いたします。引き続き株式会社サイバーフロントではコンシューマ市場を、当社は法人市場をターゲットとし、両社協力の元、本製品の拡販に努めてまいります。

 

■アール・アイについて
アール・アイは、製品の企画・開発・販売を一貫して行なっている国産ソフトメーカーです。集中管理型バックアップソフト「Secure Back」シリーズ、スタンドアロン型バックアップソフト「Air Back」シリーズなど、法人を中心に累計3,000社以上の導入実績を持っていますが、本製品は当社初の非バックアップカテゴリ製品となります。
※Air Back、Secure Backは株式会社アール・アイの登録商標です。

※その他、上に記載された会社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アール・アイ >
  3. データ保護ソフト 「ファイル・カテナチオ」を発売