キーウォーカー、不動産ビッグデータから間取りごとの賃料減少率の違いを分析

キーウォーカー、築年数と賃料減少率についての調査結果を発表 ファミリー向け賃貸物件の賃料は築20年で半額に?【ビッグデータから明らかにする物件の構造・間取りと経年による賃料減少の関係性】

株式会社キーウォーカー(東京都港区、代表取締役 真瀬正義)は、独自開発のWEBクローラ「キーウォーカーWEBクローラ」により取得した不動産物件データを分析し、物件の築年数増加に伴う賃料減少率は物件の構造・間取り・所在地によって大きく異なる調査結果を発表しました。
ファミリー物件は築20年で賃料が半額まで下がる

間取りによって平米単価の減少率は大きく異なっていた間取りによって平米単価の減少率は大きく異なっていた

  Webから取得した89,000件の賃貸物件データを元に、築年数の増加と賃料(平米単価)の減少量の関係性を調査しました。まず都区内全域において、築年数の増加に伴う平米単価の減少量は物件の構造・間取りによって大きく異なっていました。

物件条件のため平米単価の現象散葉大きくばらつくが、間取り・構造によって減少率の異なる傾向が見受けられる物件条件のため平米単価の現象散葉大きくばらつくが、間取り・構造によって減少率の異なる傾向が見受けられる

 

 

  木造1Kの物件の平米単価は築5年と築35年の2段階に分けて減少する傾向がみられました。それに対して鉄筋コン造1Kの物件は多少の上下動はあるものの築50年まで継続的に減少しており、構造による違いが見受けられました。

  1Kとは異なり、鉄筋コン2LDK・3LDKの物件は築10年から20年の間に新築時の半額以下にまで平米単価が減少していました。

  減少量の大きさの違いのため、新築時の平米単価は鉄筋コン2LDK・3LDKの方が1Kよりも高価であるのに対し、築古(築30年)では鉄筋コン2LDK・3LDKの方が安価になる逆転現象が起きていました。
 

新築・築古価格の逆転現象新築・築古価格の逆転現象


都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)と5区以外、都区内と愛知県名古屋市といった地域間の比較や、数理モデルによる賃料下落シミュレーションについては、下記リンクから閲覧いただけます。
https://www.keywalker.co.jp/web-crawler/estate_tech_rent_decline.html

【調査概要】
  • 取得データ:web上の不動産物件データ
  • 調査対象地域:東京都区内、愛知県名古屋市
  • 取得時期:2017年3月
  • 取得物件数:89,000戸

【株式会社キーウォーカーについて】

 

設立 2000年11月22日
代表取締役 真瀬 正義
資本金 5,000万円
事業内容 ・WEBクローラの開発 
・ビッグデータの収集・整理・分析・可視化ソリューションの提供 
・ルーチン業務の自動処理システム提案 
・人工知能の研究開発
所在地 東京都港区麻布台2丁目4番2号保科ビル4F
URL https://www.keywalker.co.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キーウォーカー >
  3. キーウォーカー、不動産ビッグデータから間取りごとの賃料減少率の違いを分析