8月1日水の日 環境省主催「Water Day Festival」に日本トリム出展 電解水素水を活用した「水のふしぎ実験室」や酸性水を活用した「冷たい足水」を体感いただきました!

 株式会社日本トリム(本社:大阪市、代表取締役社長:森澤紳勝)は、2015年8月1日(土)、2日(日)にイオンモール幕張新都心で開催された、環境省主催の「Water Day Festival」にブース出展致しました。
 「Water Day Festival」は、「水の日」(8月1日)を知って頂くとともに、水循環について理解を深め、水について考え、感謝するきっかけとしていただくため開催された官民一体型イベントです。私たちが普段何気なく接している水は無限ではありません。これまであまり意識をせずに接して来た水をより正しい知識を持って意識し、生活に水を積極的に取り入れる、新しい水との向き合い方「Water Style」を本イベントから発信しました。
 

メインイベント会場の様子


 当社のブースでは、親子で楽しめる「水のふしぎ実験室」や、暑さでほてった体を冷やす「弱酸性水の足水」の企画を実施しました。夏休み期間中ということもあり、「水のふしぎ実験室」には、親子連れのお客様が目立ち、pH試薬でさまざまな色の変化を見せる水の不思議に触れていただき、子供達だけでなく大人までも夢中になって楽しまれていました。普段何気なく口にしている“水”の新たな一面を知っていただけました。

 また、当日は日差しも強く暑い日となったこともあり、 「弱酸性水の足水」コーナーは特に大盛況で、イベントでほてった体を涼んで癒やす、人気のスポットとなっておりました。ブース内では、飲料水として電解水素水もご提供したため、一度に2種類の水を体験していただく、貴重な機会となりました。

 本イベントを通じ日本トリムの「Water Style」をご来場いただいたお客様にお伝えし、体感いただきました。今後もWater Styleとして掲げている「限りある資源である水に機能を付加した水をより効率的に利用していただきたい」という思いを今後も、飲用分野・医療分野・農業分野と様々な活動を通じてお伝えしていくとともに、電解水素水の機能性解明、認知向上を目指して参ります。
 

日本トリム出展ブース

 

弱酸性水の足水

 

水の不思議実験室




■「Water Day Festival」概要
日時:2015年8月1日(土)・2日(日) 11:00~16:00

会場:イオンモール幕張新都心 グランドモール1F

主催:環境省(ウォータープロジェクト[注1])
特別協力:イオン株式会社
協力:内閣府、国土交通省
応援:熱中症声かけプロジェクト、ジャパンファミリーフェスティバル
日本トリム出展場所:グランドスクエア(メインステージ前広場)

[注1]環境省では、平成26年8月1日(水の日)に、「水循環基本法」(同年7月施行)に基づき、健全な水循環の維持又は回復を目的とした取組の促進等を推進する官民連携プロジェクト「ウォータープロジェクト」を発足しました。(同年12月より本格始動)ウォータープロジェクトでは、水循環や水環境の保全に向けた民間企業による自発的・主体的取組を促進していくとともに、官民連携の機会の場を創出しています。平成27年6月30日現在、103の民間企業、地方公共団体、民間団体がプロジェクトに参加しています。


■日本トリムの「Water Style」
『カラダに良い水を飲もう!』~ウォーターヘルスケアという、新習慣。~

日本トリムグループは、「水(電解水素水)の機能」に世界に先駆けて着目し、限られた資源である水に機能を付加し、より効率的な利用に貢献することを目指しています。健康維持の方法は運動・休息など様々なものがありますが、その一環として「カラダによい水」を暮らしに取り入れ、習慣化してほしい。生活習慣病が問題となっている現代において、この電解水素水が予防医療・医療費削減に繋がると考えます。またこの水は飲用に限らず、血液透析の医療用水として、農業の灌水・散布用水としても活用されその機能性が注目されています。
「水」の可能性を広げエビデンスを蓄積していくと共に、より多くの人に「カラダにいい水」を生活に取り入れ「ウォーターヘルスケアという、新習慣。」を体感いただくことが、日本トリムのWater Styleです。


■日本トリムの電解水素水整水器とは
電解水素水整水器とは、水道水に含まれる塩素や鉛などの不純物を浄水フィルターに通して除去し、その水をさらに電気分解した、抗酸化性のある水素を豊富に含んだアルカリ性の水を生成する器械です。家庭用電解水素水整水器は胃腸症状の改善に効果・効能のある家庭用管理医療機器として認証されています。 
 

家庭用電解水素水整水器 トリムイオンHYPER



■日本トリムとは
日本トリムは、家庭用整水器販売を主軸とした事業を展開し、これまでに85万台を超える販売実績がございます。水が持つ機能に世界に先駆けて着目し、現在も国内外の研究機関との産学共同研究によりその可能性を追求しております。電解水素水の利用は飲用にとどまらず、人工透析へ応用した『電解水透析®』や、農作物の灌水・散布に利用した『還元野菜®』の栽培など、医療分野や農業分野、工業分野での様々な応用を実現し、電解水素水をベースに世界へ挑戦するオンリーワン企業を目指します。

□設立年月日/1982年(昭和57年)6月12日
□代表取締役/森澤 紳勝 (もりさわ しんかつ)
□資本金/992,597,306円
□従業員数/441名(関連会社等を含む)
□企業ホームページ/http://www.nihon-trim.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社日本トリム >
  3. 8月1日水の日 環境省主催「Water Day Festival」に日本トリム出展 電解水素水を活用した「水のふしぎ実験室」や酸性水を活用した「冷たい足水」を体感いただきました!