東急田園都市線・南武線沿線で高まる需要を受けて エヌアセット、外国人スタッフによる「外国人サポートチーム」を発足

英語・中国語・ベトナム語の3か国語で賃貸仲介・管理を強力サポート

株式会社エヌアセット(所在地:神奈川県川崎市高津区、代表取締役社長:宮川 恒雄)は、2019年11月14日より外国人スタッフ3名による「外国人サポートチーム」を発足いたしました。当社の主要展開エリアである東急田園都市線・南武線沿線でのインバウンド需要の高まりを受け、賃貸入居サポート体制をさらに強化してまいります。

左より 林 志鵬/ブイ ティ タン フェン/林 同財左より 林 志鵬/ブイ ティ タン フェン/林 同財

◇「外国人サポートチーム」概要

-中国人スタッフ2名、ベトナム人スタッフ1名による部署横断型チームで編成
-英語・中国語・ベトナムの3か国語で賃貸仲介・管理業務に対応
-外国人向け不動産ポータルサイト「realestate.co.jp(https://realestate.co.jp/)」やSNSを通して、自社管理物件の掲出を展開(現在約200件の物件情報を掲出)
※参考:弊社外国人スタッフ 林同財の社内インタビュー記事(https://www.pr-table.com/n-asset/stories/30954

◇チーム発足に至った経緯
近年、日本有数のグローバル企業の本社移転や海外大学の日本キャンパス移転に伴い、東急田園都市線・南武線沿線に住まう外国人の数は年々増加傾向にあります。当社の主要展開エリアである川崎市高津区・宮前区においても例外ではなく、2019年9月現在の外国人住民数は2区合計8,817人と5年前のおよそ1.4倍に増加しています。(※出所:「川崎市管区別年齢別外国人住民人口」)
エヌアセットグループでは創業以来「生涯顧客サービスの実現」をミッションとし、「外国人が安心して部屋探しや入居ができる体制づくり」を重点課題の1つとして掲げてきました。2017年4月より外国人社員第1号となる中国人スタッフを1名採用したほか、外国人専門の賃貸住宅保証や生活サポート事業を展開するグローバルトラストネットワークス社と契約するなど、サービスの拡充を本格化。この2年半で外国人客の仲介成約数は約100件を越えるまでになりました。昨今の需要の高まりを受け、今年新たにベトナム人、中国人スタッフ計2名を採用し、さらにインバウンド体制を強化しました。
2019年11月現在、当社の管理戸数約3800戸のうち、約5割は外国人入居可の物件となっております。

◇今後の取り組み(予定)
入居サポートのみならず、外国人の方が「この街に安心して住み続けていただくため」の環境づくりを目指します。
・市役所、区役所や水道、電気の手続き、生活用品店など生活情報全般が分かる冊子の制作
・新規入居外国人交流会「d’ s friends party」の年2回の開催(次回は2019年12月7日に実施予定)
・在日ベトナム人向けfacebookページの開設、運用

2019年12月7日 外国人入居者交流会を開催予定2019年12月7日 外国人入居者交流会を開催予定


参考資料 株式会社エヌアセット URL:https://www.n-asset.com
エヌアセットグループは「生涯顧客サービスの実現」をミッションとして掲げており、川崎市高津区、宮前区エリアを中心に不動産の仲介・管理の他、企業主導型保育園やシェアオフィス・シェアハウスの運営を通して、地域に暮らすお客様に貢献すべく取り組んでまいりました。2019年9月現在の管理戸数は約3800戸、年間仲介件数は約950件( 全国賃貸住宅新聞「仲介件数ランキング2019」にて仲介件数は高津区内1位)となっています。

代表取締役社長 :宮川 恒雄
本社所在地 :〒213-0011 神奈川県川崎市高津区久本1-1-3 TEL. 044-877-2634 FAX. 044-877-2879
設立:2008年9月1日
事業内容:東京・神奈川を中心とした賃貸仲介事業・賃貸管理事業・サブリース事業 不動産売買事業  損害保険・生命保険代理事業 コインパーキング事業
資本金 :1,750万円
登録免許:宅地建物取引業免許 神奈川県知事(3)第26946号 賃貸住宅管理業登録 国土交通省大臣(1)第4号
マンション管理業者登録 国土交通省大臣(1)第033761号

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エヌアセット >
  3. 東急田園都市線・南武線沿線で高まる需要を受けて エヌアセット、外国人スタッフによる「外国人サポートチーム」を発足