6月25日(日)、新宿区で『眠育アドバイザー養成講座』を開催 講義とケーススタディを通して乳幼児の睡眠についてアドバイスできる力を習得/アートチャイルドケア

【日時】6月25日(日)9:30~16:30 【場所】新宿NSビル3階J会議室(新宿区西新宿2-4-1)

「アート引越センター」を中心に暮らし方を提案するアートグループの保育事業、アートチャイルドケア株式会社(本社:大阪府大東市 社長:村田省三)は、日本赤ちゃん学協会との共催で、6月25日(日)9時30分より新宿NSビル3階J会議室にて、保育・教育関係者をはじめとする一般の方々を対象に、乳幼児の睡眠について学んでいただく講座『眠育アドバイザー養成講座』を開催いたします。
当社は2005年にスタートしたアートグループの保育事業を母体とし、2010年にアートグループ3社の保育事業統合により発足いたしました。現在では認可保育施設、認定保育施設、弊社独自に運営する保育園、院内・企業内保育所など、186か所の保育所を運営し、7,000名を超える乳幼児をお預かりしております。

昨年7月からは、発達に気がかりな点がある就学前の乳幼児を対象にした児童発達支援事業として専門の療育教室「アートチャイルドケアSEDスクール」の第1号教室を埼玉県朝霞市にオープン。施設には保育士や療法士、福祉士らが在籍し、睡眠リズムを安定させる手法など専門家と連携した独自の療育プログラムで、落ち着きがない、集中力がないといった発達に課題がある1歳半から小学校入学前までの乳幼児を対象に、早期の対処を行っております。

今回開催する『眠育アドバイザー養成講座』は、当社がこれまで培ってきた“眠育”をテーマにした講座です。お子様の「夜泣きがひどい」「ぐずることが多く、いつも機嫌が悪い」「日中ボーっとしている」などの様子や行動は、実は睡眠に関係があるかもしれないという仮説のもと、専門家による講義とケーススタディを通して、乳幼児の睡眠についてアドバイスできるノウハウとスキルを習得していただく講座です。なお受講者に対しては、修了証を発行いたします。

当社では講座を通して、お子さまひとりひとりに向き合う質の高い保育が全国に浸透することを目指してまいります。

<『眠育アドバイザー養成講座』 開催概要>
【名称】眠育アドバイザー養成講座
【主催】日本赤ちゃん学協会、アートチャイルドケア株式会社   
【監修】同志社大学 赤ちゃん学研究センター
【日時】2017年6月25日(日)9:30~16:30
【場所】新宿NSビル3階J会議室(新宿区西新宿2-4-1)
【定員】100名(申し込み先着順)
【申込】
 ◆メールで申し込みの場合
 メールの件名を「眠育アドバイザー養成講座参加申込み」とし、本文に必要事項として所属、ご職業、
 お名前(ふりがな)、電話番号、受講証送付先住所、ご自身のメールアドレスを記入の上、
 acc-suimin@the0123child.comにメールを送信。
 ◆FAXで申し込みの場合
 上記の必要事項をご記入の上、FAX:03-3458-3638までお申し込みください。
【受講料】7,000円
【講座内容】第1章:眠育(睡眠教育)の重要性 第2章:発達と睡眠 第3章:眠育の実践から
      第4章:ケーススタディ
【講師】
 ◆三池 輝久氏 
  <小児科医、熊本大学名誉教授、兵庫県立子どもの睡眠と発達医療センター参与>
 ◆小西 行郎氏 
  <小児科医、同志社大学赤ちゃん学研究センター長、兵庫県立子どもの睡眠と発達医療センター参与、
   日本赤ちゃん学協会理事長>
 ◆前田 勉氏 
  <NPO法人 里豊夢わかさ 理事長>

<アートチャイルドケア株式会社 概要>
【商号】アートチャイルドケア株式会社
【本社】大阪府大東市泉町2丁目14番11号
【社長】村田 省三
【事業内容】保育所運営事業
【資本金】5,000万円
【売上】70億円(2016年9月期)
【従業員数】2,044名(平成29年4月現在、臨時従業員含む)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アートチャイルドケア株式会社 >
  3. 6月25日(日)、新宿区で『眠育アドバイザー養成講座』を開催 講義とケーススタディを通して乳幼児の睡眠についてアドバイスできる力を習得/アートチャイルドケア