民泊専用の保有物件300戸超、2016年末に1000戸超保有へ ~新日本地所株式会社~

サブリース始動 “仲介手数料無料” ”原状回復不要”を実現!

国内初である民泊物件専門の不動産会社「新日本地所株式会社」(本社:東京都渋谷区、代表取締役:紙中良太)は、転貸可能物件の不動産仲介を日本全国でご提供致します。
                

  
【民泊物件とは?サブリースとは?原状回復不要とは?】
民泊物件とは家主様に“民泊運営”の同意を頂いている転貸可能物件となります。不動産の新しい有効活用手段として急拡大しており、現在月間3,000軒の仲介取引が生まれております。
現在多くの民泊事業主は家主様に民泊運営の同意を得ることなく、住居用としてお部屋を借り、外国人旅行者などに対し、宿泊所として無断で招き入れるといった、所謂“ヤミ民泊”が横行してしまっております。そうした背景の下、当社では転貸可能物件を2016年8月末現在300戸超保有しており、今後更なる需要に向けたサブリースを強化し、民泊が運営できる転貸可能物件を2016年末までに1000戸数を目指します。当社が物件を保有することで、民泊を運営される方に”仲介手数料無料”、“原状回復不要”を実現します。民泊運営の健全化並びに適正化を目指しております。

【民泊物件専門としての強み】
民泊物件を専門で仲介させて頂いており、民泊運営の承諾を頂ける家主様並びに管理会社様と多数お取引させて頂いております。常に、民泊物件をお探しのホスト様、並びに所有物件を民泊としてのお貸し出しをお考えの家主様とお話しさせて頂く機会を頂けており、“民泊”そのものの需要と供給のバランスを見定め、それぞれのお悩み、ご相談に迅速に対応できる基盤が整っております。また、民泊事業専用プランのある保証会社との提携、民泊事業専用の火災補償のご提案など、家主様にも借主様にもご納得ご安心頂ける商品も合わせてご提案させて頂いております。
日本国内の民泊全面解禁の流れにむけてより健全にお客様の立場にたってご紹介してまいります。


新日本地所株式会社について
設立 : 2016年5月 代表取締役 : 紙中 良太
本社所在地 : 〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-1-3 ジョワレ松濤4F
事業内容 : 民泊物件専門の仲介会社、サブリース、不動産保有
会社HP : http://www.snjs.co.jp
                               

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新日本地所株式会社 >
  3. 民泊専用の保有物件300戸超、2016年末に1000戸超保有へ ~新日本地所株式会社~