「子どもとの生活に関する意識調査」日常のささいな親子時間を大事にする家庭ほど子どもを理解し、のびのび育つ環境に?

現代は、大人だけでなく、子供も毎日忙しい!特に父親とはすれ違い傾向。
子供と過ごす時間の満足度が高い家庭ほど、子供の声に耳を澄まし、子供ものびのび育つ!

 

スウェーデン発、世界最大級のホームファニッシング カンパニー イケアの日本法人
イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市 社長:ミカエル・パルムクイスト)では、
これまでも常に子どもとその家族にとって一番大切な「一緒に過ごす」ことを念頭に置いた
活動を行って参りましたが、8月1日より更にその大切さに焦点を当てた活動を行っていきますため、
7月16日(火)~17日(水)に全国の3~12歳の子供をもつ既婚男女1030名に対し、
「子供との生活に関する意識調査」をインターネットを通じて実施いたしました。

 

=調査ダイジェスト=

1. 現代親子はコミュニケーション不足!?
父親は、平日に子供と過ごす時間が足りないと感じている。
親子で過ごす時間≠親子コミュニケーション時間

平日、父親が子供と過ごせる時間は1日の中で4.2時間と少ない。
3割以上の父親が、子供と過ごす時間を “足りていない”と感じている。
父親・母親ともに、子供と過ごしている時間に比べ、実際に会話をしている時間は半分程度という結果に。

 

 

2.子供と過ごす時間が多い親・家庭ほど子供を理解し、のびのび育つ環境に!
子供と過ごす時間が多い親は、日常のささいなシーンでの親子コミュニケーションを重視
子供と過ごす満足度が高い親・家庭ほど、
 ・子供から親に話しかける機会が多い。
 ・「食べる」「寝る」「お風呂」 といった、ささいな日常でのコミュニケーションを多くとっている傾向。
 ・子供への理解度が高く、子供も「明るい」「外交的」「活動的」と、のびのびと育つ環境作りができている。

 

 

3. 忙しい現代の小学生。父親とはすれ違いがち!?

親だけでなく、子供だって学校に塾にお稽古に忙しい。
親子でやりたいことは沢山あるが、父親と子供はすれ違いがち

父親の家事参加「3割以下担当」が8割弱。仕事が忙しい父親が多い。
現代の小学生は「宿題」「お稽古・塾」と忙しい生活を送っている。
親子で今後やりたいこと、父親「子供の勉強をみる」、母親「料理・お菓子づくり」。

 

 

【調査概要】
【調査対象と回収サンプル数】 3~12歳の子供をもつ既婚男女1030名
【調査地域】 全国
【調査方法】 インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
【調査期間】  2013年7月16日(火)~17日(水)

  1. プレスリリース >
  2. イケア・ジャパン株式会社 >
  3. 「子どもとの生活に関する意識調査」日常のささいな親子時間を大事にする家庭ほど子どもを理解し、のびのび育つ環境に?