第2回ソレコン(タカハソレノイドコンテスト)の22作品が面白い。

審査会の模様はUSTREAMでライブ配信されます。

タカハ機工(飯塚市)のソレノイドを使ったおもしろ発明品コンテスト(ソレコン)。2回目となる今年はソレコンは全国から高専生を始め、多くのMakersから面白い22作品が集まりました。
 第1回目に続き、今年の作品もオリジナリティに溢れた面白い作品ばかり。ごま塩を胡麻と塩に分けるマシン、
テーブルの下から自動で出てくる箸置き、PCを自動で保存するユニットなどや、ゲーム、生理学試験装置、指鉄砲などの玩具、自動楽器などその種類は様々です。動画を見ればメーカーの新製品のヒントにもなるようなソレノイドの使い方も探せます。審査員長は今年もソレノイドなどの電気部品を使ってアーティスト活動を行っている土佐信道氏(明和電機代表取締役社長)がタカハ機工で審査を実施。また、ソレコン番外編として、「シブすぎ技術に男泣き」で有名な、技術系マンガ家の見ル野栄司氏も作品を製作。タカハ機工で開催される20日の審査会には一般参加希望者に加え、同氏が参加するというモノづくりファン必見の審査会となります。当日は初の試みとしてe-ZUKA Tech Studio(飯塚市)の協力でUSTREAMでのライブ配信も予定されています。
 

 

 各賞は2月23日(月)にタカハ機工ホームページにて公表されます。優秀作品にはクラウドファンディングのカウントダウンを利用した商品化など、起業のルートも用意されています。

●賞および副賞
1. ソレコン大賞 1作品 (賞金10万円 ソレノイドギフト券 5万円分)
2. 技術賞 1作品 (賞金5万円 ソレノイドギフト券 3万円分)
3. いいね!賞 3作品 (賞金3万円 ソレノイドギフト券 2万円分)
4. イグソレコン賞※ 1作品(賞金2万円 ソレノイドギフト券 1万円分)
※ あまりにバカバカしく役に立たないもの

●タカハ機工ホームページ http://www.takaha.co.jp

●ソレコン応募作品ページ http://www.takaha.co.jp/solcon/movie_2.html

●USTREAM ライブ配信 http://www.ustream.tv/channel/sole-con
            日時:2015年2月20日(金)9:00~10:30

お問い合わせは solcon@takaha.co.jp 茶園または山川まで



※「ソレノイド」は自動車をはじめ、自動販売機や銀行ATM、ドアの自動ロック等、身の回りにある多くの製品に使用されているモーターのような駆動部品です。ロボットコンテスト用にもソレノイドが多く使われている。
ソレノイドを製造、販売するタカハ機工株式会社(福岡県飯塚市)は、7年前からソレノイドメーカーとしては珍しいメーカー直販サイトを運営しており、64機種262製品を国内外に販売。メーカーは新製品の試作用として、一般購入者はロボコン、ソレノイドを使った趣味の発明品などに使用。同社には趣味の発明品の情報が多く寄せられるようになり、本コンテストを開催するきっかけとなった。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タカハ機工株式会社 >
  3. 第2回ソレコン(タカハソレノイドコンテスト)の22作品が面白い。