毎日のオペレーション業務がまるごとなかったことに。運用型広告の”オペレーションレス”実現で、誰でも、今すぐプロの運用が可能に!クラウド広告運用ツール「Shirofune」を本日より提供開始

 国内NO.1※の導入件数の実績を誇るリスティング広告の自動入札ツール「ADFUNE」を展開する、株式会社Shirofune(シロフネ)(本社:東京都港区 代表取締役 菊池満長、以下シロフネ)は、2018年3月1日(木)より「ADFUNE」で提供していた自動入札やレポート機能に加え、“新規の広告出稿・編集管理・改善施策の提示・実行機能”を追加したほか、UI/UXを大幅に改善し、運用型広告における全ての運用業務の”オペレーションレス”を実現するクラウド広告運用ツール【Shirofune(シロフネ)】の提供を開始します。利用者は事前の学習や経験を必要とせず、低い運用コストで、プロフェッショナルな広告運用が実現できます。

※国内リスティング広告自動入札ツール導入件数は2016年5月時点で6,380件と推計/ADFUNE(アドフネ)は約半数の利用数で、国内NO.1の導入件数の実績。(参照:デジタルインファクト/Shirofune調査 2016年5月末実施)

■本サービスの提供背景

 近年Webマーケティングの領域では、
1. 取り扱うべき広告媒体の増加(Google・Yahoo・facebook・Instagram・LINE・Amazonなど)、
2. 動画などを始めとしたクリエイティブフォーマットの多様化、
3. 広告運用以外の領域も含めたデータ活用の高度化
などの環境変化により、運用担当者には多岐に渡る領域に対して総合的な対応が求められています。一方で広告運用の専門知識を持った人材は慢性的に不足しており、業務負荷の増加、環境変化に対するリソース不足などが問題となっております。今回、Shirofuneでは検索・ディスプレイ広告を中心とした運用型広告の煩雑なオペレーション業務を「すべて“おまかせ”」(= “オペレーションレス”) することを実現し、利用者がより高次のマーケティング施策に注力することができるクラウド広告運用ツール「Shirofune」の提供を開始します。


■SaaS3.0 「エージェント型」ツールで広告運用の「”オペレーションレス”」を実現


 Shirofune(シロフネ)は、単純作業の効率化 を実現したSaaS1.0(例:データ集計)アラートや分析作業の効率化を実現したSaaS2.0 (例:改善施策のレコメンド)を超え、ユーザーに代わり高い成果を実現するためのオペレーションを提供する次世代エージェント型/”Saas3.0” ※サービスです。 
※当社の定義です。
ユーザーは管理画面に毎日表示されるナビゲーションに沿って、情報を選択・登録することで、広告配信の最適化が可能で、その作業時間は毎日10分間程度です。運用業務のオペレーションレス化により、ユーザーはより高次な課題解決に注力することができます。


■サービスの特徴と利用時のイメージ

・事前の学習/経験は不要。確認が必要なことはShirofuneが教えてくれるので”受け身”でOK。
・新規出稿から日々の改善、詳細レポートまで広告運用の全てをオールインワン化。
・広告運用の現場で培われた”職人”の運用ノウハウを元に徹底して品質を高めてきたアルゴリズム。
・他の手段と比較して、最も低いレベルの運用コストと高い広告効果を実現。
 



■ユーザーの声
・13万点/600カテゴリと、商品点数が多く日々のチューニングばかりに工数が取られてしまっていたが、Shirofune導入でROASが400%改善した。自動入札の効果に加え、日々のチューニング業務がなくなったので、Shirofuneで再構築したアカウント構成で各商材ごとのクリエイティブ開発を強化し、ROASの改善を実現。更に最近は広告運用だけでなくCRM領域での施策にも時間を割くことができ、Webマーケティングの全体最適に取り組めている。
・媒体管理画面では設定の自由度が高く、社内のルール決めや細やかなオペレーションの管理や実行で時間がとられていたが、Shirofune導入後は朝来て「今日何すべきかが」が提示され簡単に実行できるので、細かいことを考える労力が大幅に削減でき、より大きな戦略策定などを考える時間ができるようになった。また、ワンクリックでダウンロードできるレポートで運用の状況が俯瞰でき、各媒体の管理画面ベースでは把握しきれなかった傾向が把握できる。
 (某EC業界 自社広告運用担当者)

・今まで広告運用はほとんどやったことがなかったが、Shirofuneを使っていきなり実戦で運用を行っている。Shirofuneを使うことで「学習してから成果を出す」のではなく、「成果を出しながら学習する」ということができていると感じる。運用しながら理解が深まり、更に高い広告成果が出せている。細かいオペレーション業務はShirofuneに任せることができるので、”考える”ことに特化した時間の使い方ができている。
・制作と広告などの集客をワンセットで”綜合的に”考え、実行できるようになることで、お客様に今までよりも高い付加価値のサービスを提供できるようなってきたため、他社との差別化にもなりそう。
(某制作会社 制作ディレクター兼広告運用担当者)

・より注力している案件の運用のリソースを拡大するために、Shirofuneを導入した。日々の予算管理、入札最適化に割いていた業務工数を丸ごと削減でき、短期でリソースの余剰をつくることに成功した。更にうれしい副産物として、自動入札によって広告効果が改善し、他の代理店からリプレイスした案件で一気に成果を伸ばせたり、広告予算のデジタル比率を1割程上げることができりなどの成果にもつながった。データの蓄積を待たず、運用の初動から使えるのが非常に使い勝手が良い。
(某大手広告代理店 Webチーム担当者)


■株式会社Shirofuneについて
クラウド広告運用ツールの開発・販売。 卓越したアルゴリズムの開発によって、情報革命時代の世界の前進に必要な無二の役割を果たすことを目的としています。
会社概要:株式会社Shirofune
代表者:菊池満長
所在地:東京都港区三田2-14-5 フロイントゥ三田ビル 1008
TEL: 03-5843-6561
URL: https://www.shirofune.co.jp/
https://lp.shirofune.com/ (サービスの詳細はこちら)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Shirofune >
  3. 毎日のオペレーション業務がまるごとなかったことに。運用型広告の”オペレーションレス”実現で、誰でも、今すぐプロの運用が可能に!クラウド広告運用ツール「Shirofune」を本日より提供開始